FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
虎次さんのことが好きなんですが (Canna Comics)虎次さんのことが好きなんですが (Canna Comics)
(2013/10/25)
会川 フゥ

商品詳細を見る

同じ美容室で働く、アシスタント・22才×スタイリスト・29才。
干支擬人化の企画から始まったそうで、キャラの名前に干支の動物入ってます。
メインの羊一(よういち)と虎次。蛇川、牛久保などなど。
攻めの羊一がふわふわパーマが似合って可愛い顔してますが、肉食系なギャップも可愛いかったです。


羊一から告白されたけど、からわかれてるのかもと勘ぐって返事もしてない虎次ですが、すっごい意識してます。好かれて嫌な気はしないけど、なんせ同じ職場なので虎次は気にしてしまう。真面目なんだろうな、虎次って。
「付き合う」と言ってないけど、流されてキスしてしまって、自分の気持ちはどうなのかを考えてます。

美容室での勤務中や、終わった後の羊一の部屋で過ごしたりだとか、日常系っぽいかな? 
そんな中で虎次の気持ちが変化してます。
秘密を持たれてぐるぐる考えた結果羊一が好きだと認めたり、いい雰囲気なったけどびびって逃げるように帰ったり、虎次の気持ちが丁寧に進んでいくなぁと思いました。

羊一が虎次のことをすごーく好きなのはすぐ分かるけど、虎次も不器用ながらも同じように好きです。
描き下ろし含めて、一冊まるまるなので読みごたえありました。


『明け方に止む雨』  に拍手を頂きました。
どうもありがとうございます!
スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
愚か者ども、愛を知れ (B`s-LOVEY COMICS)愚か者ども、愛を知れ (B`s-LOVEY COMICS)
(2013/03/15)
会川フゥ

商品詳細を見る

前巻がどれも続きが気になる話ばかりで面白かったので、迷わず購入。
面白かったー!
3組のカプで2編ずつの6編収録です。なので「続き読みたい」欲求は満たされました。
でもどのカプも、続いてもいいよ!とも思った。


「愚か者ども、愛を知れ」「愚か者ども、愛を知る」
イケメンで仕事もできる木野はEDなってしまい、ショックでやけ酒。
そこに現れた岩倉と飲み、ホテルへ連れ込まれる。酔ってる木野はつっこまれてしまいますが…。

岩倉の名前も覚えてないし、勃った嬉しさでお礼を述べてそのまま帰ってしまう辻村。
岩倉でなくても「えー」てなった(笑)。再会した時も岩倉にお礼だとお金渡そうとして無神経だけど、なんかこの人憎めないなー。
男同士だから勃つんではなくて、相手が岩倉だからそうなるって木野は気付きます。だからってホテルに行ってくれるか頼むのは、ほんとすっ飛ばしすぎる。

続編では木野の本気さが出ていて良かったです。愚か者は木野だけだと思ってたら、岩倉もだったのかな。
ほんとは岩倉はネコなので、ちょっとリバってました。いいね!


「轟木の春」「二ノ宮の空」
高校生同士。男同士でやってみたくて、遊び人の噂のある二ノ宮に告白します。
でも実は、噂はしょせん噂で二ノ宮は純情な子でした。無理に押し倒して二ノ宮を泣かせてしまう。
自分の不純さをちゃんと謝る轟木、男らしいです。

続編では泣かせてしまってから手を出さない轟木に、何かしてほしいと気づく二ノ宮です。
等身大の男子の恋というか、可愛いです。
黒髪メガネの轟木が攻で、それだけでも萌えてしまいました。


「猫やサオダケと僕」「僕とサオダケの恋」
高一のリョウは放課後に神社で黒猫をかまうのが好きです。
ある日猫の代わりにおじさんが現れて、リョウに「撫でて」と迫る。なぜか膝枕でおじさんの頭を撫でるリョウ。葛藤しながらも嫌じゃないリョウです。
おじさんは自分を「サオダケ」と名乗り、不思議な眼の色をしてまるで猫のような俊敏さ。
もしかして…、とリョウだけでなく私も思いました。

オジサンの攻も好きです。ただのオジサンが好きだ、つー自分を再確認しました(笑)。


『花のみやこで』 『今頃で何なんですが…』 『船を建てる 上・下』 『スメルズライクグリーンスピリット』
に拍手をいただきました。いつもありがとうございますー!  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
キミがいる深夜2時20分 (Cannna Comics)キミがいる深夜2時20分 (Cannna Comics)
(2012/07/26)
会川 フゥ

商品詳細を見る

初めての作家さんですが、面白かったです!
読みやすく、どれも続きが気になる短編集でした。

『コンプレックスオーバーシュート』
生徒☓高校教師で、子供の時によく遊んでいた二人です。
勤務先の高校で出会った攻は、昔の可愛い面影はなくすっかり成長していました。
当時から「いっちゃん(受)と結婚する」と言っていて、受は「大きくなったらね」とあしらっていて。
でも攻はそれを信じていて、「18才になったから結婚したい!」と…(笑)

一途にぶつかってくる攻に、受はだんだんとほだされていきます。
でも単に「好きだ、好きだ」とぶつかってくるんじゃなくて(そういう時もあったけど)、
自分が子供だと自覚して、ちゃんとした大人になってもう一度告白する、と
攻なりの真摯さを見せてくれます。こんな攻は大好きです、私。

受の前の恋人(つっても妻帯者)が、カバー下でずいぶん可愛いいカッコになってました(笑)。意外と似合ってたなぁ。


『モウソウオトコ~cafeteriaノ話~』
インパクトで言ったら、これが一番ありました。
片桐は昼休憩を決まったカフェで過ごすのですが、そこには気になる客がいます。
ブランドもののスーツの似合う、“謎のチョイ悪系イタリアーノ男”。

彼はランチを終えると、ゲイの街と言われる歓楽街へ消えていく。
そこから片桐の妄想が始まります。
これがほんっとに面白くて! 私も妄想するけど、彼にはかないませんわ。
ノーマルなはずなのにどんどん暴走していき、新しい扉を開いてしまう…。
もう、開いちゃったよね(笑)。
彼らのその後が非常に気になります。でもそこは、私得意の妄想しとけばいいか!(自虐的…)


『回りくどくて可愛い君に』
バスケ部の先輩・シゲルに片思いしているショータ。
シゲルもずっとショータが好きなのに、お互い勘違いしているのが面白かったです。
酔ったマリちゃんのおかげで、二人の誤解は解けました。女の子の当て馬…?
シゲルが攻っぽいかな…。カッコいいショータが、真っ赤になるのが可愛いです。
タイトルは、シゲル目線なのかな~。


『DORAGONに恋。』
高校ん時の地味なクラスメイト・時町と、杉田は偶然居酒屋で再会します。
すっかりイケメンになっていたと思いきや、私服姿だと高校ん時と変わっていない。
一度だけ会話した「小説家になりたい」という時町に、書く小説に自分を出してと無邪気に言う杉田。

その言葉を時町は覚えていたのは、杉田にずっと憧れていたから。
杉田も会話は一度きりでも、時町が気になってずっと見ていて。
そんな二人が再会して、本心を告げます。
始まったばかりの、可愛いお話でした。


『キミがいる深夜2時20分』
『コンプレックス~』のその後で描き下ろし。
大学生になった攻は、受の部屋に泊まりにきます。
この話では受がだいぶ攻を意識してきて、何だか微笑ましくなってしまった。
同じベッドで寝ても、まだHしてないし…(笑)。うん、してなさそうだよな…。
楽観的そうだけど年下の攻は、きちんと将来を考えています。繊細な受にはぴったりです。

もう一つの描き下ろし『マリちゃん物語』は、『回りくどくて~』でショータを好きだった女の子・マリちゃんの短い話。
毎度毎度好きになる男はホモだという、気の毒な子です。
今度こそ、と一目惚れしたリーマンは『モウソウオトコ』の片桐でした。
読んでて気持ち良いオチでした。
 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる