FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
冷血(上)冷血(上)
(2012/11/29)
高村 薫

商品詳細を見る


カポーティの『冷血』は未読です。
上巻を読んだ今思うのは、読んで予習していても良かったかなー…なんて。

太陽を曳く馬〈上〉太陽を曳く馬〈上〉
(2009/07)
高村 薫

商品詳細を見る

↑↑↑ 発売当時、待っていた合田刑事シリーズだと読んだものの、3分の1で諦めました。
私なんかの手に負えるはずもなく。宗教のことはもう、何が何だか…。


以下にネタばれの上、記事にしていいのかと自覚ありな乱文続いています。
あ、いつものことか。

もしよろしかったら、どうぞ…。 

more

この新刊は、以前の警察ものの雰囲気になっているって何かで見かけてました。

でも中々進みませんでした。
歯科医一家殺人事件が起きるのは分かっていたから、ああ、この女の子が…小さい弟が…、と思いながら読むからちっとも進まない。
でも、自分にしては根気強くもたもとと粘っていたら、あるところから一気に進んでしまった。
引き込まれて読んでました。


『第一章 事件』は、13才の女の子視点と、交互に書かれる戸田と井上との対比がすごい。
子供達は有名付属中・小学校に通い、両親は歯科医、クリスマスには家族でディズニーシ―に宿泊するような家庭で。

犯人側の男二人の、緻密な描写が印象に強く残った。
井上と戸田。二人とも前科のある、ネットの掲示板で知り合った見知らぬ者同士。

歯痛とパチスロ。時々漏れる「これは現実なんだろうか」という戸田の呟き。
自問しながら車を盗み、ユンボでATMをぶっ壊し、コンビニ強盗をしていく。
そして一家惨殺…。

「なんという昏さだ」と戸田が言う。一昨日までの自分と、今の自分とのあまりの落差。
変わっていないのは、腐った親不知の歯根が起こす痛みと熱さ。
井上は井上でパチスロしながら、いったい俺は何をしている、これは夢でないのかと自問して。

こっちにまで伝わる、「これは現実なんだろうか」な感じ。
スロットの騒がしい音、歯の鈍痛しか現実感がないみたいな…。


先に捕まったのは戸田でした。狭い部屋には借りた木工芸術の本や、彫刻刀。興味があったのにその道を選択する余地もなかった。もしも、厳しい両親がその道に進むことを許してくれたら。友人もいなくて両親とも離れ、ずっと一人で。こういう境遇を知ると、「もしも」と仮定してしまいます。

古くは高校ん時に読んだ『日出処の天子』、割と最近は『聖なる黒夜』で感じた、「どうしてこんなことになってしまったんだろう」感が再びです。でも、どうにもならないんだけど…。

取り調べで、「きっと夜明けが近いんだろう」と語り出した戸田の夜明けの記憶は、読んでいて泣きそうになってしまった。詩を読んでいるかのようでした。

ほんの小さな、見逃しそうなことが人生の岐路になってしまう。怖い、と思った。


腐ってる私が一番楽しみにしていた、加納との合田の絡みはメールのみ。
二人は正月に旅行する予定がありました。
この事件でそれは流れてしまったけど。

あと驚いたのは、合田が休日に野菜農家に手伝いに行っているということ。
「たぶん」農地を買う、その「たぶん」で十分だと言ってしまう、諦めのようなのが悲しかった。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

Comment

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2012.12.23(日) 21:25 | | [Edit]

 

A 様へ

こんばんは~!

やっと読みました~。そして下巻も、ついさっき…。
いや、もう全体的な昏さはもちろんなんですが、合田っていい人だなって思って。
今さら? 今頃? なんだか合田の手紙を読んでいると、犯人の周囲に比べて他人でしかも刑事の合田が、一番あたたかい目をしていたんじゃないかって…。

ほんとに天才ですよ、高村先生! すごすぎます。

下巻でも絡みは皆無です(笑)。
ただほんの少しだけ、加納の存在がいかに大きいかみたいなのを自分で言っていたので、
それで満足しました。つか、させました、自分を(笑)
 
> 私の妄想(主に老後の二人…)が爆発しました(爆)
Aさん、すごいですよ(笑)。そっかー、そうですね!!(笑) 二人の老後は仲良く畑仕事で…。
いえいえ、楽しいコメントありがとうございます☆

コメントありがとうございましたe-420


NAME:立夏 | 2012.12.24(月) 22:29 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる