FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 


前から気になってましたが、やっと読みました。『このBLー』にもランクインされているようですね。
おもしろかったです。それに絵がとても上手くて、特に裸が綺麗だと思いました。結構な濡れ場の多さですが何より綺麗だし、受けも攻めも色気あって。まぁ、濃厚つったら濃厚でしたが…。
前作のスピンオフだそうですが、私は未読です。でも問題無かったです

望☓辰之ですが、櫓木☓辰之でもあります。櫓木は弱みにつけこんで辰之を抱いているので、愛はないです。
辰之の父親に執着あるので、辰之の父←櫓木なのか、櫓木→辰之の父なのか…。もし機会あるなら、若い時のこの二人の話も読んでみたいなぁ。

綺麗な顔立を前髪とメガネで隠す、望の過去は結構な衝撃でした。
そんな幼い時に出会っていた二人で、望はこの時から辰之を好きにっていた。自分を肯定してくれた辰之だから、身体を鍛えたり料理上手だったりお、辰之との約束を守ろうとする一途さがあいます。あと辰之がとても男前でした。

ヤクザだからドロッとしたところもありつつ、恋をしている二人がちゃんと描かれています。
次回の作品も読んでみたいです。




スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 


大学生の森田☓犬塚のカプをメインに、彼らの先輩カプのなれそめだったり、犬塚が小学生ん時の友人の片思い話や、犬塚の初恋の話などが収録。焦点が当たってるのが他キャラでも、犬塚達が絡んでいたりするので、自然に読んでいました。
私はこういった、他キャラがメインにもなる展開ってすごく好きです。群像劇っていうのかな? 調べてないので違ってたらスミマセン。脇キャラの先輩にも、つらい恋の経験が一つや二つあるわけだしさ。確かにお得感は感じるので、ただの貧乏性なのかしらね…。
あと四宮さんの描く中学生がすごく好き……。


大学生にもなって、思春期のホルモンバランスで胸が大きくなったという犬塚が可愛いくて、読み始め早々に萌えました。それを触らせてくれと土下座する森田。メガネを取ったらイケメンな森田は犬塚のことが好きで。1話目で早々に両思いになります。でも好きだからちょっとすれ違ったりで、2人の成長を見つつ他カプ話も読んでる感じしました。

3年の川崎と、院の古賀先輩のカプの話もすごく好き。年上受けでした。小柄で隙だらけな先輩と、面倒見のいい後輩っていうのもいい~。
古賀は友人の塩田に惹かれ、塩田もまんざらでない感じなので告白します。けれども「キモい」と罵られて疎遠に。傷ついた古賀は酒を飲みまくる。自分が恥ずかしくて忘れたくて酒に走る古賀の姿は切ないです。
ある飲み会で川崎に助けてもらったことで知り合いになります。でも川崎は依然から古賀のことが好きです。川崎の妹がすごくいい子で、カバー下読んだら川崎両親もいい人だった。

犬塚の初恋の話で出てきた、かわいそうな長沼くん。彼のその後が気になりました。



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 

親同士の再婚で義理の兄弟になった公崇と二才下の夏央。

兄弟ものは実も義理も大好きです。上手く言えないけど、血縁っていう消えない絆に萌えるのかな、私…。だって死んでも同じお墓に入るんですよ…。

勉強を教えたら「兄ちゃん」と慕ってくれて、それが可愛いと思い、公崇は夏央をますます好きになってしまう。
公崇の想いはストレートに性欲に繋がっています。「夏央とセッ○スしたい」って。

隣の部屋で夏央は彼女とヤッてて、その声でオ○ニーしまくってる公崇は、変態だという自覚あります。夏央の寝顔でシてるのも十分変態。
でも、あっけらかんとしているからかな? …うーん、それもあるけど、私は根底にある一途さ、純粋さみたいなのを感じたからかな。まあ、行き過ぎてるとは思うけど(笑)。そんなに深刻さも嫌悪も感じませんでした。
それは全体的にも言えて、夏央がゲイだと言いふらしたせいで、不登校になり退学し、現在ニートになってる公崇に悲壮感はあまりなかったなぁ。
ニートだったけど夏央の一言で、バイトに行くし、大検を受けることに決めます。

夏央の公崇に対する軽蔑の言葉は、読んでいて至極もっともです。彼は被害者でもある。だけど夏央の根底には「お兄ちゃんが好き」という気持ちが、ちゃんとある気がした。つか、ありますね。だからこそ、夏央も傷ついたんだし…。

ラストで。本当に寝込みを襲うような、でもしないような曖昧な感じで終ってます。私はしない気がしてます。今はね。兄弟なのは一生もんなんだし、ゆっくりでいいんだよ。
「あの思い出でオレはもう 一生 生きていけるから」
この言葉は、公崇の偽りのない本当の気持ちなんだと思いました。

あとがきで、これからもBLマンガを描いていきたいです、とあったので楽しみに待ってます。

『雑談。』  『2冊まとめて。』
に拍手とコメントをどうもありがとうございます!! のろのろ更新なブログですが、覗いて下さってありがとうございますーー!!

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
となりのワカゾー (B`s-LOVEY COMICS)となりのワカゾー (B`s-LOVEY COMICS)
(2014/12/15)
沢 マチコ

商品詳細を見る


帯の『20歳チャラい専門学生☓30歳堅物サラリーマンの年の差ラブ』、に惹かれました。
はい、この通りでした。ほんと、こういう設定好きだなぁ、私……。

子猫がきっかけで隣の部屋の若い男・干潟と知り合った新木。ゲイの新木はいまどきの若い子が苦手で、好みは年上です。地味で大人しそうな新木ですが、正義感あるし真面目です。多分干潟の周りにはいないタイプだったんだろうな。
子猫を介して親しくなっていくのが自然でした。

確かにチャラくていい加減な干潟だけど、新木を好きになって変わっていきます。一時はどうなるかとやきもきしましたが、安定のハピエンでした。良かったです!



話変わりますが、支部で読んでいた作品が本になったそうで、届くの待っているところです。
こちら。↓↓↓
女の友情と筋肉(1) (星海社COMICS)女の友情と筋肉(1) (星海社COMICS)
(2015/01/09)
KANA

商品詳細を見る

体調が気になって病院に行ったのですが、「年齢もあるし…」みたいに言われて、結構ショックでした。
これ読んで元気貰いたい……。





 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
本日からの隣人愛 (Dariaコミックス)本日からの隣人愛 (Dariaコミックス)
(2013/02/22)
さがの

商品詳細を見る

やっと読んだ~。新刊はぽちっとしたので、また後ほどに。
何でもっと早く読んでなかったのかと後悔。面白かったですー。

「本日からの隣人愛」
仲が良い幼なじみ同士、野球部主将・清志☓幸太。
幼なじみですが、清志へのフェ○をする関係です。幸太はチ○コを舐めたいという欲求があってww。セルフ○ラに挑戦している場面を、清志に見られてしまう。それからのそんな関係です。
そこに清志の後輩が絡んできます。
この後輩・甲本は、当て馬で片づけるにはちょっと可哀想だったな…。

清志は幸太のこと好きなので、幸太の方の自覚待ちというか。
一度は振られたけれど諦めない甲本は、合宿中にもう一度仕掛けると幸太に告げます。
それで幸太は、友情でなくちゃんと好きだと自覚します。

甲本は正々堂々としていて、好感持ちました。でもやっぱり当て馬なんだよな…。泣きボクロが可愛かったです。
甲本の話しかしてないね…。脇役好きなんです、私(笑)。

「スキマ友好活用」
隙間と顔○フェチという短編。よく思いついたな…。
校舎の隙間にエロ本隠しとくのもすごいけど、それを夜中に取りに来るヤツもすごい。どっちもどっちか(笑)。これからもっと仲良くなればいいよ(笑)。
短編が上手いなぁ。今度は長編も読んでみたいです。


「肌色の輪郭」
綺麗すぎて酷い目に遭った過去は可哀想でした。そのせいで誰とも話さず、前髪で顔を隠している加冶。
偶然それを知ってしまった水泳部の伊勢は、良いヤツでした。女顔○根ってある意味ギャップだよね…。ギャップ、好きです。

「ターゲットは腕の中」
探偵×調査対象。探偵は20代かな? 調査対象は30代かと思われます。
ページ数短いので展開早かったけど、引き込まれつつ、オチがドラマチックです。あー良かった~、の読後感でした。
くたびれた感じの受けなのに、ほんとエロく見えます。
「変態」=「全裸トレンチ」は私も共感。


全体的にこの感想、「エロ」しか言ってない気がする(汗)。そして伏せ字も多いな(笑)。
しつこいんですがそれだけじゃなく、ストーリーありきのエロだと思います。

新刊、早く届かないかな~。



『極道幼稚園』   『BABY vol.01r 』 『年々彩々』  『10月読んだものメモ』 に拍手をいただきました。
どうもありがとうございます!!  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
その距離を縮めるな (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)その距離を縮めるな (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)
(2013/09/10)
舟斎 文子

商品詳細を見る

初めての作家様です。最近表紙買いが多くて、だからお金ないんだな…。
帯の「スーパーヤンキー様」の文字に惹かれました。どんだけヤンキー好きなんだ…。攻が高三で受が高一です。

中学時代に親友が不良にリンチされてしまい、それ以来不良を毛嫌いしている野々歩(のの あゆむ)。校内で有名な西尾先輩に偶然ぶつかって、目をつけられてしまう。
西尾は、金髪ロンゲにピアスもしてて、それも似合っちゃう容姿端麗。進学校の生徒だから頭も良い人です。それが「スーパーヤンキー」なのかな…。

歩の好きな缶コーヒーを使って、西尾は歩との距離を縮めようとします。西尾に向かって進んだり、ちょっと戻ったりな歩の心情は丁寧でした。西尾ってカッコいいです。でもセルフM…(笑)。何でも揃ってる完璧な攻って苦手なんですが、西尾はそんなことなかったです。

西尾の仲間やら、他校のライバル呼ばわりされてる人達やら脇キャラが盛りだくさんです。
小説だったら薄目しちゃう時もあるんですが、マンガなら大丈夫な私。むしろ脇キャラん中から、好みのキャラを見つけるのが好きで(笑)。
特に、リンチされて入院、転校してしまった親友・安藤が印象に残りました。結構な重要キャラだったと思う。
歩と再会したのは騙して囮にし、西尾を呼び出す為でした。酷い目に遭った安藤が不良嫌いになるのは分かるけど、行き過ぎたのか、不良に暴力をふるうようになって。不良嫌いなのに不良使って、不良をボコボコにする。
そうまで変わってしまった安藤の心の傷は深かった。西尾に惹かれている歩に気付いたから、安藤は歩のこと好きなのかと一瞬思ったけど違いました。
彼の怒りはもっともだと思ったし、可哀想だったな…。歩と友人達と安藤で仲良く笑ってる姿が見たかったので、ちょっとモヤモヤしてしまった。

歩は真っ赤になったり青くなったり、分かりやすくて可愛いんですが、それだけじゃなく芯の強い子でした。
自分でも珍しいんだけど、描き下ろしで西尾とのHはなくても良かったかも…と思ったんですよね。滅多にそう思わないんですが(笑)

作者さんの「脇役に無駄に愛情を注ぐ性質」という言葉通り、脇役がいい味出してます。メインの二人よりも、私は安藤贔屓なってます。


『雑談。』  『2冊まとめて。』 『貴様と俺』 に拍手とコメントをどうもありがとうございます!
すっかり秋めいてきました。というか、もう晩秋?!ってぐらい冷えてます。ナナカマドが真っ赤になって。
寒暖差で体調崩しませんよう、お気を付けください。

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
花鳥風月 (1) (ディアプラス・コミックス)花鳥風月 (1) (ディアプラス・コミックス)
(2013/04/30)
志水 ゆき

商品詳細を見る


花鳥風月 (2) 初回限定版小冊子付 (ディアプラス・コミックス)花鳥風月 (2) 初回限定版小冊子付 (ディアプラス・コミックス)
(2013/04/30)
志水 ゆき

商品詳細を見る

すっごいお久しぶりな志水さん作品。
『是』が途中で止まったままの私に読む資格あるのかと思ったけどさー(汗)。
1、2巻とも表紙が素敵です。私はこんなアップのものが好きみたい。

一見と糸川、大輝と沢斗、曜明と火弦(ひづる)の3組。
母が再婚し家を出た糸川。祖父の家がある田舎町に引っ越しますが、その街には美形がたくさんいました(笑)。

1巻は主に一見と糸川がメイン。大人しくて可愛らしい糸川の過去が、ちょっと可哀想でした。母親にゲイだとばれて、必要以上に自分を責めるのは、糸川が優しい性格だからなんだろうけど…。
一見のまだ知らない部分がある気がします。なんか癖があるような…。気のせいかな?

火弦も結構な酷い目に遭っていて、両思いになった糸川と比べたらずっと報われなさそう。相手の曜明がノンケつーだけでなく、死んだ兄の妻子一筋だし。火弦はちゃんと報われるのかな~? 

2巻で熱を出した火弦が、処方された座薬を入れるシーンがあります。
これがもう、……エロかった! 手伝う曜明は全くそんな気なくて、意識しまくってるのは火弦だけなんだけど、あまりに恥ずかしがってるので段々可哀想になってきました。

大輝のと沢斗のいきさつには驚きましたが、この二人も簡単にくっつかないような…。
2巻まで出てるとはいえ、まだ序の口のような印象受けました。
これからですね。 

限定小冊子は一見と糸川が、風呂場でいちゃいちゃしてました。
最後までやってなくてもエロかったー。


『ステラリウム』 『匂い系小説、いろいろ。②』
に拍手とコメントをありがとうございました!

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
CANIS-Dear Mr.Rain- (EDGE COMIX)CANIS-Dear Mr.Rain- (EDGE COMIX)
(2013/06/28)
ZAKK

商品詳細を見る

初作家さま。これが初めての単行本だそうです。
でも、ほんとに初めてなんですか?!つーぐらい、絵が上手いです。線の太いしっかり目だけど、とても滑らかな線というか。海外が舞台つってもおかしくない感じします。
でも崩した感じは一気に可愛いくなります。

帽子デザイナーで店を営む沓名は、雨の中倒れている男を拾います。今時珍しい行き倒れ。拾って家でご飯食べさせた彼は、リョウと名乗ります。

ハーフのリョウの過去は、マフィアなのか裏稼業っぽい。
そして幸せとは言えない、両親の思い出。親から必要とされなかったから、「必要」という言葉に敏感な気がします。
沓名の家庭環境との差が明らかです。

沓名と飼い犬・小太郎のエピソードが泣きそうになってしまった。子供の沓名が泣きながら小太郎を抱きしめるーンに、飼ってた犬を思い出してしまった…。

一度は別れたものの、ボロボロになって倒れているリョウを再び拾います。

まるで捨て犬のようなリョウが、沓名によって“人”らしさを取り戻していくのかな。従順なだけでなく、欲しいものを探し、自分で進路を決めて。
もう運命としか言えない二人です。

ラストに数Pの次巻の予告があります。メガネのイケメンは一度も出てこなかった、沓名のライバル・後藤なのかな? あと染色家になった高校の友人。今後沓名に色々絡んできそうで、こっちの展開も楽しみ。
 
次巻は一年後とかでしょうか…? 続きが楽しみな作品がまた増えました。

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
彼の嫌いな生徒について。(麗人uno!) (バンブー・コミックス REIJIN uno!)彼の嫌いな生徒について。(麗人uno!) (バンブー・コミックス REIJIN uno!)
(2013/06/07)
せいか

商品詳細を見る

院生×准教授。
優秀でイケメンな攻があっと言う間に受を押し倒してました。早っ(笑)。
でも攻視点の話を読むと、二年も片思いしていたのが分かります。
変態ってあるけど、そんなでもない気もしました。ハメとりしたり、両手縛ったりとかって、よく見ませんか?そんなことないか?(笑) 

ただ、受のおじさんは本当にツメが甘すぎる…。そして流されすぎ(笑)。
おじさん受好きとしては、そこが可愛いくてたまりません。
いろんな表情があって、見てて飽きない。それに鈍いよね…?
元彼女にお尻を開発されていたのも気付かないんだもんなー(笑)。
受の元同期だった親友も実は受が好きで、もてもてなおじさんが好きなのでこの設定にはニヤケました。
具体的に攻に「好き」と言ってはいないのが気になったけど、まあ、多分もう、攻のこと好きなんだろうな~(笑)


同時収録は幼なじみ同士。子供の時からお互い好きでいたという。
攻の明るく屈託ない感じがいいです。大家族で愛されていて。離婚した母と二人きりの受は、自分が告白すると攻の家族を悲しませると思い込んで、付き合うとは言えない。
酔った攻の姉の言葉は、直球すぎて私はちと引いた…。
でも攻の包容力と本気さに受も覚悟を決めてくれて良かったー。

見やすい絵柄で上手だなあと思いました。

『SEX PISTORUS (7)』 『俺と部下の恋の先』に拍手とコメントをありがとうございました!
セクピスはまだ謎多くて咀嚼できてませんが、そのうち自分的メモ程度な記事で気付いたこと書こうと思ってます~。  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
嫌煙家のテーブル (マーブルコミックス) (MARBLE COMICS)嫌煙家のテーブル (マーブルコミックス) (MARBLE COMICS)
(2012/11/20)
すもも

商品詳細を見る

ずっと気になってたんですが、やっと読めた。
表紙のイラストよりも中身はラフな感じです。私はラフな感じも好きでしたが。

5編の短編と描き下ろしの収録です。
表紙は表題作の2人。黒髪の人が受ならいいなという私の願いは、一度は砕かれたものの、描き下ろしで叶えられましたww


ライターの津川が取材した店のシェフ・梅田と成り行きでキスを賭けて一ヶ月の禁煙をする羽目に。
梅田はノンケなのに、津川の可愛さに惹かれて好きになっていく。
口寂しくて指くわえて寝てる津川を、写メしちゃうぐらいです。

描き下ろしでは、積極的だった津川が照れて赤くなってます。津川は30代後半くらいかな? 梅田は20代後半ぐらいでしょうか。 
私も津川は可愛いと思いました。こういう受、好きだ。


小説が書けなくなって現在はアルバイトな男と、書くように迫る美形の編集者の話『アンダーカバー』もよかった。なんか身も蓋もない書き方してるな、私…。
書けなくなった理由や、執筆をしつこく粘る理由も納得しました。

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
タブー (角川ルビー文庫)タブー (角川ルビー文庫)
(1993/01)
須和 雪里

商品詳細を見る

すっごく久しぶりに読み返しました。
画像出ないけど、西炯子さんのイラストがとても合ってます。
19年前の出版。何度も読んだ記憶あります。
まだ現在ほど商業BLはなかったと思うんですが…。

これに収録の2つの作品の感想書いています。
長くなったので、たたんでいます。  

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
イケズ彼氏の堕とし方 (ディアプラス・コミックス)イケズ彼氏の堕とし方 (ディアプラス・コミックス)
(2011/09/30)
左京 亜也

商品詳細を見る


SとかMとかって、私にはそれほど重要じゃあないんですが、
ドSメガネ編集×ツンデレDT漫画家、だそうで興味出て買いました。
そしたら! まんだらけで少し安く売ってたから、ちょっとショックだったー…。
これと散々迷った、永野なんとかさん(忘れてる!)の新刊もすんごい気になる~。

ま、いいや。
初BLコミックって書いてあったけど、ウイングスで違う名義で描いてるんだったかな?
ちょっと忘れてしまいました。絵がとても上手ですねー。

コミケで攻にスカウトされて、雑誌でエロ漫画を連載している受。
ある時「お前の描くキャラは薄っぺらい。肝心なところが伝わらない」と
言われます。恋愛経験のない受は、気持ちよくさせてもらって、
それから「仕事」と言っては、二人でHをするようになる。
始めは受だけが気持ちよくなってますが。

受の片思いかと思ったら、そうでもなかったです。
初めから受のことは好きだったようで。
無表情で、何を考えてるか分からない攻だと思いました、私は。
あ、そういうのを「イケズ」って言うのか。

受の子が女の子っぽいけど、そんなに気にならなかったです。
真っ赤になって泣く受の表情が、エロかったなぁ。
『猫科男子のしつけ方』、買えばよかったー。
迷ったけど結局やめたんだったー…。







 
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
転向、性~俺がノンケであいつがゲイで (GUSH COMICS)転向、性~俺がノンケであいつがゲイで (GUSH COMICS)
(2011/05/10)
新也 美樹

商品詳細を見る


これって映画『転校生』のパロディというか、もじってますよね~。
ぶつかってお互いが入れ違ってしまう設定。
『転校生』はあまり覚えてないけど、テレビでやってたのを見た記憶があります。

新也さん、これが初めてでした。
設定が普通じゃないけど、入れ替わった故の二人の誤解があったり
何だか終始バタバタしてる感ありました。
でもそれがコメディなんですよね? 読んでいて、単純に楽しめました。

高校の同級生でもあった二人で、親しくなかったけど既にお互い好感は持っていた。
自分にないものを持っている相手に、憧れのような気持ちは当時あったんですね。
お互いが入れ替わるという、妙な事故に遭ってしまったけど
それがなかったら、きっと思い出しもしなかったよねー。

ゲイ(攻)に入れ替わった、ノンケ(受)の動揺ぶりが面白かったです。
そりゃそうだよねー。自分の体におもちゃ使われてたらね…。
自分に惚れちゃいそう、ってほんとにややこしいです(笑)。

元々気楽に読んでみたのですが、ただ娯楽っぽいのでなく
ちゃんと恋愛があるのでどっちも楽しめました。

切ない系が好きだけど、コメディも良いね~と思わせられた一冊でした。  
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
恋心にひざまずく僕ら (フラワーコミックス)恋心にひざまずく僕ら (フラワーコミックス)
(2011/06/24)
佐々木 柚奈

商品詳細を見る


久しぶりに買った、フラワーコミックス。
お邪魔しているブログ様の記事で興味持って、読んでみました。

カッコよくてもてるのに、振られてばかりの受。
なぜ振られるのかを面白半分に、友人に分析される。
それに頭にきて、仕返しとばかりに友人にキスをする。
それからその友人の態度が変わってきて、受は告白されます。
気持ちを受け入れるのか、拒否するのか受は散々悩む。

その悩みっぷりの表現とか雰囲気が少女マンガなんだ、と感じました。
あー違うな、少女マンガで「男同士の恋」を描いたってことなんですよね。
うまく言えないな~。
大昔に読んだ、『別マ』や『別フレ』の雰囲気を思い出しました。
たくさんの女生徒が、キャピキャピ(死語)していたし。
女子高校生をこんなに描いてるBLないもんね……。

個人的にはやっぱりBLとは違うんだ…、と思いました。同じ男同士の恋だけど。
BLと少女マンガって、描き方(見せ方?)が違うのかな。


語彙の貧困な私には、雰囲気が違う、しか言えない…。がっかり。
だからってこのお話がつまらない、というのではなくて
むしろその違いを知ることができた一冊でした。  
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
寡黙な珈琲 臆病な胡桃 (ショコラコミックス)寡黙な珈琲 臆病な胡桃 (ショコラコミックス)
(2011/06/30)
砂河 深紅

商品詳細を見る


これ、面白かったです! なんてほのぼのしてるんだろう。
帯の『大人の初恋』、ってそのまんまでした。
年齢書いてないけど、二十代後半か30代初めくらい?
そんないい年した男二人が、赤くなってドキドキしてビクビクして。
いくつになってもそれは変わらないんだなー、と思える可愛い話でした。

喫茶店のマスターの攻は、お客で来る在宅プログラマーの受に告白します。
受は対人恐怖症で、人とコミュニケーション取るのが苦手。当然告白されるのも初めて。
一応付き合っているので仕事帰りの攻が部屋に寄ることもあるけど、
頬に触ろうとしただけで、受はあからさまに驚く。
今どき、いないんじゃないかってぐらい臆病な受です。
でも攻はそんな受の性格を、いとおしく思っているのが伝わります。

じれったい! とは思わなかったな~。
二人なりのゆっくりしたペースで恋人らしくなっていくのが、
微笑ましいお話でした。
確かに甘々だったけど、たまにはいいんじゃないかな~。
口絵の二人がとても艶っぽくて、カッコ良かった!


犬の尻尾と耳が生える病気になってしまう、リーマンものが同時収録。
食わず嫌いで苦手だったんです、こういう耳が生えたりって。受の子が可愛いすぎたり。
読んでないので、勝手なイメージなんですが…。

攻と受は、同じ会社の部下と上司。何かと言うと反発しあって仲は悪いです。
それが突然受が、「DOGGY症候群」という犬の耳と尻尾が生える奇病に罹ってしまいます。
攻は嫌な上司がその奇病のせいで、表情豊かな可愛らしい姿に惚れてしまう。

この話はどう見ても大人の男に耳や尻尾があって、私のイメージを覆してくれました。
普段は怖いのにそのせいか急に可愛いくなって、予想外に面白かった!
それは受が年上で上司という、私好みの設定のせいかもしれないけど(笑)。

 
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる