FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
盲目的に大好きな池辺さんの新刊が出てました。あ、非BL作品です。


「やわらかスピリッツ」って青年誌なのかな?

居酒屋で働く沼越さんはマンションの展示会の常連です。そこの不動産会社の受付で働く要さん、阿久津さん。営業の伊達さん、部下の奥田くんがメインのキャラです。あとはその物件に住む人達の話で、基本一話完結なってます。
おさげ髪で高校生のような沼越さんが、マンションを探しながらのやりとり、周囲の人たちとのエピソードです。


私が泣いたのは6話の「わたしのいえ」。泣かせようとはしていません、私が勝手に泣いてるだけ。
もう、何なんだろう…、理由がよく分かりません。多分“郷愁”に近い感覚なんだろうけど。あとはうちが転勤族のせいか、「ここが私の家です」と言える場所が無いからかもしれない。

んで、この話は、沼越さんのアパートに要さんが資料を届けるだけの短編です。手土産をいただいてお茶を煎れますが、湯呑みを要さんに出して、自分はご飯茶碗でお茶を飲んでます。なんでかな? なんでそわそわしてるのかと思ったら、沼越さんが呟きます。
「人をお招きするの初めてで…」
これだけで彼女には友達が少なく(もしくはいない?)、誰かを招く前提で住んでるわけもないのが分かります。古くて、日当たりもあまり良くないアパートの一階。食器も家具も最低限の暮らし。要さんが「いいお家ね…」という言葉には説得力ありました。確かにいい家です。上を見たらきりがないです、そりゃお金があったらタワーマンションも素敵でしょうが。うまく言えないけど、心の豊かさなのかな…。私は心が貧しい自覚あるので、微笑む沼越さんと要さんが羨ましく思いました。


物件によって主人公がいます。独り身の希望の星と職場で言われ、バリバリ働く勝木さんの孤独が描かれた、7話「土地にこだわらない物件」も胸を突かれました。
ラスト8ページ、台詞一つもなく映画のようにコマが流れて、朝焼けを見つめる勝木さんの淋しそうな表情…。
もうね、こういう描き方がほんとに上手いと思う。独白も何もないのに。

婚活に疲れたすみれさんと、多分すみれさんが借りてるマンションの持ち主・松原さんの話は含むところが多いので、次巻に続くんだろうな。松原さんは何故東京を離れたのか…。


『バナナブレッドのプティング』
に拍手とコメントをありがとうございます!!
本のタイトルだけでなくサイトも教えて下さって、どうもありがとうございます~(涙)。探します!!


スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
繕い裁つ人(6)<完> (KCデラックス Kiss)繕い裁つ人(6)<完> (KCデラックス Kiss)
(2015/01/23)
池辺 葵

商品詳細を見る

BL買いに行った本屋さんに平積みなってて、即購入。出てるのちっとも知らなかった。
帯の『堂々完結!』の四文字で、泣きそうになってしまった…。
ああ、終わっちゃうんだ。いつかは終わるのは分かってたけど、でも……と一人でぐるぐる。家帰って、1話目を読み終わり、そこで既にもう…(泣)。前にも書いた気がするけど、嗚咽したい、してしまいたい衝動に駆られました。

以下に畳みました。池辺さん作品については暑苦しくなると自覚あるので、それでもよかったらどうぞ~。


『2年3組の面々』
に拍手をいただきました。いつもありがとうございます!!



 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
かごめかごめ (書籍扱いコミックス)かごめかごめ (書籍扱いコミックス)
(2014/09/08)
池辺 葵

商品詳細を見る


ご覧の通りの【非BL】です。

修道院が舞台で、修道女のマヌエラが一応メインです。一応なんて書いたのは、やがて時間が流れて、幼かった見習いの少女が立派な修道女になっているのを見たら、個人の物語ではなくて、修道院の歴史のほんの一部分を垣間見たような感じがしたから。たまたまマヌエラだった、みたいな。

今までがそうだったように、繰り返しずっと続いていく。院に引き取られた少女が見習いとして働き祈りを捧げ、修道女になったら見習い達の世話をしながら、院の為と主の為に働いては祈り、年を取っていく。

マヌエラがクローズアップされたけど、他にもいるシスターやマザー、ジュニアと呼ばれる見習いの少女達それぞれに人生があって、誰もが主役なんだと思いました。大きな時間の流れで見ると、名もない存在かもしれないけど。
相変わらずうまく言い表せないね……、ほんと毎回すみません。


ネタバレしてますのでたたみました。
ちょっと作品に入り過ぎて、気持ち悪い感想かもしれません。

 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
どぶがわ (A.L.C.DX)どぶがわ (A.L.C.DX)
(2013/11/15)
池辺葵

商品詳細を見る

【非BL】です。
発売してるのを知らなくて、平積みのラスト一冊でした。
私は作家買いしていますが、そうでなくても目を惹きませんか? 『どぶがわ』ってあれです、いわゆる汚くてゴミもあって、臭う川。
なのにこのメルヘンチックで、どこかノスタルジーさもある表紙です。

帯には「あなたがいなくても生きていける でもわたしたちは確かに繋がっていた。」の言葉。
そのまんまでした。野球を辞めた高校生も、バレエのレッスンに通う小学生も、どぶがわの汚さを投書した中学生も、みんなが繋がってました。ある老女を中心にして。

池辺さん作品はどれもじわじわきますが、こちらもでした。
感動していたのもあるけど、弱ってるとこにこういう本読むとてきめんだよ…。
わたしは誰かと繋がっているのだろうか、繋がっていたらいいなって思った。

全6話の読み切りです。
好き過ぎて、タガがはずれてる自覚あります。暑苦しくかなりな長文が続いています。
それでも構わないという方、よろしかったらどうぞ。  

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
繕い裁つ人(3) (KCデラックス)繕い裁つ人(3) (KCデラックス)
(2012/08/10)
池辺 葵

商品詳細を見る


BL買いに行ったのに、前記事の「芸術新潮」を衝動買いし、この本も見つけて即購入。
3巻出てたの知らなかったです。

読むたび思うけど、やっぱり好きな作品です。


前回に引き続き、非BLですみません。
長くなったのでたたんでいます。
短くまとめよう、って気が無くなってきてます…。

 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
サウダーデ(1) (KCデラックス)サウダーデ(1) (KCデラックス)
(2011/07/13)
池辺 葵

商品詳細を見る

買ってすぐにさらっと流して、そのまま積んでおき…。
今日じっくり読み直したら、やばい。泣きそうだった。

さて、本編ですが。
いかにも、「さぁ、泣きなさい」つーマンガじゃないです。
でも、じわっと来るんだよなぁ。

サウダーデという、喫茶店を営む芳乃。彼女は『繕い裁つ人』の市江と友人同士です。
店の厨房担当の涼、バイトの大学生と女三人がメインです。
そこに来る常連さんや、涼の姉、大学生の友達、近所の小学生とのやりとりなど、
一話完結になってます。

芳乃はこの店で、帰ってこない幼馴染を待っています。
このはっきりしない関係って、『繕い裁つ人』の市江と藤井もそうだと思うのですが。
なんか良いです、そんな関係も。
幼馴染で友人で、ひょっとして恋人で、どれもあてはまるような、そうではないような。
曖昧でもいいことあるって、年取って分かってきたのかしらね、私…。
つか単に白黒つけるのが、疲れただけかも。

「故郷はどこ?」と訊かれて言葉につまっていた人(多分その幼馴染)に、故郷を作ってあげたい。
喫茶店だけど花の鉢植えをたくさん置いて、その人を芳乃は待っています。
その彼はたまに葉書を寄越して、旅先で買った布を送ってくる。

送った布を身に纏わせて、そうやって芳乃を縛りつけるのね、と言った市江に
淋しそうに微笑む芳乃がね、もうね。泣きそうです。
こんな印象的な台詞や、コマが色々あって、そういうのが私には一々沁みてしまう。

電車の車窓から子供の芳乃と、自分の故郷の景色を眺める母親とのやりとりとかね…。
とても印象的な場面でした。
勘当同然で母は父と一緒になって、きっと故郷には帰りたくても帰れなかったんだと思う。
何だか実家に帰りたくなりました、私(笑)。

私ん中では『空のオルガン』ほど難しくなく、遠藤淑子作品ほどコメディが強くない、
そんな位置にあるような作品です。
この三作品に共通するのは、大変大雑把ですが「泣ける」こと…。

結構芳乃って辛口だけど、言ってることは真実な気がします。
そういうのを口にするのって、責任感も勇気も入りそう。

2巻が出てるので、それも読もうと思います。
芳乃の待ち人は、帰ってくるのかな…。
 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
繕い裁つ人(2) (KCデラックス)繕い裁つ人(2) (KCデラックス)
(2011/10/13)
池辺 葵

商品詳細を見る

私、この作家さん、すごく好きです。
他の既刊も手を出します!

じわじわとやってきて、読み終わって一つ息を吐くと、視界が滲む。
号泣じゃないけど、ほんとにゆっくりじわじわと来ます。

地味です、はっきり言って。
特に事件なんて起きないし、わくわくするようなこともない。
そもそも波乱万丈なことって、そうはないですよね。
大体の人の毎日って、そんなもんだと思います。私だってそうです。

元々、市井の人々を描いた話が好きなので、余計かもしれない。
江戸時代の町民やら商人とか。

NHKの「タイムスクープハンター」が好きなんですが、これなんてまさに、
歴史に名を残していない普通の人たちの、ある時間を描いていて。
45分みっちり見て、ラストは結構泣いてしまいます。
皆が生き生きとしてるんですね。

歴史上の人物は偉業を残したけど、偉業なくたって
たくさんの人が懸命に生きてきたから、歴史になると思うんです。
何か話が逸れてきたな…。

道端の石ころにも意味があるように(『道』より)、ごく普通の人たちの
普通の生活の中にも感動があって、もちろん意味もあって価値もあって、
上手く言えないんですが、大事にしたいって思う。
無駄なことなんてないし、もうね、生きてるだけでもありがとうって思うよ。
話がずいぶん逸れました…。


洋裁店の二代目・市江と、市江の母、セレクトショップを経営する友人、
1巻で知り合った女子高校生達や、デパート勤務の藤井。
市江の服を「ださい」と言ってた女子校生が、洋裁習い出したりして、少しずつ変わってる。

はっとさせられる、台詞がありました。
「でも、大事な人は1人じゃないから」
「なにもかも伝えないといけないんでしょうか」

初めのは、友達の彼氏に淡い恋心を抱いてる女子高生の言葉。
次のは、市江が「本当のことを伝えたらいいのにって思って」と言ったら、
藤井が続けた言葉です。
藤井が市江を「好きだ」という、その気持ちのことなのかな…。
二人の今後は、まだまだ引っ張りますね。

帯の裏の言葉の中に、「これは、服と人とのせつなく心躍る物語」とありました。
たった一人のために一着を作って、お直しもして、
一生着れる服になるのっていいなぁ。

私も洋裁をちょっとやるので、市江さんいいなぁって思って読んでます。
 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
殆どBL本しか買わない中古店で、この前久しぶりに少女マンガを買いました。
あとムック本。
前の記事の『同窓会代行』も一緒に買った。
「この人、普通のマンガも買うんだ」と、レジの人は思ったに違いない。

繕い裁つ人(1) (KCデラックス)繕い裁つ人(1) (KCデラックス)
(2011/03/11)
池辺 葵

商品詳細を見る

洋裁店の二代目・市江と、彼女の周囲の人達、
そして市江の作る服に惚れこむ、デパート勤務の藤井。

出てくる人達、みんな優しいです。クレームのおばさんぐらいじゃない? 嫌な人って。
特に高校生の娘とクリーニング店を営む母親の話なんて、感動…。

娘はもっと華やかな服を着て欲しいと思うけど、
市江は華やかなのが美しいとは限らないと言う。
理不尽なクレーム受けても謝る母の、お客様への思いを知って、娘の考えも変わっていく。

市江は母親の性格を現したような、控えめで気品がある服を作ります。
それは娘がデザインしたものでした。

市江と藤井の仲も、今後どうなるのか。
個人的には、恋愛の流れにはなって欲しくないなぁ。
でもいずれ、くっつくんだろうけど…。

服が人を繋げていって、色んな出会いがあります。
藤井が言う「この人の服は善意で満ちている」って、すごい賛辞です。

出てくる服のデザインが、クラシカルでシンプルで好き。
女子高生に「ださい」って言われるんだけどね…。私もださいのか(笑)。

二巻が出てるようなので、週末買いに行こうっと。


これも一緒に買ったヤツ。
別冊宝島981号「高村薫の本 」別冊宝島981号「高村薫の本 」
(2004/03/02)
不明

商品詳細を見る

『黄金を抱いて翔べ』が読みたい! 私は春樹が一番好きです。
「幸田さん、俺、ワルになるよ。幸田さんもほっとけないくらいなワルに」(うろ覚え)
は~、すっごい好きだ、春樹。
 
私は合田よりも加納が好き。『レディ・ジョーカー』再読したいけど、あの厚さにびびる。
『リヴィエラを撃て』なんて、すっかり忘れちゃってるよ。
生まれて初めて、徹夜して読んだ本っていう記憶しかない。
高村作品のキャラって、何気に美形が多くて、そういうのさえ楽しみ。

美形と言えば、『李歐』です。よし、読もう。
 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる