FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
理想の恋人 (ディアプラス・コミックス)理想の恋人 (ディアプラス・コミックス)
(2013/03/30)
斑目 ヒロ

商品詳細を見る


「鬼畜系野獣イケメン×天然系草食男子」だそうです。
こういうヒドい美形の攻は、斑目さんの専売特許というか、「悪魔シリーズ」の楓太に似た安心感ありました。
受をいじめるけど、愛がきっちりあるので私は好きなんです!

初体験がトラウマになって、四年恋愛から遠ざかってる陸。勤務先のバーの常連客・義巳は美形で性格悪いんですが、もてまくっていて。陸の好みの大人しく優しそうな子を誘っては、目の前でお持ち帰りしてます。

なんでこんな意地悪なんだ? と思ったら理由がありました。
陸が勇気を出してバーに行った時、二人の男に声をかけられました。その内の一人が初体験の相手だったんだけど、そもそも陸を狙っていたのは義巳の方で。
義巳が席を外してた間に、二人は消えていた。
さらに陸は常連の自分がその時にいたことすら気づいていないんですね。
それを真っ赤になってぶちまける義巳が、可愛かったです。好きだから、気づいてほしいから陸のこと苛めてた。
そっぽ向いて真っ赤になって「俺のがよっぽどいいじゃないかっ」と叫んで。
あー、きゅんとなった。逆かと見せかけて、やっぱりボウズの陸受だった~。いいよ、ボウス受!

陸は体格良くてボウズで、初体験はタチだけどまんまと義巳に組み敷かれてます。
義巳も言ってるけど、そういう人が受っつーのがぞくぞくすんですよね~。

陸は義巳に執着しないし、初体験の相手・ヒロトのトラウマを引きずってます。
自分には恋愛は分不相応だと思っていて。
後ろ向きな陸を面倒だと言いながら、すっごい執着している義巳。バーのママが「情けが深い」つってたけど、一途なとこがあるのかもしれない。

義巳から別れを切り出されて(意外にあっさりでびっくり)、陸は息苦しいし体がだるい。
新しい男を作ったと聞いた時はそうでもないのに、いざ二人を目の前にして陸は義巳に追いすがる。

路上で義巳の無茶な要求を飲もうとします。何でとか考える以前に、もう自然に体が動いてるみたい。
一人で平気だったのに、そこまで縋るほど陸は義巳が好きになってました。
めでたしめでたしかと思いきや、またおしおきされる陸……。おしおき=愛情表現なんだなぁ。


同時収録の「震える手の先」。こっちの方が好みかな、ちょっと痛々しい感じで。
好かれている傲慢さから失いそうになって、やっと本当は好きだったと気付く。ハピエンなんですが、最後の最後で泣きながら神様に願うのが切なかったです。
斑目さんのこういうセンシティブ系な短編、好きです。


『拝啓、兄さん様』 『ラッキードッグ BLAST1』 『俺と彼等と彼女の話』
に拍手とコメントをありがとうございます~!!

スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
若干今さら感ありますが、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

お見舞いのコメ、どうもありがとうございました!! 現在ギプス嵌めたまま、静かに過ごしています。

何が不自由かって、今まで何も考えなくても出来ていたことが出来なくなることなんですが。

でもでも、それ以上に痛くて。右腕全部がだるい、かゆい、痛い、……三重苦?

そんななので普段だったら絶対にやらないのに、カバーなしのBLマンガ2冊を居間に置きっぱなしにして、家族に片付けられるというミスを犯しました! 表紙は男2人抱き合ってます! スミマセン!
居間には持ち込まない、持ち込むならカバー付、もしくは責任持って隠すはずなのに…。
これも「痛み」のせいです。痛くて何も考えらんないんですーー涙。

これが2日の出来事で、明けて2日にして何だか今年一年を象徴するような…??(笑)
なし崩しにばれるんなら、自ら言った方が男らしいかな。いや、男じゃないけどさ。


それでは、今年一個目の感想いきます~。
こいしい悪魔 (バーズコミックス リンクスコレクション)こいしい悪魔 (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2012/12/24)
斑目 ヒロ

商品詳細を見る


確かこのシリーズの直近て、三兄弟の次男・翔太の話だったと思います。
市井も翔太も色々問題ありだけどお似合いだね、と思って読んでましたが、やっぱし楓太秋吉のcpが好きです。
楓太ってシリーズ最初から1ミリもぶれずに秋吉が好きで、秋吉しか見えてないし秋吉しかいらない。
だからかな、安心して読めます。

楓太が五才児の記憶に戻ってしまいます。
一緒に暮らしてるから秋吉が食事から風呂から面倒みることに。楓太って料理するんだ、とちょっと驚いた。
全部自分がすることになって、楓太のありがたみを感じます。
あまのじゃくで鈍すぎる秋吉が、五才の楓太を守ろうと奮闘するのですが、まぁ、バタバタしてます(笑)

あとモブキャラ(?)たちのウザさが、シリーズ一番だった。
でもラストの一言はモブにしか言えない、納得の一言だと思いました。

一人Hしている秋吉を見て、楓太の記憶が戻るのが何とも…笑。
悪魔シリーズん中では、最もえろ少な気がする。ちょっとはあったけど、私には足らん! 
斑目さんのえろしーん、とっても綺麗で好きです。

あとは『Scaret』のその後の短編が収録されてます。感想書いてないけど、好きなお話です。
このお話の受けは、暴走した攻をまるごと受容する懐の広い人でした。
そういう受、大好き。


『もう年末ですね』 『この世界にたった二人』に拍手とコメントをありがとうございました~!  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
ビューティフル デイズ (バーズコミックス リンクスコレクション)ビューティフル デイズ (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2011/12/24)
斑目 ヒロ

商品詳細を見る


表題作よりも同時収録の方が、私は好みでした。
すれ違って傷ついて、それでも好きだというシリアスな話が斑目さんに似合ってる気がした。『悪魔シリーズ』とはまた違う面を見せてもらった、という感じしました。

メイ、さとし、美里の3人にもう1人のアキラが関わって、そしてすれ違っている。
さとしはメイのことが好き。美里はアキラが好きで、アキラはさとしが好きで…。

書き下ろしの、さとし目線の話があって良かったです。
恋愛の醜い部分(って言ったら言い過ぎか?)や淋しい部分を、
きちんと描いているなぁと思いました。
読んでてつらいけど、人を好きになることは明るく楽しいことばかりじゃない、とも
私は思ってるので…。

幸せな二人がいるなら、陰でひっそりと泣いている人がいるんですよね。
西江さんの『長距離恋愛』を読んだ時も思いました。そんな人がいるから、
変な言い方だけど二人の幸せが、際立って見えるんだと思う。
でもこの人達は、十分傷ついてるけどさ…。

メイと美里を見つめながら、アキラの腕の中で涙するさとし。
アキラの優しい言葉に安心するけど、本当はメイを想って涙している。
アキラは多分、さとしの本心を知っている。
それでもそばにいることを選んだ、アキラ自身も傷ついている。

昔は何でも白黒つけたがって、そういうもんだと思ってましたが、
30過ぎたらそんな簡単じゃないな、と気付きました。
灰色な所もあってこそ、白黒つけることが出来るのかもって今は思ってる。
まして人の気持ちなら、尚更です。
人によっては苦手かもしれませんが、こういう恋の話もあっていいんじゃないかなって思った。

同時収録の話ばっかになっちゃった。
表題作は血の繋がらない叔父に引き取られた主人公が、叔父が好きなのに言えずに
叔父と一緒にいられる居場所に、悲しいくらい執着してたと思う。
すぐに動物を拾ってくる叔父に、自分も救われた過去を持つせいか、
本心は言えずに我慢している。

あまり叔父に感情移入出来なくて、ラスト間際の告白もちょっと唐突に感じてしまいました。私の読解力が足りないんだな。
ハッピーエンドでしたが、それにしても主人公の幼い頃が痛々しすぎる…。  
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
いとしい悪魔 (バーズコミックス リンクスコレクション)いとしい悪魔 (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2009/11/24)
斑目 ヒロ

商品詳細を見る


『かわいい悪魔』と一緒の記事にしようとしたけど、
どうにも端的に的確に書けません……。分けました。来年はもうちょっと短く書けるようになりたい。

二人は卒業して、大学生になっています。
いつも一緒にいたけど、攻からほったらかしにされて(理由がありますが)
自由を満喫して破目を外す受です。
でもほっとかれるのが本当は淋しくて、知らない女といる攻を見て泣いてます。
可哀想だったなー。

受攻の仲を引き裂こうとしてる、攻の小学校の同級生が出てくるのですが。
この人初めはカッコよかったけど、最後はちと可哀想だった…。
いてもいなくても、よかったんじゃないか?(笑)

攻からは、破目を外したおしおき(もちろんH)を受けます。この最中の受が可愛い…。
もう大泣きしながら、本音を訴えてて。
普段は素直じゃなくて、攻にもきつい口調なのに、本当は攻に惹かれてるんですよね。

決して自分からは言わないけど、Hん時だけ素直になる。
その違いを攻は十分判ってるのがねー、読んでて良いんですよね。
「はいはい、よろこんで」の攻の台詞もそうだし、
おしおきの最中は顔のニヤケが止まりませんよ、私…。
攻の手の平で転がされている自分に気付いても、気付かなくても
どっちだって受は幸せなんですね。


同時収録の『ある日突然シリーズ』。私はこれが、大好きなんです!
地味で目立たない受と、来る者拒まずの節操なしな攻の組み合わせがもう……。
好きだー。

男もいけるなら、自分も抱いてくれるんじゃないか、
と一縷の望みから攻を呼び出して、手錠を使って監禁まがいなことをする。
受が一途なんです。節操なしの攻のことが、いつのまにか気になって。

一度だけのHだから自分のことなんて、忘れてもいいと思っている。
もう健気だな~。自分から触る時は無表情なのに攻に触られて、
真っ赤になってぼろっと泣く受。
攻目線なってる私も一緒に「…う わーー…」です。

攻がだんだんと受が気になってきて、はっきりとした恋の自覚はないみたいだけど
いちゃいちゃしたいと思うし、離れたくないと思ってます。
もっとどんどん受に嵌って、受一筋になってほしい。

大人しい受の持ってる魅力に気付いて、もっと嵌ってほしい。
きっと誰も本気で好きになったことのない攻が、受によって本当の恋を知ればいいのに~。メロメロになってる攻が見たいです。
続編もう描かないのかなー??

とりあえずは、新刊を楽しみにしてます。  
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
かわいい悪魔 (バーズコミックス リンクスコレクション)かわいい悪魔 (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2008/10/24)
斑目 ヒロ

商品詳細を見る


24日に新刊が出るから、その前に感想を…。

これも大好きです。
斑目さんの線の細くて端整な絵柄、特に髪の毛の描き方が美しいです。
あと睫毛、ばっさばさなトコも。
でも崩すところは、えらい崩す絵も描きますね。

小柄な美少年×真面目なメガネ委員長。
極悪チワワな攻に、言いくるめられて攻められる受が良いんです。
プライド高いから、自分より小さくて可愛い攻に色々されてる事実を
認めないんだけど~。
でもHん時あんだけよがってんだからね(笑)。

夏休み明けに、急激に攻が成長してすんごいカッコよくなってたのは、
読んでた私もビックリだった…。攻の姿がまるきり変わっちゃったし。
でも相変わらずの美形です。

人間的にどうよ?と思うところもあるけど、結局は受に一途なんですよね。
受以外どんなものも目もくれないのが、スカッとします。
その表現方法は半端ないのですが…。
愛されてます、受は。

それでも受の攻への態度って、最初から変わらないんですよね。
もう鈍いよ、鈍すぎ(笑)。そこも良いんだけど。
一度だけ攻は心配のあまり、受を叩いて怒鳴ってしまうんです。
こっそり「ごめん」て言う攻に、きゅんとなってしまいました。


12/13、15 『殉愛』 『深呼吸』
12/16 『社長桃井君』 『終わってなかった』
12/17 『終わってなかった』 『狼さん、そろそろ準備はいいですか』

に拍手やコメントをありがとうございました。
本当に励みになっています…  
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる