FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
麗人Bravo!秋号 2011年 10月号 [雑誌]麗人Bravo!秋号 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/13)
不明

商品詳細を見る


貧乏なので雑誌は買わないようにしてるのだけど、買っちゃった…。
一度立ち読みしたトジツキさんの『カナさん』、やっぱり家でゆっくり読みたくてさー。
他の読みきりも面白かったです。

頭痛と目痛がひどいのでPCは時間決めて使ってるのだけど、
ダメですね。ついずるずると彷徨って見てしまう…。
でも本当に痛気持ち悪いので、来月病院行くから本気でどうにかしないと。

まぁそんな近況です。どうでもいいよね。

早速『カナさん』の感想を。
冒頭から引き込まれて、一気にラストまで読まされた気がします。
ヒロセが働く居酒屋によく来るパンクバンドの連中。カナはそのメンバーの一人。
なぜかトイレでよく会って、少しずつ会話をするようになる。
体調悪そうなのに本人は呑んでばかり。
トイレでキスされてから、よく知らないカナのことを知りたくなった。
知りたくてその夜、ヒロセはカナを抱く。
淡々とヒロセ目線で進む物語。つかみどころのないカナが魅力あります。
不満はないけれどやりたいこともない毎日だった、ヒロセの前に現れた黒猫のようなカナ。
「俺は後悔だけはしないように生きてる」。そんなカナの言葉が重いです。

死期を悟った猫のように、カナはいなくなってしまった。
大事にしていたギターをヒロセに残して。
悲しいけどカナの人生は、思うままに生きて幸せだったはず。
余韻の残る話でした。
もっと読みたいな、トジツキさんの話。


9/27 『ひとつやね』『きのう何食べた?(5)』
9/28 『どこにもない国』『詩の礫の続き』
9/29 『詩の礫の続き』

に拍手を頂きました。どうもありがとうございました!

以下に、面白かった他の作品の感想も書いてます。

スポンサーサイト



 

>>>Read more

テーマ * 雑誌 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
ベイビーカムヒア (バンブー・コミックス 麗人セレクション)ベイビーカムヒア (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2006/12/16)
吉池 マスコ

商品詳細を見る


読む順番って、大事かもしれない…。
新刊から読んでその後古いのを読むのって、他の作家さんでもよくやることなんですが。
マスコさんは、ちゃんと順番で読みたかったなー。
なんでと訊かれたら、うまく言えないのですが…。
結局一冊目も読んでないのに、2冊目のこれを先に読んじゃったし~。

『俺が地球を救う』に宇宙人二人組が死神になってました。いや、死神が先でした。
マスコさんの描くちびっこは可愛いですね~。
この頃の絵柄が好きです、線も細くもなく太くもなくでもしっかりしてる気がします。

長くなったので続きます。

 

>>>Read more

テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
マスコ・はん子祭(敬称略)を開催予定なんですが、注文した本が届かないです。
その間に読んでみた『詩の礫』。

先の記事は、もっと書きたいことはあったはずなのに、
うまく言えなかったです。
そもそも感想なんておこがましいんだ。
あれは私が単に、「泣いた」ってことを長々と書いただけだな…。
そんな文章にかかわらず、拍手をありがとうございました。

詩ノ黙礼詩ノ黙礼
(2011/06/16)
和合亮一

商品詳細を見る


これも読んでます。まだ最初の方だけど。
個人的には、初読みの『詩の礫』が印象強すぎて……。
日時と時間が書かれて、一分ごとに更新される呟き。
その臨場感もそうだけど、泣きながら同時に血も流している気がしました。
だから生々しいし痛々しいけど、一字一句これから目を背けちゃいけないんだ、って思った。

この“礫”で受けたダメージが、じわじわと日を経ってからきてます。

続きます。

 

>>>Read more

テーマ * 雑記 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
どこにもない国 (EDGE COMIX)どこにもない国 (EDGE COMIX)
(2011/09/24)
草間 さかえ

商品詳細を見る


最近新刊でも中古でも、読むものが悉くハズレがなくて嬉しいです。

表紙が既に素敵です。
草間さんの雰囲気は、時代ものも合いますね~。昭和初期とか。
表題作は戦後ですが。
初めて読んだのが確か『はつこいの死霊』で。今の絵柄よりもちょっと線が太かった。
版画のようで和風で、独特だなぁと思いました。

物語も、ものすごい個性だと思う。
一番好きなのが『イロメ』の白川先生なんですが。
「0か1シリーズ」(勝手にシリーズ付けてるし)のみっちゃんと鶴田!
好きだなー、この関係。

表題作と『パラダイムロスト』 戦時中の部下×上官。
『1と2の間』 隣同士幼馴染。高校生×会社員。
『0と1の間 前後編』↑の高校生とは友達。数年後の話で、会社員×社会人バレー選手。
『0か1の世界』 前後編の続き。
『もののことわり』 高校生×茶道の師匠。
『遠き島より』 部下×上官の書き下ろし。

続きます。  

>>>Read more

テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
きのう何食べた?(5) (モーニングKC)きのう何食べた?(5) (モーニングKC)
(2011/09/23)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


ジャンルで分けたら、BLじゃあないのかな~。
つか料理マンガ??

買いに行ったら、平積みの一番下のヤツしかなくて。
売れてるんだなー、としみじみ思ってしまった。レジの奥では更に10冊以上が
積んであったし。あの規模の本屋で同じ本10冊! ちょう売れ筋だよ。

あいかわらずシロさんの作るご飯は美味しそうで、何度か作ったことあります。
料理嫌いな私でも美味しく出来ました。
BL読まない友人はこの本大好きで、5巻出ること教えたら
「あ~ん、楽しみ~~~(ケンジの真似)」てメールくれました(笑)。

続きます…。

 

>>>Read more

テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
ひとつやね (POE BACKS Babyコミックス)ひとつやね (POE BACKS Babyコミックス)
(2011/03/24)
神楽坂 はん子

商品詳細を見る


面白かったー!
表題作で一冊かと思い込んでいたら、短編集でした。
しかもどれも好きな話ばっかで、お得感ありまくり。

帯の山田ユギさんの「私が一生養ってあげたいよ!!」って、面白かった。
私も仕事してたら、養うよ。受の慧さん、可愛いすぎだよ! フェロモン出すぎ…。

表題作と『いばらのみち』の、大学生×バツイチ子持ち家政婦。
『となりの晩ごはん』の幼馴染同士。
『この世の花』の擬人化。お客×レンタルビデオ。
『マイ・ストレンジネス』の大学生の幼馴染×大学生+大学生の従兄弟
『ここにはない物語』アラブ物。お金持ち×御子と呼ばれる男娼+幼馴染
『室温25℃』の編集×小説家。
『ひとつだけ』書き下ろし。

あー、『baby』のバックナンバーが読みたい。特に『bitch 特集』。←すごいね、このタイトル。
トジツキさんが描いてるんです。
あー、読みたい。立ち読みした『カナさん』、最高だったな…(涙)。
あ、トジツキさんの話になってるよ…。

アンソロって面白いんだね、って今頃だけど…。休刊になるんですよね。
やっぱり紙で読みたいです。寝転がってマンガ読むのって最高ー。

モチメ子さん、真名子さん、神楽坂さん、山田2丁目さん、のばらさんといった
方々を知って面白い!と思ったのも、『baby』の存在が大きいなぁ。
続きます…。

 

>>>Read more

テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
詩の礫詩の礫
(2011/06/16)
和合亮一

商品詳細を見る


泣いた。読んでは泣き、鼻をかみ、また泣くの繰り返し。

2、3ヶ月前だったかNHKの夜のニュースで、この和合さんが取り上げられていました。
福島在住で被災された詩人が、ツイッターで呟いた言葉。
図書館に行った時に見つけて、ああ、あの人だと思い出して借りました。

詩は読むのは好きです。自分では書けませんが。
書けないから、「書けてすごいな」て思いながら読んでます。

言葉の力ってすごいです。そして実際経験された方の言葉は、こんなにも重い。
だから読む人に響いてくるんだと思った。
私はそんな言葉書けない。書きたいけど、書けないです…。  

>>>Read more

テーマ * ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
ポストへ投函しました。終了ーー! 

半日一人になったから、予定より早くできた。良かった~。

短篇2本になりました。Bプリ規定枚数の24枚と16枚。
どっちも似た雰囲気なっちゃったな…。
でももう考えても仕方ないです。来年3月(発表がこの頃だった気がする)なったら思い出そう。
それまでは忘れて、前だけ見ていたい…(切実)。

印刷をしてたら、設定した文字数に合っていなくて。それを印刷した紙を見て気付くという。
印刷だけのはずが結構な時間かかってしまったなぁ。
なんか、ワードってよく分からないっす。エクセルも詳しくないのですが。

この頃ダンナに隠してるのが、どっちでもよくなってきました。
「何か書いてる」て、気付いてるような気がする。
いつだったか、市だか公共団体だかが主催の小説のコンクールの発表、
というニュースがテレビで流れて。
それを見ていた時に私に、「書いて出せばよかったのに」と一言。

内心「ええ~~」でした。今までそんなこと、なーーんも言ったことなかったのに。
PCつけっぱなこと多いからかな。
訊かれたら、「書いてるよ」と言うことにします。
「どんなの?」ってつっこまれたら、そん時の雰囲気で言おう。
いや、もう自分から言ったっていいんだよねー。本当のことなんだし…。

しっかし神楽坂さん、面白い~! 好きです。
マスコさんと神楽坂さんの二人祭、ただ今こっそり開催してます(笑)。


以下に拍手コメントのお返事させて頂いてます。


 

>>>Read more

テーマ * 雑記 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
ブログを初めて3ヶ月経ち……。

最近カウンターが1000超えてました。
何度も言うけど(本当のことなんで)、星の数ほどあるブログの中
細々と更新している拙ブログへ、いらっしゃって下さってありがとうございます。

もう一つ趣味のブログをやっているのですが、そっちが疎かになるぐらい
こっちに熱中しています(笑)。やっぱしBL好きだし!

これからもBL本感想、投稿にまつわる雑記などなど書いていこうと思ってます。
どっちつかずな半端ブログだと、自覚は200パーセントあります!
「はっきりしてよ!」とのお言葉はどうかぐぐっと飲み込んで、
「まぁ仕方ないわ」と広いお心で読んでいただけると嬉しいです…。

でも来年に、BL小説のブログやっちゃおうかなー…、なんて願望もあったり。
単に自作の墓場のようなものを作っておこうかな、と(笑)。

なにはともあれ、これからもよろしくお願いいたします!(ぺこり)

9/21 『秋でした』
9/22 『嗤う伊右衛門』 『悪魔とキスをする前に』
9/23 『卒業アルバム』

に拍手とコメントいただきました。ありがとうございました
神楽坂さんの他の本を読むのが、すごく楽しみです♪

この後も独り言続いてるので、よろしかったらどうぞ…。  

>>>Read more

テーマ * 雑記 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
悪魔とキスをする前に (ディアプラスコミックス)悪魔とキスをする前に (ディアプラスコミックス)
(2008/09/30)
神楽坂 はん子

商品詳細を見る


新刊の『ひとつやね』を買おうと思いながらも、これを見つけたので先に読みました。

ラスト泣いてしまった……。
久しぶりだな、こんな読後感。
二人の過ごした時間を、読んでる私も共有してきての、あのラスト。余韻がありました。

フリーライターの攻とジャーナリスト志望の受。
二人は16才の時一度火事現場で出会っていて、数年後に偶然会います。
体の関係はあって一緒に住んでいるのに、あまり恋人っぽくない。
「好きだ」っていうのも、そんな付き合いを始めて何年も経ってからなんです。
そういう言葉がなくても、お互いが大切で。
けれども自分らしくある為には仕事も必要で。

時間の流れと共に、結構な事件に巻き込まれて受が命を狙われたりします。
でも静かなんです、印象が。淡々と過ぎていく感じ。
これが神楽坂さんの個性なのかな? まだ、一冊目なんだよねー…。
そして静かにラストまで進んでいって、攻の言葉の「運命って信じる?」。
私は、また最初から読み返していました……。


同時収録の『この美しい世界に』。
受の若い頃の話で、ヤクザの攻と出会って別れる話です。
これもねー、すごく良かった。じーんときました。
雪が降る中の別れの場面は、まるで映画を観ているようでした。
二人のつらさが伝わって特に攻の、本当に受を大事に想っていた愛情が伝わった。
じわじわと余韻にひたりました。
こんな風に大の男が別れを惜しんで泣く姿って、大好きです。

絵柄や雰囲気が地味かもしれない。けれどドロドロしてもいい話をこんな風に、
抑えてシンプルに描くからこそ伝わるのかもしれない……。それってすごいと思う。
私は好きなお話です。
他の本も読んでみます!



 
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
マッドシンデレラ (ミリオンコミックス  Hertz Series 95)マッドシンデレラ (ミリオンコミックス Hertz Series 95)
(2011/02/14)
山本 小鉄子

商品詳細を見る


本屋でお名前はよく見ていましたが、初読みです。
『小鉄』って字を見ると、『やじきた』に出てた長髪の忍者みたいな人を思い出します。
黒髪の彼は小鉄って名前だった、よ、ね……?

ま、いいか。
これ、面白かったですー! ぱらっと見ただけで即買ってしまった。
ブクオフとか中古だと、あの場で立ち読み出来なくて。家でゆっくりコーヒー入れて読みたい。
単に落ち着かないだけなのですが。
んで、これは家が隣の幼馴染で片や財閥の次男坊、片や家が貧しい勤労学生。
こういう設定って面白いですね。攻が金持ちなんですけど、性格もいいし容姿もいい。
受の学生は可愛いけど、ちゃんと男らしいです。可愛いだけじゃない。

中学生の時攻から「結婚してくれ」と言われ、誓いのキスまでしてしまう。
攻はアメリカ留学に行って、三年後帰ってきます。
すっかり格好良くなった攻に、ドキドキする受が可愛いんです。
自分で思ってた以上に、彼を好きになってるんですね。
一緒の下宿に住むことになって、夜中に攻の部屋に行く。そんな積極的なとこもあって、
良いんです~、真っ赤になってさ。

あとアメリカから攻を追いかけてきたフランス人や、下宿の学生や大家さんだの
なんかバタバタしてんだけど、二人の今後が気になります。
いつになったら二人は、ちゃんとHできるのか(笑)。

これ、連載しているのかな?
続きが出たら買います!  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
急に朝が寒くて、うっかり?またもや?風邪引いて薬飲んだり、
いつもの気持ち悪さを誤魔化しながら、友人と遊んだ2日間でした。

とにかく、私の運転だから事故に遭ったら大変。
朝八時出て、夜八時に帰ってきて、400キロぐらいか? 
一人でこの距離を運転したのは初めて。
ずっと緊張してたから、家帰ったら吐き気まで。どんだけ弱いんだ自分?!

秋の富良野です。
青い池

秋の富良野
でも綺麗な山や自然が見れて、良かったです。

こんな中でしたが、SS-Partyにはどうにか間に合って送れました。
『コスプレ』って初めて書いた。お題と字数制限あるのって、勉強になります。

来週明けにはすぐ郵送しないと! 明日印刷できるかな~。

9/19 『黄昏小説家』『ひとりごつ 再び』『俺が地球を救う』
   『うちの子がご迷惑をかけます。』
9/20 『俺が地球を救う』

に拍手とコメントいただきました。ありがとうございます!
今さらですが私ん中では、マスコさんと神楽坂はん子さんが旬です。  

 

 

 

 
嗤う伊右衛門嗤う伊右衛門
(1997/06)
京極 夏彦

商品詳細を見る


「お気に入り」に入れた、BLのビーもない小説…^ ^;。
でもね、好きなんですよ~。
「泣く」って言う雰囲気ないんです。むしろ重くて昏くて、ページからも闇が感じられる。
映画にもなってDVD観たんですけど、あんなに画面真っ暗でいいの? って言うぐらい暗かった。
画面も話も。

京極さんの作品の中でもこれは好きで、友達に勧めたら
「う~ん」て言われた。ごめんねって謝りましたが…。

初読みの衝撃って、どうしてこんなに記憶にあるんだろう。
この作品もそうでした。
ほんとにラストの1行、あんな短い1行で涙腺は決壊。まんまと泣いた。

こんな恋の話は、そうないんじゃないでしょうか。
有名な『四谷怪談』をベースにした悲恋の物語です。
一般的には、婿に入った伊右衛門が岩を疎んで殺して、その恨みを買って死ぬ……。
って筋書きだったと思うけど。
この作品は、泉鏡花賞を受賞してます。

また長くなったので続きます。  

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
俺が世界を救う (バンブーコミックス 麗人セレクション)俺が世界を救う (バンブーコミックス 麗人セレクション)
(2011/05/27)
吉池 マスコ

商品詳細を見る


や、やばい。
いや別にやばくはないんですが、遅ればせながらマスコさんブーム到来です。
他の本も集めなくては!
そもそも先日の、『黄昏小説家』を買った店にこの本もあったんだけど。
ぱらっと見たものの結局やめて、『黄昏~』を買ったんですね。

そんでまたその店に出かけて、この本買いました。こんな二度手間、しょっちゅうです!(自慢)
BLの為なら労力を惜しまない自分、いいね!!(もっと自慢)
ほんとにマスコさん、面白いわ~。

これは子供の姿をした、二人組みの神様なのかな? 
地球を狙う悪い宇宙人を倒す為に、その子供達がスカウトした地球人を使って、
宇宙人を倒すんですけど…。
スカウトした地球人はキラー精子の持ち主で、キラー精子は悪宇宙人の体内に入ると、
(ばこばこやってます…)悪い部分を食べてしまうそうです。
そんで普通の宇宙人に戻る。
ここまで書いて読み返すと、ほんとギャグだよね、こういう設定(笑)。

ギャグでも面白くても、ちゃんと恋愛があります。
2組の地球人×宇宙人のカップルの話はどれも良かったのですが。
前後編の、悪宇宙人のリーダーの話も良かったです。

自分の弟が地球人と恋人になってしまって、仕事もなく借金を体で返してと言う
社長の元に引き取られる。
家事や掃除で借金を返すように言われ、乱暴で口悪いけど彼なりに頑張るんです。
社長の好みのおかずを作ろうと、料理本読んだりして。
プライド高いだけのマッチョ受…。なのに可愛いんだもん。いや~、良かった~。
この妙に包容力ある社長の正体を知ると……、納得です。

あとバツイチおっさんガテン攻と、可愛い2回り若い年下受の話も
可愛いかったな~。
外見や年を気にして、自分なんかでいいのかと気にする攻。
なんで自分なんかと付き合ってくれるんだろう、って。
こうやって悩む姿を見ると、“恋”だなぁって思います。
みっともなくても悩んだり後悔したり、何歳なったって恋したらそうなりますよね。

地位やお金や容姿等何でも揃った攻よりも、私はこういう攻の方がほっとします。


9/16 『ひとりごつ 再び』『黄昏小説家』『SUPER LOVERS1、2、3』
9/17 『うちの子がご迷惑かけます。』

に拍手いただきました。いつもありがとうございます  
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
うちの子がご迷惑かけます。 (ショコラコミックス)うちの子がご迷惑かけます。 (ショコラコミックス)
(2011/08/30)
山田 まりお

商品詳細を見る


表紙出ないなー。

山田まりおさん、初読みです。
私の中では山田ユギさんの本の中で、書き下ろしのマンガを描かれてたイメージがあって。
そん時も何だったかなー、面白くて笑ったんですよ。

んでこの本読んだら、すごい面白かったー!
アパレル関係24才×コブ付きサラリーマン28才。部屋が隣同士です。

だいたいリーマンの子供・英樹5才が、面白すぎる~!
隣の部屋に勝手に入って、菓子を食い散らかし、壁に落書きする。
さらにトイレまで借りて…。
歯が抜けて、英樹が「ストレスかな?」って。
父親はすかさず「お前にそんなものあってたまるか」とつっこむ。
親子のやりとりが既に笑えます。

受のリーマンが綺麗な顔しているのに、子供に怒鳴って怒るし、
攻へも「お前」と呼んだり、でもエロい時はすんごい可愛いし、
私の中では結構ギャップあって。それすらもきゅんとなってしまった。
うーん、私すっかり攻目線だな…。

この攻も面白いんだよな~。
実は面倒見良いし、真面目なんですね。チンピラ呼ばわりされてるけど(笑)。
受が子育てと仕事の両立で無理して、イライラしてるのも気付いてる。
鋭いし気が回るんですね。だから受が望む言葉を言える。それって受への愛だよね…。

下の階の英樹の友達・和くんや、和くんの父親のヤクザも絡んできて、
賑やかだけどちゃんと二人の恋愛が描かれています。
BLの家族物、何冊か読んだ気がするけど(でもタイトル今は浮かばない!)
一番好きかもしれない。面白かったです!

ピラメキ体操とか、歯の妖精さんへのプレゼントの謎のキャラとか、
あ~文章で説明できないのが悔しいー…。  
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
黄昏小説家 (ショコラコミックス)黄昏小説家 (ショコラコミックス)
(2011/08/30)
吉池 マスコ

商品詳細を見る


去年初めて『永遠のボーイフレンド』を読んだ時、えらく泣いたんです。
本当に良い話でした。感想書かなきゃ。

それ以来、2冊目です。
好き嫌いが別れるのかなー、と思いました。新しい恋が始まる予感のする所で終わっているので。
私はそういう終わり方、嫌いじゃないです。
きっと時間はすごくかかるだろうけど、多分二人は大丈夫だと思えました。

台詞に笑ったり、台詞以外の細かい所も笑ったり、
じーんとしたりできて好きな作家さんです。
なのに、まだ2冊しか読んでない…。
いや、他のも読みます!

続きます…。

 

>>>Read more

テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
猛暑日が続いてますねー…。

今日はこっちも29度まで上がるそうで、すでに蒸し暑いし気持ち悪いです。
皆様も水分は十分とって、熱中症には気をつけて下さいね。

Bプリ用の短篇も、メドがついてきました。読み返す度に「雰囲気小説だな……」と
がっかりするんですが、今の私にはこう書くしかできなかった、ということで納得させてます。
次は今までの書き方から、もっと書きやすい方法を探してみよう、と思ってるとこです。

お邪魔してるブログ様からの情報で、テキストエディタが気になってます。
週末は電気屋に行ってみようかな。
ダンナに試しに「知ってる?」と訊いたら、無視されました。ちっ。
あと、ミニPCも見てこよう。
なけなしの虎の子で、自分用を買おうかどうか迷い中…。

来週に地元の友人が、休みを取って遊びに来てくれます。
3日間私は、執事兼運転手。
リクエストの「北海道らしい景色が見たい」に応えて、富良野に行ってきます。
うちの近所も畑ばかりで、十分北海道らしいけどね…(笑)。

彼女へのお土産の一つ。↓↓↓↓
ふきん

初めて行った雑貨屋さんで見つけました。
北海道ならではの絵柄で可愛い! 蚊帳を使ってるふきんは私も使ってるけど、
水分吸収しやすくて気に入ってます。


さてこれから、SS-Partyの『コスプレ』を書きます。
間に合わせたい! 間に合うか?? 初めての挑戦です…。
今は書くしかない、本当にこれだけになってきました。


9/13 『とりあえず…』 『ひとりごつ』 『逃げるなら今だ』
9/14 『のはらのはらの』 『卒業アルバム』
9/15 『逃げるなら今だ』 『奥津城村の愉快葬』

に拍手いただきました。どうもありがとうございました!  
テーマ * 雑記 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
SUPER LOVERS 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)SUPER LOVERS 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)
(2010/07/31)
あべ 美幸

商品詳細を見る

SUPER LOVERS 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)SUPER LOVERS 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)
(2010/12/01)
あべ 美幸

商品詳細を見る

SUPER LOVERS 第3巻 (あすかコミックスCL-DX)SUPER LOVERS 第3巻 (あすかコミックスCL-DX)
(2011/07/01)
あべ 美幸

商品詳細を見る


いきなり2巻から読んでしまうという、変な読み方してしまいましたが、
表紙の受の子の第一印象が覆されました。

前から本屋で見かけていたのですが。
やっぱり私は顔が可愛い女の子のような受は、ちょっと躊躇してて…。
でもでも食わず嫌い、克服です。
この零(れん)は外見はそうだけど、中身は全然違ってました。
1巻の印象で言うなら、人間に懐かない野生の狼のような…。
そのまんま過ぎる(笑)。確かにほんとに懐かなかったんです、晴(はる)以外は。

その1巻で零の義理の兄・晴の両親が事故で亡くなって。
いやー、1巻の展開早いのにびっくりした。
零が高校に入学する為カナダから帰国して、晴と晴の双子の弟・嗣麻(しま)と亜樹の
4人で暮らすようになります。
双子以外は血が繋がってない4人兄弟です。

零の晴に対する気持ちは、初めから決まってんですよね。
それが少しずつ現れて、零自身が成長していく感じです。
これからどんな風に、二人は恋人になっていくのか。もう両思いなんだよね…? 
展開がゆっくりでも、全然気にならないです。
いや、ゆっくりの方が良いですね。零のまだ分からない過去のこともあるし…。

あと私は、双子が気になるんですよね~。
彼らは実の双子だけど、お互いすごく気にしてる。
この二人の展開も非常に! 気になります。

続きが楽しみな本が増えました。
あべさんの他の作品も、読んでみようと思ってます~。






 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
卒業アルバム

届いてすぐに写真撮ってしまった。光って見えにくいですね、すみません。
この帯の言葉、“まじめに、ゆっくり、恋をした”ってすごく良いです。

佐条と草壁を見ていると、泣きそうになります。もしくは泣きたくなる。
そんな二人って今までいただろうか、いやいない(反語)。
私にとって、理想の恋人同士なのかなー……。

うまく言えませんが、この二人は“綺麗”な気がします。
私なんかがとっくに失くしてしまった、何か綺麗なものがこの二人にはある気がします。
それが羨ましくて淋しいのと、そんな二人が見れて嬉しいのと、
ごちゃ混ぜな感じなのかな。
マンガの人物なのに、本気で語っている自分が怖い今日この頃…。

原作読んだ時ラストが近づくにつれて、「終わってほしくない」と
思いながら読んでました。
終わると淋しくなって、また初めから読み返す。そんなことを何回もしてました。


やばい、長くなりそうなので続きます…。って、いつもか。
 

>>>Read more

テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
初稿と言っていいのか二稿と言っていいのか、イマイチ分かんないんですが(えー!)。
とりあえず書いていたBプリ用の短篇、16Pしかならなかったけど
最後まで流れは書けました。

あとは少し時間をあけて、何度か読み返して足りないとこ修正して印刷へ。
自分でも早すぎて、気持ち悪い! 
何か大きなことをすっ飛ばして、終わった気になってんじゃないか?!
と、自分が信じられないです(笑)。

昨日家事を適当に片付けて、PCに向かってたら降ってきたのか、とり憑かれたのか。
気になってた箇所がスムーズに進んで、ラストもこれでいい! と。もう仕方ないよ! と。
なんか、投げやりだなー……(笑)。
でも30Pまでなのに16Pじゃ、少なすぎかな。加えるか? うーん……。
ずっと書いてみたかった、兄弟ものです。


私はちょーアナログな書き方してまして。
ノートにひたすら書きなぐってました。そんでPCに向かうのは何となく“清書”のイメージだったんです。
そのノートも2、3個の話が書いてあるから、探すのに苦労する。
でも7月に送ったショ○ラ様用のは、枚数あったからノートを見ながら入力がえらい面倒で!
その時からネタを考える時点でも、PC使うようにしました。つーかwordなんですが…。
なんか、どうにかしたい。


以下に、頂いた拍手コメントのお返事続いています。
いつもありがとうございます!

 

>>>Read more

テーマ * BL小説書きの日記 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
逃げるなら今だ (花音コミックス)逃げるなら今だ (花音コミックス)
(2011/08/29)
千葉リョウコ

商品詳細を見る


千葉さんの新刊、楽しみにしてました。
しかも帯には、“ガテン攻×ツンデレ攻”って何、何~?!
と、喜んで読み始めました。

相変わらずのすっとした絵柄は大好きなんですが、ちと“ガテン攻”が気になって…。
いきなりキスされて実年齢26歳のガテン攻を、「クソオヤジ」って怒鳴るんだけど
オヤジに見えないんですよね、私には…。だって26歳だし…。
も少しガッチリしてたら、良かったのかな~。
でもとりあえず受に甘んじてる“ツンデレ攻”が、「…抱きたい」つった時はきゅんとしました!
ガテン攻も、きゅんってなってたけど(笑)。
これリバでも私は、全然良かったな~。花音さんは難しいのかな…。

同時収録の『さくらさくら』。
主役の受は、表題作の受の元恋人でした。書き下ろしでちらっと出てきましたね。
でもでも、昼間に構内の桜の木の下でエッチはちょっと……。
誰かに見られてんじゃないかって、オバサンひやしやしたよ、もう。

『僕が彼を理解する方法』
この話が一番好きでした。
中学ん時振られて苦い思い出になっている相手と、会社で再会する話。
ちょっと強引で、独占欲強い攻が好きでした。自分の気持ちを正直にぶつけて、ちゃんと謝れるところも。
一途に攻を想っていて、受も相当可愛いです。
二人とも九年間忘れられなくて、初恋が実ったお話でした。




 

 

 

 

 
やっと昨日届いた名瀬さんの『最恐教師』読んでます。面白かった!
最初は目が大きくて可愛い受の多い名瀬さんは、読んでなかったんです。合わないなーって思って。
でも偶々読んだら、すごく良くて。
食わず嫌いは、ほんともったいないです。
私はこの自分の思い込みで、何度良い作品をスルーしてきたことか。
みすみす素晴らしい作品を読むチャンスを潰してきました(大げさ?)。もったいないよ~。

最近はあべ美幸さんの、『SUPER LOVERS』の二巻だけ読んで。
すごい気になってます。早く他の巻読まなくては!

以下に、長い独り言続いてます。
お時間あったら、覗いてみて下さい…。


9/9 『結果です』 『少しずつですが』
9/10 『少しずつですが』 『イルミナシオン』
9/11 『背徳のマリア 上』 『イルミナシオン』 『結果です』 『奥津城村の愉快葬』

に拍手とコメントいただきました。ありがとうございます!
コメントのお返事は後ほどさせて下さい。
いつも励みになっています  

>>>Read more

テーマ * 雑記 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
奥津城村の愉快葬 (ミリオンコミックス  Hertz Series 107)奥津城村の愉快葬 (ミリオンコミックス Hertz Series 107)
(2011/09/01)
池 玲文

商品詳細を見る


新刊出るとやっぱり買ってしまいます、池さん。
07年からの短篇集です。

獣の耳ついてる子と年上の警官、従兄弟同士、同級生同士、など色んなカップルがいました。
シリアス系というより、可愛い感じかな。

表題作は、33歳になると生前葬をするしきたりがある村が舞台。
従兄弟が生前葬をするので、18歳以来に帰省する主人公。
帰らなかったのは、その従兄弟のことがずっと好きだったから。
でも実は、従兄弟も主人公のことをずっと好きで…。
お互いが一歩先に進めなかったんですね。

自分の片思いだったし、従兄弟は自分を何とも思っていない。
なんて思い込んでて、いじらしかったです。
従兄弟が主人公の部屋に泊まりに来て、帰りに駅で見送る時に恥ずかしがって素直に
なれなかった主人公が、ちゃんと本音を語っていたのが良かったです。
書き下ろしのバカップルぶりも可愛かったです。


獣の耳ついてる子の話。すんごい田舎の村に赴任した若い警官。
その村の村長の奥さんて、狐(?)の女なんですね。
んで一人息子が、この獣耳の男の子。
この子が結構、警官に対して積極的なんですが。

池さんのブログで、この子が成長したら攻になるかも…、というようなことが書いてありました。
すっごい読みたいと思った!! 大人になったら、いい男になってそう~。
そう、ちょっと受っぽいんだよ、この警官。
いやー、すとんと腑に落ちました(笑)。







 
テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
紛らわしいタイトルですが…、清水玲子さんの『秘密』のことです。

この前「メロディ」を立ち読みして、どこまで進んでんだろうと思ったら
薪さん!えらいことになってたー!
単行本で読んでたので、今は9巻までです。

秘密(トップ・シークレット) 9 (ジェッツコミックス)秘密(トップ・シークレット) 9 (ジェッツコミックス)
(2011/02/28)
清水 玲子

商品詳細を見る


私が続き気になって買っている少女マンガって、この『秘密』と『大奥』だけかな~。
もう泣いたなー…。子供の話とか、第9に入った新人の女の子の話とか。
グロいのもあるけど絵が綺麗なので、むしろ芸術品のような…。あれとかこれとか。

母の知り合いで80代の女性がいます。
この方がマンガ大好きで。母の手持ちは読破し、私も昔読んで実家にあるマンガを貸したりして。
もちろん『秘密』も貸しました。
感想は「時々あれだったけど、面白かった」とのこと。。
このお祖母さんも『空のオルガン』絶賛してました。昭和初期をリアルに体験していた方なら、
色々思うところもあったのかもしれない…。

そんでもう、少女マンガは在庫切れ。あとは私は、BLしかないし!!
なんで、とりあえずよしながさんの『アンティーク』を、貸そうかなと思ってます。
これは初心者向けよね?? と私は思うんだけど…。
うーん、でもチューぐらいしてたかな? 忘れた。
80代に男同士のキスは、体に悪いかも??

薪さんファンなので、薪さんの心からの笑顔が見たい。
けど第9の有能なんだか無能なんだかあの部下達とか、鈍ーい青木にたまにイラつきながら、
薪さんの幸せを願ってます。
自由になるお金があったら、自分で本出そうかと思った(笑)。幸せな薪さんの話で。

 

 

 

 

 
イルミナシオン (mellow mellow COMICS)イルミナシオン (mellow mellow COMICS)
(2008/08/27)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


前に三浦しをんさんのエッセイ、はまって読んでいたことがあって。

読んだ方はご存知だと思いますが、すごいぶっちゃけてますよね、BL好きを。
弟さんと友人の関係をアヤシイ目で見てたり、コミケに行った話だったり、
何日も前の煮物食って腹壊した話だったり。
最初は驚いたけど、慣れてくるとそういうあけっぴろげな所が面白くて。
作家さんだけあって文章も上手い。

そんでそのエッセイん中で、西田さんを絶賛してました。
あとこの本が大好きだとも、書いてありました。

5つの話と書き下ろしの短編集。どれも好きな話です。
以下に続きます。
またいつものように長文です…。
でも、一文は短くしました! 『結果です』参照…。   

>>>Read more

テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
犬と鳥と約束の丘 (POE BACKS オリジナルBLコミックス)犬と鳥と約束の丘 (POE BACKS オリジナルBLコミックス)
(2011/03/24)
山田 ロック

商品詳細を見る


初めての作家さん。
チラ見してみたら絵がはっきりして、黒目がちが好みだったので買ってみました。

6つの短篇集で、全部同人誌発表のようです。
「擬人化」って読んだことないんですよ。なんか、ファンタジーって気がした。
あまりファンタジーは読まないですが、BLは別ですね(笑)。

表題作はカラスと犬の話。
怪我したカラスは、助けてもらった動物病院で飼われている犬と出会います。
カラスと飼い犬それぞれの立場や事情があって、それが二人(二匹?)の想いを募らせていきます。
カラスは死んでも、仲間に食われるから土に還らない。
それが淋しいし、孤独だって告げます。
そしたら犬が、約束の丘に作った自分のお墓に一緒に入ろう、って言う。
このやりとりがきゅんとなりました。

擬人化は表題作と蜂の話の二編なんですが、特に表題作は可愛い中にも
切なくなったりして、すごく良かったです。

あと喫茶店で再会する24才×28才(に見えない超童顔)の話や、
図書室の主と言われる先輩×野球部員の後輩の話も、
恋の始まりって感じで可愛い話でした。  

 

 

 

 
ここんとこ沈んでいましたが、切り替えてそろそろとやります!

印刷や郵送の日数を余裕もたせて、26日に自分の締切を設定しました。
そんでBプリ様への投稿は短篇2本へ変更。
長編は諦めました。ちょっと寝かします。
1本は終わっているので、新しい話のプロットを考えてました。
プロットと言っていいのかな?? ただひたすら箇条書きにして4つに分けただけ(汗)。
まだまだ「起」を書き始めたばっかですが、26日まではもがいていきます。
エロなしなんだけどどうなんだろう、と若干不安…。

いつ届くか分からないけど、花○様の批評シートも心を無にして待ちます。
活かせるようにしたい…、ほんとに。
でも良いこと一つも書いてなかったら、ショックだろうなぁ~。
いや書いてないからE+なんだよね~、今気付いてどうする。
今のとこ、「一文は短く、キャラは似ないように」を反芻してます。



9/7 『結果です』
9/8 『結果です』 『のはらのはらの』
 に拍手いただきました。ありがとうございます!
特に『結果です』にいただいて、本当に嬉しかったです…。


以下、拍手コメントのお返事させていただいてます。  

>>>Read more

テーマ * BL小説書きの日記 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
のはらのはらの (ミリオンコミックス)のはらのはらの (ミリオンコミックス)
(2003/09/01)
雁 須磨子

商品詳細を見る


須磨子さんも大好きな作家さんです。
10年以上前に初めて読んだ、これ↓↓↓↓

いちごが好きでもあかならとまれ。 (バーズコミックス ルチルコレクション)いちごが好きでもあかならとまれ。 (バーズコミックス ルチルコレクション)
(2004/03/24)
雁 須磨子

商品詳細を見る

このルチルじゃない、違うところから出版されてたヤツです、当時持ってたのは。
どこにでもいそうな地方の高校生の、友情の延長のような恋がぎこちなくて
それがいとおしくて、すごく良かったです。
当時、Hが激しく重い同人誌を結構読んでいた私は(さらっと告白したな)、
須磨子さんに初々しい恋を教えてもらいました…(遠い目)。

『のはらのはらの』も、地方の高校生の先輩と後輩の話です。
そして先輩受…。しかも先輩の方が背は高いし力もある。なのに受なんです!
はぁ、好きだなー。ほんと、いいんだよな~。
先輩の友達がかなり良い味だしてます。吉井がもう最高ー。

続きます…。
 

>>>Read more

テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
やっと今日出かけて、花○様の結果を確認しました。
取り急ぎの報告です。「そんなの知りたくない!」って方にはごめんなさいです。
ここで晒して喝を入れたいので、おつきあい頂けると嬉しいです。
ネットで注文したのは多分、届くのは週末か週明けになるだろうから、もう堂々と立ち読み。


『 E+ 』でした。
んで、2行の批評ですが、ちゃんと見たのにもううろ覚えだ(笑)。

○ 一文が長く分かりにくい、意味不明になるので注意。
  !?のあとは一字あける。
  キャラが似ていて面白みがない          

でした…。多分。すごいね、そっかー、似ていて面白みないか~(はんすう)。
やっぱり自分じゃ分からないって、こういうことなんだ。
当然別人で書いていたけど、第三者の視点だと似ているのかー…。

Bプリ様用のは、見直します。
キャラはしょうがないけど、せめて一文は短くしよう、うん。
ブログの文章も長いですよね、私。こういうことか…。

Eランクの目安だったかな? 「努力しないとだめ」みたいなランクなんだよね、確か。
ふふ、笑いが出ちゃった(笑)。歯に衣着せなさすぎー。
じゃあ、努力するしかないよね~!
もう一つ上に上がれるように、書くしかないよな~!
まだ浮上しないけど、今も気持ち悪いけど、水面下でこそこそやります!!



9/5 『沈んでる』 『午前五時のシンデレラ』
に拍手頂きました。ありがとうございます

先日のグチに、温かなコメントもありがとうございました!
後ほどお返事させて頂きます。

こんなヤツですが、今後もよろしくお願いいたします…(ぺこり)。


 
テーマ * BL小説書きの日記 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
背徳のマリア 上 (ガッシュ文庫)背徳のマリア 上 (ガッシュ文庫)
(2011/05/28)
綺月 陣

商品詳細を見る


まだ綺月さんの本を読んでない時に、本屋で見かけて思わず手に取ったことあります。
この表紙、すごい綺麗です。
子供を生めない男が赤子を抱いて、身に纏った黒い衣裳。

『罪と罰の間』を読んですぐに、これも読み始めたのですが、なんかもう
読んでてずーんときました。

この表題作のでなくて、収録されている話の方が私は重かった…。
いや表題作も十分、ショックなんだけどさ…。

『人魚の歌が聞こえる』
内容もすごいけど、そこまでして一人の男から愛されたい、愛したいって気持ちがすごすぎて。
執着?偏執? こういう言葉とも違う気もする。
好きすぎて諦めようとしたのに、結局攻の一言で自分の人生を180度変えてしまう受。

「いや、まさかね~」と読みながら疑問を持つんだけど、
その疑問が正解だった時、「あ…そうなんだ…」て何とも言えない気分になりました。
うまく言えないけど、そこまでするのか? つー自分と、
もう仕方ないよね、って納得している自分がいました。
書き下ろしがあるのですがそれ最後に読むと、そうするしかなかったのかなって思わざるをえない。
攻を誰かに奪われることは死に等しいと、攻を失う恐怖心が大きくなりすぎて
壊れそうになっていく受。
「愛しい人は、少しばかり鈍感な方がいい」って言葉が悲しかった。

綺月さんのデビュー作だそうですね。
こんな話が書けるなんて、すごいな…。

まだ、下は読んでないです。
『背徳のマリア』に出てくる主人公の弟が、他の作品でも出てるんですね。
ヤクザ御用達みたいな医者になってました、随分成長してましたが。
それでちょっと知っちゃってさ~。あー、あの兄さんとうとう…、なんて思ったものだから。
しんどそうなので、もうちょっと元気な時に読みます。  
テーマ * BL小説感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる