FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
同窓生代行─売野機子作品集・2─同窓生代行─売野機子作品集・2─
(2011/11/30)
売野機子

商品詳細を見る

この表紙、いいなぁ。
装丁が凝っていて、窓の外の青空は写真なんです。
それに表紙を被せれば、一枚に見える。 めくったら夕焼けの写真です。

初めての作家さんですが、他の本も読みたくなりました。

色んなタイプの短編集です。
特に表題作と、ホモの男子高校生の話は面白かった。

モデルを諦めた高校生のリカ。
同じ事務所には人気アイドルの、庭野野ばらがいる。実は彼女は全身整形している。
仲良くなったリカは、野ばらに代わりに同窓会に行ってほしい、とバイトを頼まれます。
ただ、三つ確認してきてほしいことがある、という指令付きで。

本名の「丹羽」から「ニワトリ」なんて、あだ名つけられて。
教室にいるのに、いない人間になってしまって。
野ばらの悲しみとかつらさは、描かれていません。私が想像しただけ。
だから余計に、別人になりたかった気持ちを想像してしまう。

1人だけ別人だと見抜いた、竹丸という青年。
リカは、この男を野ばらが好きだったと思って、待ち合わせの場所に連れて行きます。
サインをすると彼は字に気が付きます。

ここの場面、何度読み返しても良いです。
竹丸をじっと見つめる野ばら、貰ったサインをじっと見つめる竹丸。
「あなたのファンでしたよ、随分前から…」って本当のことなんだよね。

庭野野ばらに満足しているけど、忘れ物をしていた。
リカに依頼した三つの確認事は、全部好きだったものだった。
それにさよならをしたのかな…。

中学時代、自分はいないのと同じだった、と言った彼女。
“庭野野ばら”という別の人間になって、丹羽さんはどこにいるんだろう、って思ったら、
竹丸の思い出の中にいるんだって気付いた。
竹丸と丹羽さんだけが分かってればいいことなんだ、きっと。

幸せが、いつか終わるのがこわい。
その不安に慣れた頃に終わってしまうと思っていた。
そんなリカが、これから変わっていく。

絵柄が懐かしい感じなんです。
初期の岩館真理子さんをふと思い出しました。


あと、メガネ男子校生の話。短いんだけど、これも良かった~。
隣の席同士の黒髪と茶髪。黒髪はメガネ拭きを貸りています。
そのうち席替えになって、クラス替えになって、
それでも黒髪はメガネ拭きを借りにくるんだよ!(笑) 何これ、両思いじゃん!

「アドバンテージはこちらにあり」って、勝ち誇ったように茶髪は心ん中で言う。
これだけなんですが、面白かった~。

あと女の子二人の話も良かった。
ただお喋りしてるだけなのに、人生を垣間見てしまったような。
片思いしていて、ちょっと切なくて、でもあっけらかんてしてる。

自分が知らないだけで、色んな作家さんがいますね。
売野さんの、他のも読みたい。

ジャンル関係なく、面白いって思う本を読みたい。
しみじみ思いました。

しっかし、長いね! 読みづらくて、スミマセン…。
スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
刺星刺星
(2004/07)
中野 シズカ

商品詳細を見る


「刺星」と書いて「しせい」と読みます。
鳩山さんが解説書かれていたので読みました。それまではちっとも知らなかった作家さん。
鳩山さんも長野まゆみさんが解説されていたので知ったし、
好きな作家さんつながりで、興味を持つことが多いです。
塚本氏も佐々木倫子さんのマンガで知ったし。もう20年位前だけど…。

かなり個性的な絵柄です。トーンの使い方が切絵みたい。
苦手な人は苦手なのかな。「アーモンドアイ」がほんとに印象的。
9作の短篇が収録されています。

小説家とお手伝いの青年の妖しくなりそうな関係とか、
BLっぽさが漂うものもちらほら。
あくまで「っぽさ」なので、私はそこに妄想を補填しました。

表題作の『刺星』は、もっと重くドロドロになりそうで
耽美っぽい雰囲気もある気がします。
でも絵柄のせいか、童話っぽい感じもする…。
同級生にも兄にも暴力を受けて、一言も文句を言わず耐えている弟。
彼の唯一の楽しみは、黒い紙に針で刺して緻密な星座を描くこと。
兄の部屋を訪れる雰囲気のある男がいます。弟は彼を「わし座」になぞらえる。
少年を攫う鷲は、この苦痛ばかりの世界から自分を攫ってくれるはず、と。

自分の体に針を刺す少年、背中に針と墨を入れようとした兄。
痛みに耐えられなかった兄はあっけなく亡くなり、男はもう動かない兄の背に最後の墨を入れる。
「いぬ座」の犬のように、兄や同級生に従っていたと思っていたけれど、
どんな苦痛にも涙を流さず耐えた弟は、「しし座がふさわしい」と男は告げます。

見上げて憧れていた男が今は、自分を見上げて「従う者」になっている。
兄もこの男に憧れて、刺青を入れようとしていた。
そんな男が少年に跪きます。

何年か経ったら、下克上になるのかしら…、と妄想してしまいました。  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
空のオルガン 1 (ホーム社漫画文庫)空のオルガン 1 (ホーム社漫画文庫)
(2007/11/16)
竹坂 かほり

商品詳細を見る


これを読んだのは20年以上前。今でも大切な一冊です。
こういった昔話を書くのって、すいすい書けるんですよねー。
『私の好きな本』の記事を書くのは楽しい。自分の思い出だからなんだろうけど。
つまらない人にはつまらない、100パー自己満足っす(笑)。
年寄りの昔話だから、長いし…(笑)。

脳ミソが十分柔らかい10代に読んで、すごく影響を受けました。
今読んだら、古いって思うかもしれない。絵柄も台詞も。
設定が昭和初期の横浜が舞台で、古いモノクロの映画を見るような感覚です。
言葉にすると気恥ずかしいようなことを、さらっと自然に描いているのは
この時代背景のせいもあるのかもしれない。

川端康成の『朝雲』や、作者忘れたけど『ピエタ』のように美しい言葉遣いは、
古い時代だからこそ、しっくりくるのだけど。
今読んでいても、きれいな気分にさせてくれると思います。
この本のレビューにもあったけど、「きれいな気持ちにさせてくれる」(だったかな?)
って、本当にそう思う。

「ぶーけ」で連載していて、私が持ってるのはぶーけコミックス。もう日焼けが酷い。
そうそう言い忘れてた、BLじゃないです…。
美しくて悲しくて優しい、心に沁みる作品です。

すごくクサイこと書いてるって自覚あるけど、年取ったら恥ずかしくなくなったなぁ。
若い頃は気恥ずかしくて言えなかったけど。
ただの開き直り? 図々しくなっただけか…。
本当のこと、真実のことって言葉にすると気恥ずかしいんだ、きっと。

長くなりました。続きます…。  

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる