FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
ウサギの国のナス (幻冬舎ルチル文庫)ウサギの国のナス (幻冬舎ルチル文庫)
(2013/06/17)
松雪 奈々

商品詳細を見る

先週末、一気に新刊が7冊届きました。
一日一冊読んで7日連続で記事にしようと思ったのに、日曜で早々と挫折…。無理だろうなとは思ってたけどさ…。


日曜に神宮に行ったら、その日は夏大祓という行事らしく、生まれて初めて茅輪くぐりをやりました。んで、夏大祓も。人型の紙に名前と年書いて、撫でて息を吹きかけるんです。それはお祓いの後に石狩川に流すそうです(有料です)。私の厄や穢れを乗せた人型は、川から大海原へ…。なんかロマンを感じたお祓いです。
前置き長くてすみません。


目を惹く面白いタイトルですねー。読みやすくてすいすい進みました。
前作も面白かったけど、こちらも面白かったー。秋芳が気になってたので、彼も幸せになって良かったです。
専門学校の学生・那須は、前作の稲葉と同様に大久島で白い子ウサギの後を追って、気が付いたら海岸に寝ていました。案の定大騒ぎで、那須の名前から勝手に「式神」扱いされます。

話が噛み合わないウサ耳族の会話は、相変わらず面白いです。こっちの話を聞かず、どんどん進行してっちゃう(笑)
ウサ耳に触るのは変態行為って、どれほどの変態行為か今回で具体的に書いてあったので、ちょっと納得(笑)。

秋芳と那須の関係もまた良いです。どっちかが庇護するのでなく対等で、お互いを信頼して。那須が見かけとちょっとギャップあって、けっこう男前です。

兎神と陛下の関係は崇拝に近いものを感じます。もちろんそればかりじゃないですが。
こっちの二人は年も近いし、那須視点なので友情から恋へって感じかな。

でも秋芳は那須を性的な意味込みで好きだから、相当我慢をしていて。日本に彼女がいるという那須の嘘を信じて、交わりも我慢して我慢して倒れちゃったり。
見送りには行かないと言ったのに、離れた場所で見つめる秋芳に切なくなりました。
男は初めてだしそういう趣味もない那須だけど、だんだんと秋芳に惹かれていきます。その変化が伝わりました。元々友情から恋へって話が好きなので。

妙ちくりんなファンタジーかな?という読む前のイメージを簡単に吹き飛ばす、種族を越えた恋愛物語でこのシリーズ好きです。
次はぜひ九里でお願いします(笑)! 2作とも日本人が受けだったから、次は攻めてもいいんじゃないかな…。
だめかな…、読んでみたいな…。(小声)


『雨の下の君に捧ぐ』 『カナさん』 『俺と部下の恋の先』
に拍手とコメントをいつもありがとうございます!
以前の記事にもいただいて嬉しいです~。
スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
ウサギの王国 (幻冬舎ルチル文庫)ウサギの王国 (幻冬舎ルチル文庫)
(2012/08/17)
松雪 奈々

商品詳細を見る

「淫魔シリーズ」と言い松雪さんは、こういった突飛な設定が面白いなぁと思いました。

瀬戸内海の大久野島に仕事で訪れた受。
白い子ウサギを追って行き(どっかで聞いたことあるよね)、気が付いたらここは異世界の兎の耳を持つ一族の住む島でした。
ワニに襲われそうになった受を助けたのが、この一族の王である攻。
受の苗字が「イナバ」で色白だから、「因幡の白ウサギ」の話になって
「伝説の兎神様が来た」とみんな騒ぎ出します。

大柄で色は黒めの屈強な男たちの耳は、ウサギの長い耳。
色白でソバカスのある華奢な受はこの世界では妖艶な美人のようで、
受にしてみれば褒められたって、冴えない己の容貌を自覚するだけ。
実はゲイの受ですが、29才の今までつきあった経験なしです。

このお話の攻はとても一途で、現代の日本に帰りたい受よりも、攻の方が気になってしまいました。
子供の時から自分達を救ってくれる兎神が、どんな人かを想像してずっと待っていた。
本気で受のことが好きなのに、受は自分が兎神だから抱くだけなんだと受け入れてくれない。
この辺のすれ違いが可哀想でした。
嫌われてると思って攻は、自分の気持ちは言えないでいます。
帰ってしまったのかと受を探しに来た攻が、受を見つけてぼろぼろ泣くのがきゅんとしました。泣いている男(特に攻)は大好きです!

ウサ耳族は倫理観が薄いというか、自分の父親が誰か分からない人が多くて、子供は母親の姓を名乗るそうです。
そんな中でも攻は、受だけがいいと言うんですね。
ここでも私の好きな一途な攻です!(しつこい)

松雪さんのエロシーンも好きです。かなり大柄な攻と170センチ無い受が子供か女性のようだと、受自身でも思っていて。
体格同じくらいの受攻も好きですが、こういった体格差も好きです。
つか、何でも好きなのか、私(笑)。

髭の生えないウサ耳族にとって、髭剃りは興奮して鼻血が出るほどの行為だそうで(笑)。挿入しながらの髭剃りって…(笑)。

攻がすっごく受が好きなのが分かります。
二人が晴れて気持ちが通じた後のHも良かったー。
ラスト近くにどうなるのかと思いましたが、ハピエンで良かったです。  
テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
かわいくなくても (幻冬舎ルチル文庫)かわいくなくても (幻冬舎ルチル文庫)
(2012/05/15)
松雪 奈々

商品詳細を見る

人目を気にして読んでいたら、集中出来なかったせいか
攻は何でこんなこと言うんだ? だの、受の幼馴染の嫌なところがやけに気になって、
「うーん」なんて思ってしまいました。

でも落ち着いて読み返したら、それも含めた上で面白かったです。
BL読む時はどーーしても! って時以外は自分の家ですね(笑)。

乙女系男子(っていうの?)の受は26才の現在まで童貞で、キスの経験もないし
もう10年も攻に片思いしています。
引っ越し業を営む父を手伝い、切れ長の目が凛々しく男前なんですが、
レース編みが趣味だし片思い歴長すぎて妄想ひどいし(人のこと言えない、私)
ギャップあります。私のタイプです(笑)。

親友でもある攻はまた異なるタイプで、こっちもカッコ良いんですが
ゲイだと公言していて、恋人も過去に何人もいました。

受はゲイの攻が好きなんだから、何も問題ないはず! 思ったけど
攻が付き合うのは小柄で可愛いタイプばっか。
自分とは全く違うので受は範疇外だと諦めて、親友のままでいようと思ってます。

諦めて親友の位置でいいと思いながら、攻に抱かれる妄想をしてしまう。
奥手で攻が初恋で、攻に恋人がいると知って泣いたこともある。
こんな受が好きなので、読んでいて攻が受に触ってくると、
思わせぶりでひどいなとイラッとしてしまいました。
そんな攻の想いは後から知ったから、こんな私は松雪さんのペースにはまってるってことだよな(笑)

受の勤務先に幼馴染が働いていて、この子はゲイで攻に告白し二人は付き合います。
キスしてた幼馴染に、思わずキスしてしまう。
受は「せめて攻と間接キスを」って気持ちなんだけど、変なとこで積極的というか
これにはちょっと驚きました(笑)

現実では攻以外の男とキスをしていて、夢の中でしか攻とは出来ない。
もうじれったいんだけど、攻の本心が明らかになった後半からは面白くなってきました。
でも幼馴染に騙されて、泣いちゃうのは可哀想だった…。

始めはこの幼馴染が嫌いだったけど、読み返してたら彼なりに本気だったよな、とも思えて。
恋愛が成就した二人の陰に、傷ついてしまった人がいる。
私の萌えポイントをここで見つけました。

受の職場の19才の男の子が、受に好きだと告白します。
振られてしまいますが、「俺が抱きたいんですけど」と26才に迫る19才に萌えた!
諦めないで攻に牽制する、なんてのも私的にはありだなぁ(笑)。

受も攻もずいぶん遠回りした気がします(笑)。
エロシーンも良かったです。好きでした。
エロいだけじゃなくてこの物語の肝な(と私は思う)、
童貞の受はずっと好きだった攻とやっと結ばれる喜びと、
攻にとってもずっと本命だった受とキスできる喜び。その気持ち良さ等々が伝わってきました。

やっぱり家で読まないとダメだ~(笑)。  
テーマ * BL小説感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
なんか、淫魔が見えちゃってるんですけど (二見シャレード文庫)なんか、淫魔が見えちゃってるんですけど (二見シャレード文庫)
(2012/03/23)
松雪 奈々

商品詳細を見る

やっと届きました…。なんか無駄に何日も待った気がする。
相変わらずネットと実店舗との使い分けが、全然出来てません。私の永遠のテーマだな。

そんなのは、さておき。
オヤジ妖精が受だけでなく、皆に見えてしまいます。
ばあちゃんの形見の人形だって誤魔化すの、いいな~。

前作で攻と両思いになって、二人の気持ちは揺るがないんですが、
男達にちょっかい出されて攻が嫉妬します。
攻の本気さが伝わってきました。
他の部下達にもてまくってるけど、一過性のもので。
でも攻はずっと片思いしていたから、もう格が違うんですよね。

だから、ちょっと触られても平気な受と、誰にも触られたくない攻との
想いの差みたいのがありました。
だてに長く片思いしてないよね。受・攻かかわらず、片思いって好きです。

攻の部屋に初めて行った時に、写真立てを隠します。
結局、受に見つかってしまいますが。
集合写真の受の部分を拡大して、飾っていた攻。
取り乱さない攻が真っ赤になってます…、可愛いじゃないか!
そんな年下の攻の純情を、年上の受はちゃんと受け止めてます。いいなぁ。

細かいとこなんですが、「休肝日があるなら、休肛日があってもいい」って、
そんなん初めて聞いた(笑)。
頭にオヤジ妖精をのっけたり、受ってとぼけたとこあって面白い人だ。

社内の医務室だったり、車ん中だったり、露天風呂だったりと
Hのシチュが色々あって飽きませんでした(笑)。
それにつけても、攻の絶倫っぷり…。
そして誰か来るんじゃないか、という読んでる私のヒヤヒヤ感(笑)。

攻の誕生日プレゼントを用意したり、受なりに攻を喜ばせたいと思うようになって。
恋になってるんですよね。攻の方が想いが強かったけど、最終的には追い越したんじゃないかな。

本来のイケメンの姿に戻った妖精との別れ。
もう会えないと思うと淋しくなってしまう…。私だけ?
結構可愛いんだよなぁ。「きゅう」とか「むぎゅ」とか言っちゃって。
攻とオヤジ妖精が険悪になるのを、受がなだめる図が良いです。

このオヤジ妖精をまた出して、別のお話でもいいな~。
この二人には誰かがつけいる隙、1ミリもありません。

嫌な役だった篠沢の印象が、あまり残らなかったな…。
それ以上にこの二人とオヤジ妖精が、強烈だったってことかも。
面白かったです!
 
テーマ * BL小説感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど (二見書房 シャレード文庫)なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど (二見書房 シャレード文庫)
(2011/03/23)
松雪 奈々

商品詳細を見る

初めての作家さんです。

読みやすくて、すいすい読めました。
27才×38才。同じ職場の上司と部下です。

ある日、オッサンみたいな妖精に憑かれて、3日以内に男と性交しないと死ぬ、と
言われます。何だそれ、て思ったけど読みやすいので、一気に読めました。

ノーマルな受の、動揺や焦りっぷりが面白かった。
死ぬのは嫌なので相手を探す受ですが、ゲイだと噂を聞いたことがある攻に、
「ゲイの友達いないか?」と訊ねます。
友達を紹介すると言ったけど、結局攻は紹介せずに「自分じゃダメですか?」と訊きます。

妖精の魔力(?)のせいで、受からはフェロモンが出てしまって、
周りの部下達が揃って受を狙ってしまう。
ちゃんと攻がフォローしますが、妖精に身体を乗っ取られている時は、
同期に職場でいたされちゃったり…、まぁ、人気者でした(笑)。

そういう設定いいな…、て思ってしまった。
美少年でなく、それがオッサンなのが私はたまりません。

みんなに愛される、オッサン受。いいですね!
それにこの受は、口は悪いし仕事バカだけど、Hん時はすごく可愛くて。
あー、こういうのもギャップだなぁ。

妖精に憑かれている事情を知らない攻は、受が同期の男が好きなんだと思い込んでます。
攻はずっと受を想っていて一途でした。
一途な攻も好きなので、このお話は私の好きなタイプだった、と今この瞬間、気が付いた。

ただトイレの洗面台でのおしおきは、誰か来たらどうするんだ?! と、
私は1人でひやひやして(笑)、ここは集中して読めなかったなぁ。

中原さんの『逃がした魚』もそうだと思うのですが、
年上の受へ攻が敬語を使うのって好きだと再確認しました。


確か今月に、続きが出ますね。
書き下ろしのラストで、そのオッサンな妖精が攻にも見えていました。
今までは受にしか、姿は見えてなかったのに。

面白かったので、次も読もうと思います~。
 
テーマ * BL小説感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる