FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 

こちらは1話を雑誌で読んでましたが追えずに、コミックスなってようやく読みました。
恋愛ものというよりも人間に焦点を当てて、舞台は性風俗店ですが、どこであろうとありえる物語というか…。群像劇みたいのは元々好きだし、朝田さんはやはりすごく上手い作家さんだな~と感じました。もっとドロドロしててもいいのに、清々しさみたいのあったしね…。

風俗嬢相手に本気になってしまって彼女を救おうと投資に手を出し失敗。自殺しようとして、目が覚めたケイはゲイ向け風俗店<サーカス>にいました。借金ある為にそこで働くことになります。従業員は他三名。どの人も過去がありそうで、個性的です。
個人的にはタチもネコもやるジョーに惹かれました。こういう筋肉質でヒゲで荒っぽくて攻めだろうと思ってたけど受けだった…つーのに弱いんだ私。
ジョーは賭け事大好きだしチンピラみたいですが、外国人のソムと一緒に彼の故郷に行ってしまいます。そんなタイプに見えなかったので、ギャップに萌えました。「体の相性がいいから」なんて、それもあるかもだけど照れ隠しに聞こえるし(笑)。

ケイが主人公だけれど、美形な古参の従業員・シロも主人公なのかなと思いました。
シロ☓ケイなのかと思いきや、最後までどっちか分かりません。シロはどちらでもいいそうだし、ケイも<サーカス>で働いていtんだから、どっちもいいと思うんだよな…。リバもいいですね!(妄想です)

シロの過去が結構重かった。そういう生き方しか出来ない彼を見守ってきた団長は、本当に優しい人です。
一年後シロの状態には驚いたけど、これによって気付いたと彼が言うなら良かったことなんだろうなぁ。ケイもジョーもリンも、みんなそれぞれが変わって、“生きている”っていうのかな。読後感はとても爽やかでした。
「どこでだってよき人生は送れるんだよ、心次第さ。」って台詞が何だかやけに沁みました。


スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
あけましておめでとうございます。
今年も萌えの続く限りに感想や、たまに雑談上げていきますのでお付き合いいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

2016年の最初の一冊はこちら。


朝田さんのお話、好きだなぁとしみじみ思いました。もう一冊の新刊も読むのが楽しみです。

表題作はカルト集団に洗脳されている青年・リブ☓神父・ロースの年下攻めです。青年と書きましたが、リブはまだ17才です。ロースは20代後半ぐらいかな…思慮的で落ち着いた雰囲気です。
リブは不幸な生い立ちで、洗脳されてしまうのも仕方ないのかな…と思えるほどです。目の下の隈や傷だらけの細い体が痛々しい。
リブを追って教団に独りで乗り込んだ神父のロースは監禁されてしまう。そこで「つがい」にするために、ロースは無理やりされてしまいます。監禁やドラッグを扱っていても、安心して読めました。その根底にリブのロースへの愛情があるせいかな。
最初は無理やりなんですが、ロースの方で情が湧いたのか態度が変わって柔らかくなっていく。少年みたいなリブの下になるのが、立派な大人の体躯の持ち主であるロースというのがね、すごく萌えました…。
リブを裏切った形になりましたが、警察に通報できて教団は捕まります。リブもです。
相変わらず一途に慕ってくるリブに、ロースの方が戸惑って。多分“神父”だから倫理とか前途ある青年だと思って、自分の気持を誤魔化そうとしていたのかな。
ずっとリブから触れてキスしていたけれど、ラストになって初めてロースからキスします。頬でなく唇に。もう建前でなく本心でリブに向き合ったような、まだ難しいことあるかもしれないけど二人は大丈夫だと未来の見えるラストでした。


同時収録の『はなばなし』。
こちらの方が好みでした。いちゃいちゃラブラブでなくても萌えるし感動もした、恋愛の物語です。
サラリーマンのハナは酔いにまかせて、花屋の店頭の花を盗んでしまいます。翌朝、返しに行くこうとしたら、花が言葉を話し出します。ファンタジー?っぽく始まったけど、恋愛になる以前の“何か気になる感じ”みたいのが、過ごしていく時間と共に成長して
いって、“離れたくない”になるまでが描かれているというか。相変わらずうまく言えない……。
ネタバレしないようにここまで書くのが精一杯(汗)。ラスト近くでどうなるのかヒヤヒヤしたけれど、美しいハピエンでした。ほんと、素敵。
この作品、ドラマCDなったらどうだろう。二人が距離を縮めていく感じを声で聴いてみたいな…。



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる