FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
書影が出てました! 『下衆BL』 !!

下衆BL (シトロンアンソロジー)下衆BL (シトロンアンソロジー)
(2014/09/10)
秀良子、蛇龍 どくろ 他

商品詳細を見る


やだもう、すっげえいいよ!! はぁ、楽しみだなー。一体この彼は受けなのか攻めなのか…。メルヘンなタトー柄だね、一角獣とかツバメとか。
発売を楽しみにしてるBLが以前より少なくなってきた中、これにはワクワクしています。


さて、こちらです。書影の差に他意はありません…。

きのう何食べた?(9) (モーニング KC)きのう何食べた?(9) (モーニング KC)
(2014/08/22)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

この前8巻が出たと思ったら、9巻目ですね。

今回驚いたのはシロさんの年齢です。 既刊でそんな記述あったのかもしれませんが、私の記憶には無くて(覚えていないだけか)、ぼんやりと40代半ばかと思ってました。
そしたら、…。
どうりで目元の皺が目立つと妙に納得。そしてシロさんのお母さんの病気の話も印象的だった。

自分が年を取ることは親も確実に年を取っていて。ちょうど帰省したばかりだったから、余計にシロさん達を重ねてしまったのが無きにしもあらずでした。
年末のある日の話は、シロさんがとても男前だった~。男前な受け、好きです。(シロさんは受けだと思ってる私)
最後のページの二人の言葉は激しく同意しました。


『きっと恋になる』
に拍手をいただきました。いつもありがとうございます!!


スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
押し入れにBL本を箱やら袋に入れて突っ込んでいます。
当然どこに何があるのか分からなくて。小さい灯油ストーブを仕舞うスペースが必要になり、目下片付け中です。
そんな時久しぶりに見つけた、よしながさん。
感想書いてると思ってたら書いてなかった…。

それを言ったらおしまいよ (F×comics)それを言ったらおしまいよ (F×comics)
(2004/01/24)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

表題作は、高校から30才の今まで友人として付き合ってる同士。かたや売れない作詞家、かたや家業を継いだ内科医です。内科医☓作詞家。
自分が世話をしなきゃ作詞家は、貧乏だし部屋はゴミ溜めのようだし、生きていけないと思っていた。
そしてゲイです。でも実は彼はすごく売れてる作詞家で。
裏切られたと感じるのも、見合い相手よりも作詞家の方がずっと可愛いと思っちゃうのも、医者の方が無自覚で好きだったという。素直じゃない内科医、かわいいな。
よしながさんの濡れ場って、いいなぁ。泣いてる顔とか切羽詰まってる感じとか好きです。


『私の永遠の恋人』は、病気で家から出られないの弟の為にセクサロイドを造り続ける兄の話。
18才になる弟は最後のお願いだと、兄にそっくりなセクサロイドを造ってくれと頼む。夜に現れたのは兄本人でした。その後の展開に驚きつつの、余韻のあるラストでした。


描き下ろしの『ピアニスト』が一番好き。
若い時は美貌のピアニストとして有名でしたが、年を取り才能も枯れてしまって、死ぬことだけを望んで生きている。ある日歩道橋の上で悲嘆にくれていた時、若い男と出会います。
主人公はゲイでヒゲのおっさんなんです。素敵なおっさん受です(笑)
(9年前におっさん受を描いていた、つーのにびっくり)
この話はそっちにはいかず、主人公の半生と思いがけず立ち直るまでの物語。
引き込まれて一気に読んでました。


 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
きのう何食べた?(7) (モーニング KC)きのう何食べた?(7) (モーニング KC)
(2012/12/03)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

大きくないけど近い本屋では、『大奥』の新刊はえらい積んであるのに、こっちは1冊もなかったです。これは何差別? ゲイカップル話への差別?! と心の中で叫びながらネットで買いました。
その数日後にまた行ったら、別の新刊売り場に…。少年、青年向けのとこにいらっしゃいました、差別なんてなかったです(笑)。

相変わらずの日常でまったりして好きですが、今回はシロさんが実家にケンジを連れていきます。スーツ着たケンジが、結構かっこよかったなぁ。
シロさん父へ、ケンジが伝えます。シロさんなりの親孝行が、いい大学に入って弁護士になることだったんじゃないかって。
シロさん母ってば、シロさんが女装してなくて良かったって嬉しそうな顔してて(笑)。
そっちが重要だったのか…。

その帰り道に、「幸せすぎて死んでもいい」と涙を流すケンジに、こっちももらい泣き…。
泣くケンジと慰めるシロさんを、「キモい」と言い捨てる通行人にものすごく腹が立った。
でもその分ケンジの涙が、ものすごくきれいなものに思えました。


ケンジがカフェに行きたいと言って、二人で行きます。
男二人が仲良さげにお茶してたら、私も心ん中で「むむ??」と思いますよ(笑)
好きな人と一緒にカフェに行く、そんな小さなことを幸せに思えるケンジっていいな~。
最初の頃は人目気にしてたシロさんだけど、ほんとに変わりましたね。
ケンジが嬉しいなら全然付き合うってさ。

富永さん夫婦とかジルベールとか、脇キャラのエピソードも面白かったり、考えさせられたり。
ケンジの勤め先の店長、不倫やめた方がいいんじゃないか…。
奥さんがお店に出るようになったんじゃ…。この夫婦も今後何かあるのかな。

メイン二人だけでなく、こういうのって群像劇というのでしょうか??
やっぱし、面白いです!


『同人誌いろいろ。』 『本当にどうでもいい話。』 に拍手とコメントをありがとうございました!!


 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
きのう何食べた?(6) (モーニング KC)きのう何食べた?(6) (モーニング KC)
(2012/05/23)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

出先で寄った大きな本屋で買ったんですが、すんごい平積みなってました。
ゲイカップルの日常と彼らの日々の献立が、こんなに積んでおくほど売れるってことだよね。
すごいな…。私もそんな一読者です。

シロさん丸くなったというか、近所をケンジと買い物したりお茶したり、
気にしなくなったんですね。
嬉しそうなケンジに、読んでるこっちも嬉しくなります。

この二人が仲良くご飯食べてると、ほっとします。
作ったものを「美味しい!」「ありがとう」って、あんな笑顔で言ってもらえて幸せ者だよ、シロさんは…。

そんな史朗様、何巻だったか私はすっかり忘れてますが、
「どっちかって言ったら俺がネコ」って言ってたんだよね…。うん、言ってたよ、多分…。
実家に置いてあるから確認出来ず、スミマセン。(最近ウロ覚えで記事にしてるの多いな)
えと、とにかくまぁ、シロさんが受つーことは、この話は年上受なんだよね! そんなシーンないけどさ!

しょっぱなの話で、シロさんの浮気を心配して小日向さんと二人きりで食事はやめて、と
ケンジがお願いするのですが。
泣き出したケンジに、「嫌ったりしないよ!」ときっぱり告げたシロさん、かっこよかったー。

この巻はシロさんの好きなタイプの男とか、別れた時の状況とか、内面のことが書かれてた気がします。
男同士って難しいんだね…と思いましたが、性別関係ないですね。
他人と一緒に住んでんのは同じだしね。

以前ほど人の目を気にしなくなったシロさん。
小日向・ジルベールや佳代子さんとのかかわり、プラス誕生日で年も取ったせいか、
ちょっと変わってきたのかなぁ。

水餃子とサバの味噌煮が食べたくなった。誰か作ってほしいです(笑)。
イヤイヤやってるせいだけでなく料理は苦手なので、
よくこんなに作れるなぁとほんと感心します。  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
ソルフェージュ (白泉社文庫)ソルフェージュ (白泉社文庫)
(2004/11)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


一番好きなよしなが作品は、『一限目はやる気の民法』なんですが
この話も本当に大好き。

BLに再び嵌まったばっかりの時に読んで、えらく印象に残った覚えあります。
綺麗な男性音楽教師という設定が好みだったのと、先生受で年上受作品のデビューな気がします。

今でこそそれは大好きですが、この本がきっかけになったのかもしれない。
あと生徒に手を出したという、常識や禁忌を超えてしまった二人がね……。
もうね、いいんだよなぁ。
これ連載時平成8年って、……。いや、びっくり。全く古さなんて感じないことにもびっくり。
ほんとにすごい、よしながさん。

この表紙の二人、距離感がたまりません。

続いてます。
 

>>>Read more

テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
きのう何食べた?(5) (モーニングKC)きのう何食べた?(5) (モーニングKC)
(2011/09/23)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


ジャンルで分けたら、BLじゃあないのかな~。
つか料理マンガ??

買いに行ったら、平積みの一番下のヤツしかなくて。
売れてるんだなー、としみじみ思ってしまった。レジの奥では更に10冊以上が
積んであったし。あの規模の本屋で同じ本10冊! ちょう売れ筋だよ。

あいかわらずシロさんの作るご飯は美味しそうで、何度か作ったことあります。
料理嫌いな私でも美味しく出来ました。
BL読まない友人はこの本大好きで、5巻出ること教えたら
「あ~ん、楽しみ~~~(ケンジの真似)」てメールくれました(笑)。

続きます…。

 

>>>Read more

テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる