FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
きみにあげる。 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 34)きみにあげる。 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 34)
(2010/01/30)
槇 えびし

商品詳細を見る

タイトルいいなぁ~。こういうの好きです。
結構前に読んだせいか、濃淡の美しい表紙と、白黒の対比がとても綺麗で好きな絵柄だなぁ、という印象しか残ってなくて。
内容がすぐに思い出せませんでした、がっかり…。

最近この2冊を読んだので、読み返しました。
天地明察(1) (アフタヌーンKC)天地明察(1) (アフタヌーンKC)
(2011/09/23)
槇 えびし

商品詳細を見る

天地明察(2) (アフタヌーンKC)天地明察(2) (アフタヌーンKC)
(2012/03/23)
槇 えびし

商品詳細を見る

映画観る前に読んでおこうと思ったけど、でも小説は未読です。でもこちらで充分って思った。
知らない世界だし、数学嫌いだけど、主人公が魅力的です~。
あと、まだ顔の出てこない関さん! つい腐フィルターかけて読んじゃったから、
関さん←春海のすれ違いっぷりがいいです。 もっと片思いしていて欲しい!
純粋なファンの方には、ホント申し訳ないです…。
でもでも道策は、春海に片思いしてるとしか思えなかったよ~。

んで、『きみにあげる。』です。
台風の夜、元ヤクザの受が営む中国茶の喫茶店に、がやってきます。
攻は元恋人の借金を負わされて、取立屋から逃げて、たまたまこの店に入った。
受は静かな口調で濡れた攻を労り、「あそこの座席を君にあげる」と言う。
パンダの座布団が置かれた席の一角に座って、攻はこっそり泣きます。
煎れてもらったお茶は美味しく、裏切られ傷ついていた攻には心から安心できました。

従業員として攻は働くことになり、受の世話係だという長髪の律(ほんと男前!)にビビりながらも、一緒に生活していきます。そして華奢で垂れ目の美形な受に、ゲイの攻は惹かれていく。

受は贖罪として、この場所で他者と関わらず生きている。
それは自分の異母兄の罪を償うため。
この異母兄、出番はちょっと少なかったけど、彼も可哀想でした。
彼の行き過ぎた愛情は受の願いを叶えることになって、受はそんな異母兄に抱かれることしか出来なかった。
この二人の過去の話、もっと読んでみたかったな~。
シャボン玉が自由の象徴で、最終話の表紙は切なく見えました。

攻は借金背負ったままでも、受を好きになっている現在が大事だと思ってます。
自分は諦めたり逃げたりばかりだと言うけど、前向きになってます。
受も攻も優しい人だな…。

過去も未来も 心もカラダも全部 君にあげる。
いい台詞だなぁ…。
居場所だけでなく、人生も本当に自分の全部、あげてもいい攻と出会えて良かった。
読んでるこっちもそう思いました。


朱黒の仁 1 (単行本コミックス)朱黒の仁 1 (単行本コミックス)
(2012/06/20)
槇 えびし

商品詳細を見る

これも気になる~。ほんと、美しい絵です…。
スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
ひみつのセフレちゃん~恋人編~ (シトロンコミックス)ひみつのセフレちゃん~恋人編~ (シトロンコミックス)
(2012/06/27)
ヤマヲミ

商品詳細を見る

「ひみつのEROセット」という、CDとこの新刊と小冊子が付いたセットで購入しました。

前作から恋人になった二人の「恋人編」が3話、読み切りが5話もあって、
描き下ろしの『ひみつの童貞くん』も収録されてて、たくさん読めて嬉しいー!

この二人、見てるだけで幸せです。
揺るがないのが分かってるからかな、安心感あるんですよね。

セフレなんて言ってたけど、ものすごく真剣にお互いを想っていて、
年齢差も、サラリーマンとアイドルという職種(?)の違いも、
性別も乗り越えて成就させたのが前作でした。

ちなみに前作の感想は → 「ひみつのセフレちゃん」 

またまた長くなったので、たたみました~。  

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
エロとろ (シトロンコミックス)エロとろ (シトロンコミックス)
(2012/06/25)
不明

商品詳細を見る

やっと、届いたー!
好きな作家さんの続きが目当てでしたが、何となしに読んだ作家さんがすごく面白かった。
これから他の雑誌や、コミックス出たらチェックしようと思います。
こういう出会いって、面白いです。いくつかの感想書いてますー。

『Toyed』 阿仁谷ユイジ
最初から最後まで、場所変えながらやりまくってます(笑)。
受とH以外のデートもしたいと思っている攻。
付き合ってる期間がもう1年経ってるのに、まだ3週間なんて言って、
受に飽きられるのを恐がってる攻です。受のこと好きすぎだよ~!
エロけれども、ただエロいだけじゃないお話でした。変な日本語だ…。

『Love or Kick!』 峰島なわこ
面白かった~! 
黒髪短髪メガネ受が、もう可愛いんですよ、じらされて、不安がって。
脚フェチな攻は自分の脚しか興味なくて、東京で浮気してるんじゃないかと
涙ぐんじゃうのなんてもう、可愛いんだ! そしてふくらはぎの内側に悶える受!!
…ウザイな私。
攻は受に正面から「好き」と言えなくて、「やだ!」と赤くなってんのも、か、可愛い…。
峰島さん、もっと読みたいです。

『僕はあなたに恋をする』 市川けい
あー、待ってました! 丸ごと読めた~。『スロースターター』では読めなかった
エロもあったし、前に記事で書きましたが、黒髪長髪年上受なんですよ!
中途採用の攻の教育係だから、受の立場は上だから態度も言葉遣いもそれなりです。

テーマの『年下敬語攻』は元々好物だけど、エロの最中に苗字連呼すんのも、
色白(多分)な受が耳真っ赤になって恥ずかしがってんのも、萌える!
攻はゲイなんですが、出会った時から受が好きだったのね。
そんで受も憎からず思ってたのね。
あー、もう全部好きだ。なんだこの感想…。スミマセン…。

『Red Hot Sweet』 やまねむさし
初めての作家さんなんですが、面白かった~。
ゲイカップルで同棲してて、甘党な攻と辛党な受。受はおっさんでフリーターで
だらしないけど、なんだか好きな受でした。
性格反対っぽいけど、何だかんだでうまくいってる二人だなぁと思った。
裸エプロン、ここでも読めるなんて…(笑)

『ひみつのセフレちゃん』 ヤマヲミ
コースケさんが、ベッドで裸待機…(笑)。
「嫉妬」がテーマです。ドラマでトモとキスする女優に嫉妬したんだよね?
仕事だと割り切れてなくて、トモを独り占めしたいコースケさん。
変わったよね…、ほんとに(涙)。コースケさんの足の指が丸くなるのが好きだ。
『恋人編』も早速読みましたが、大好きなCPです。

『キミシグレ』 蛇龍どくろ
こっちが受だったらいいな~、と思ってた通りで嬉しかったです(笑)。
目玉舐めるシーンって、このお話で二つ目…。ひっっさしぶりに見た。
シトロンでもこの二人が読めるそうなので、楽しみー!

『クロニック』 カシオ
高校生☓塾の講師。んで受は吸血鬼です。
血を飲む行為と性行為のエロさ、それ以上に受が純粋なんだと思いました。
攻が死んだと思って、泣きじゃくるなんてさ。
自分の血と交換条件みたいにしていた攻が、受を失って心の痛みを知ります。
あー、いつものことながら、上手く言えないなー。
ラストが良かったです。希望がありました。

仁茂田さんの『ジョーキョー物語』は、方言の地味な受が可愛かったです。
ゆき林檎さんの『その嘘は口ほどに真実を』は、特に攻のギャップが良かった。
三角社ぴえさんの『御昼下がりの華の君』は、庭師と子爵の少年の主従関係。
すんごい個性派ですね。
磯野フナさんの『青天井のキリング・ジョーク』は、体から始まった好奇心が
テーマの「思春期」ってことなのかな~。

最後、一番萌えるエロエピソードという質問に先生方が答えてます。
もう~、すんごい分かる!! 心ん中で大きく頷きながら読んでました。

6/17 『爪先に光路図』 『拍手コメのお返事』
6/18 『最後のテロリスト(1)』 6/19 『最後のテロリスト(1)』 『高3限定 1』
6/20 『高3限定 1』 6/21 『拍手コメのお返事。』 6/22 『心乱される』
6/24 『左近の桜』 『心乱される』

に拍手とコメを、いつもいつもありがとうございます…。
励みにさせていただいています!  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
本屋に中々行けなくて、やっと昨日ディア様の結果を見ました。

一次でした。前は、と言っても1年半位前に送った時は二次でした。
ひどいな…、私はその間何をやってたんだ。
上がるならまだしも、下がるってさー…。

今月具合悪かったり、私の都合でPCに向かえずあまり進んでいません…。
そんな時の結果だったので、当然な気もしてしまう。これじゃ駄目だって。

自分の中で“書く”姿勢がちょっと、上手く言えないのですが、
以前とちょっと変わってきたのかも…。

いや、何書いても言い訳になっちゃうな。
何がどう悪かったのか反省したいんですが、そんな時間があるかどうか…。
ああ、どうしようか。


以下の記事は、数日前に書いてあったやつです。書いてる時は真剣なんですが、
時間経って読むと参ってる感がぷんぷん臭って思わず失笑…。
でもそのまま載せる! 

非BL(何となく色変えてみた)なので、もしよろしかったらどうぞ…。
ちょっと詰め込み過ぎた感、あります。
ショックはショックなんですが、BLは変わらず読んでます。それしかない感じもしています。  

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
英田さんの作品好きで、結構読んでますが感想一つも書いてなかった…。
やっと感想書けます。

心乱される (講談社X文庫―ホワイトハート)心乱される (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2010/11/02)
英田 サキ

商品詳細を見る

血の繋がりのない、息子(18才)×父親(34才)です。
父親と書きましたが、父親代わりに育ててるって言った方がいいですね。
16才年上の養父受、いいです!

18才の攻は、昔好きだった男の忘れ形見です。10年前他人の受が、引き取って育ててきました。
若い時の受は、攻の父親に片思いをしていました。でもノンケなので、受の気持ちには応えられない。「せめて、好きでいさせてほしい」という受の気持ちが、ほんと切なかったです。

受には同じ会社に、つきあいの長いセフレがいます。
彼は受の若い頃の恋も知ってたし、親友でもある。
この彼が、大宮っていうんだけどすごく良かった。

受は恋愛感情はないんですが、大宮は少なからずあったと思うんですよねー。
自分は死んだ父の身代わりだったと思い込んだ攻へ、受が子供を育てていくのに苦労していたのを
きちんと本人に諭す場面がかっこよかったです。
受の総てを理解して、その幸せを願っている大宮のような存在って良いです。


年齢差のある年下攻の良いところは、自分が子供だと自覚していて
受に認められる、守れる大人になりたいって思うとこなんですよね。
18才の攻もそうでした。
んでそんな攻を、まるごと受け入れる受…。あー、好きだ!

あ、3Pまがいと言うか、ゆるめの3Pあって、それもエロくて良かったですー。
こん時も大宮が良かった! メイン二人じゃなくて、大宮の話ばっかになっちゃったww
彼は攻のバイト先の先輩とうまくいきそうなので、それはそれで良かったです。
 
テーマ * BL小説感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
来週発売になる新刊達、『ラキド』の2巻や『ひみセフ~恋人編~』などなど楽しみなのが
幾つもあります。待ち遠しい。
その中の一つがコレ…。

エロとろ (シトロンコミックス)エロとろ (シトロンコミックス)
(2012/06/25)
不明

商品詳細を見る

けっこうな表紙だよね…。タイトルに納得です。

試し読みしてみたら、続きが気になって気になって。

ヤマヲミさん、蛇龍さん、カシオさん目当てなんですが…。
一番気になるのは、市川けいさんのお話。黒髪長髪年上受! (中国語みたいだな…)

そんな受は読んだかな? と思い出しましたが、ヤマシタさんの『薔薇の瞳は爆弾』しか浮かばないので、「うわぁ!!」てなりました。
なかなかいませんよねー、黒髪長髪の年上受ってさ~。
テーマが「年下敬語攻」だそうで、ますます楽しみです。

いつも拍手とコメントをありがとうございます!!
以下にお返事させていただいています~。  

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
高3限定(1) (POE BACKS) (POE BACKS Babyコミックスextra)高3限定(1) (POE BACKS) (POE BACKS Babyコミックスextra)
(2012/05/24)
梶本レイカ

商品詳細を見る

この表紙、アイロンの痛々しい火傷の跡。見たくないのに、目がそらせないのって何なんだろう。
よく見たらそこは、少しだけ立体的なんです。
表紙から既に痛々しいです。

中々感想書けませんでした。何て書いたらいいのか分からなくて。
また2巻を待つしかないのね…。
もちろん待ちます! 来年になるのかな~?

以下にたたんでいます。
長いです…。
 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
最後のテロリスト〈1〉胎動 (二見シャレード文庫)最後のテロリスト〈1〉胎動 (二見シャレード文庫)
(2007/04)
谷崎 泉

商品詳細を見る

シリーズで3冊出てますが、私はこの1冊目が好きで
こればっか何度も読んでました。

メイン二人の恋がお互いじゃないとだめだ、という切実さがあって好きです。
谷崎さんのヤクザもの、好きだなぁ。

この表紙の攻、彼は当初18才。
受が自分より年上と思うほど、大人っぽいんです。でも中身はまだ18才のまま。
それが受と出会って、受を守りたいと自覚して成長していきます。
何回か書いてますが、こういうのが年下攻の良さな気がします。ほんとに好きだよな、私(笑)。

父親が一代で金融業で財をなし、ヤクザとも親交のある家に生まれたこと、
その息子としての役割を受け入れていく、攻の成長ぶりが良かったです。


以下にたたんでいます。よろしかったら、どうぞ…。

6/8 『爪先に光路図』『秘めごとあそび 1』 6/9 『爪先に光路図』 『秘めごとあそび 1』『拍手コメのお礼。』
6/10 『ラッキードッグ 1』 『どうでもいい話。』
6/11 『どうでもいい話。』『ラッキードッグ 1』  6/12・13 『友人が勇者』
6/14 『7月、コレ買います。』  6/15・16 『拍手コメのお返事』

に拍手とコメントをいつもありがとうございます~! 嬉しいです(〃^ー^〃)  

>>>Read more

テーマ * BL小説感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
ゆきしろ、ばらべに―少年傑作集―ゆきしろ、ばらべに―少年傑作集―
(2012/07/03)
鳩山郁子

商品詳細を見る

ぎゃー!! う、美しいーー。
これは一体、どういう三人組でしょうか…。妄想しちゃいますよ、私。

アマで確認したら、中村明日美子さんのコメントがありました。
帯に書かれてるのかな~?

月兎社から出た限定boxの、『白い金平糖の島』や『ルケッタ』のタイトルが
書いてあったけど、収録されるってことだよね…?(なぜ疑問形) あー、早く読みたいなぁ。

前の記事でこの本のタイトル、『べにばな』って恥ずかしげもなく書いてあって、
間違えようにもほどがあると愕然としました。ばらじゃないじゃん!!
そんな謝罪のつもりなんですが、単にあまりに綺麗なので大きな画像を載せたかっただけ。

前の記事に「落ち込んだので本屋行った」と書きましたが、いつもならケーキや
お菓子を買いに店に行ったのに、そうでなく自然に本屋に寄ってました。
ほんとにBL無いと、生きていけないかもしれない…。大マジです。

前置き長くて、スミマセン。
いつもいつも、拍手とコメントをありがとうございます!!
嬉しくてにやにやしながら、読ませて頂いてます。

以下にお返事させて頂いています。  

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
こうやって書くと、7月もそんなに多くはないよね…。
でも表紙買いしてしまうかも。特に新書とか。さくっといきます~。

〇7/2  『Citron vol.15』
      『僕の先輩 部屋とyシャツとおめーと俺』  羽生山へび子

〇7/3  『ゆきしろ、ばらべに ―少年傑作集―』  鳩山郁子

〇7/10 『最恐教師 2』  大和名瀬
     『深いところまで おいでおいで』  阿部あかね

〇7/24 『明日屋商い繁盛 1』  ARUKU

〇7/25 『新宿ラッキーホール』  雲田はるこ
      『500年の営み』  山中ヒコ
〇7/28  『雪花草子』  長野まゆみ

〇7/31 『愛玩マゾ教室』  恋煩シビト


谷崎泉さんの小説出るけど、あらすじと表紙見てから決めよう。
へび子さんの新刊!またはじめと先輩に会える~。楽しみです。

雲田さんの『新宿ラッキーホール』が一冊で読めるのも楽しみだ~。
あ、『ON BLUE』も買わなくては。

あとあと、鳩山郁子さんの新刊です!! 一体、何年ぶり!? 去年はイラスト集だったから、3年ぐらいかな。
しかもサイン会なんてーー!(行けないけど…)
鳩山さんの描く少年、いいんだよなぁ。あ、非BL です。匂うかもしれないけど。

長野さんの単行本、文庫化されたら買っていましたが、『雪花草子』は文庫化が初めてじゃないかな…?
違ってたらスミマセン。
これに収録されてる、少年×鬼の話が好きでした。
鬼は一日だけ女になったり(多分…)実は近親相姦っぽかったり。妖しい物語でした。


今日は癒しというか慰めを求めて、帰りに本屋に寄りました。
やっぱし、BLだよな~。落ち込んだ時はBLを読むに限る。

吉原艶情 (プラチナ文庫)吉原艶情 (プラチナ文庫)
(2012/06/11)
沙野 風結子

商品詳細を見る

んで、これ買いました。あらすじよく見なかったので、家でよく見てみたら…。
男娼が攻って、初めてかも…。それに、男花魁! こんな単語があったのか。
まだまだ知らないことだらけ…。  
テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 

友人が勇者(POE BACKS) (POE BACKS オリジナルBLコミックス)友人が勇者(POE BACKS) (POE BACKS オリジナルBLコミックス)
(2012/04/24)
チョコドーナツ

商品詳細を見る

初めての作家さんです。

表紙が良いですね~。中身も可愛い絵柄で、雰囲気に合ってると思いました。
帯にモチメ子さんのイラストありました。こっちも可愛い! 前かがみになる二人(笑)。

ゲームの中の世界が舞台で、勇者は戦って死ぬと天国に行きます。
そこには羊飼い(故人)がいて、たくさんの羊を飼って毛を刈り、それを雲にしています。
その繰り返しの生活を送っていたら、勇者がやって来て二人は話をするようになる。
死んだ勇者はやがて生き返って、また地上で仲間と一緒に戦う。

名前のない羊飼いに「カイ」と言う名を与えて、
勇者が生き返るまでのつかの間を、天国で二人は過ごします。
一人が当然だったのに勇者と親しくなって、誰かと過ごす心地よさや楽しさを知る。

矛盾があるんですよね。
カイは天国にいるんだから、勇者が死なないと会えない。
会いたいと願うことは、勇者が死ぬってこと。
好きな人に会いたいと思うことが、死を願うことなんてさ。

レベルが上がってエンディングも近くなって、勇者はカイに会えなくなることを思う。
世界が平和になれば、勇者が戦って死ぬことはなくなるわけだから、
カイも勇者と会えなくなる予感はしている。

魔王を倒してまた天国に勇者は行きますが、カイも勇者もこれが最後と分かってます。
「あいしてる」と言葉にすると離れられなくなるから、
お礼の言葉しか言わないカイの気持ちが切なかったです。

ラストの話は、魔王を倒して数年後なのかな? 
幸せになった世界の、ある村の穏やかな夕暮れの風景の中、ひつじ雲が浮かんでます。
それはカイが天国で作っている、勇者の好きな雲です。

とても会いたいけど、ゆっくり会いに来てほしいとカイは願ってる。
切ないのに幸せって矛盾だけど、それでいいって思ったラストでした。

あと、もこもこした羊がすごーく可愛いかったです。  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
ラッキードッグ1 BLAST 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)ラッキードッグ1 BLAST 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)
(2011/11/26)
渦八

商品詳細を見る

原作はゲームです。教えて頂いたんですが、面白かった~!!
今月に2巻出ますね。はー、楽しみ!

BL以外で読んでいて、読むたびにいっそ二次書いてしまおうかと妄想するのって
『秘密』と『vassalord』なんですが、このたび『ラキド』も加わりました。
あー、ジャンが好きだ。ジャン良いよ~~、もう私、どうしたらいいやら(笑)

1932年のアメリカ、刑務所が舞台です。
イタリア系マフィア、CR-5の構成員ジャン・カルロ。
彼には「ラッキードッグ」という二つ名があって、ものすごい幸運の持ち主です。

ジャンのいる刑務所に、そのCR-5の幹部の4人が収監されてきます。
年は31才から22才までで、容姿も性格も全く異なるカッコいい(当然)4人です。
ある時ボスから手紙が来ます。
その内容はジャンを幹部に昇格し、更にこの4人と一緒に脱獄出来れば次のボスにしてやる。

失敗したら命がないし、幹部も皆を信用していいのか分からないし
ジャンは葛藤しますが、段々と周囲がこの脱走劇を応援するように変わっていきます。
まさに「ラッキードッグ」、運も味方していくという。
1巻は脱走前で終わってるので、その続きは27日(だったかな?)に読めるぞ!!


PCが共有でゲームが出来ないので、せめて声だけでも…と以下のCDを聴いたんですが……。
これがもう、拍車をかけまくり。ジャン、エロすぎます。
予想外のエロさに思わず立ち上がってしまった。じっとしてられなかった(笑)。年寄りには毒です。

ドラマCD ラッキードッグ1 SUMMER CHANCEドラマCD ラッキードッグ1 SUMMER CHANCE
(2009)
タダノドウテイ、蒼井夕真 他

商品詳細を見る


ドラマCD ラッキードッグ1 WINTER CHANCEドラマCD ラッキードッグ1 WINTER CHANCE
(2009)
タダノドウテイ、平井達矢 他

商品詳細を見る

私が今まで聞いたCDん中で、1位、2位争うエロさと言っていいかも。
以下にたたみました~。
 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
いただいた拍手コメのお返事の前に…。
このブログを初めて、5日で一年経ちました。

飽きっぽい私がよく続いたものだと、まずはそこに自分で驚いて。
初めは、何を読んだのか分かる程度のつもりだったんですが、すぐに本の感想という名の、
思いのたけをここでぶつけるようになりました…笑。
その分1冊ごとに記事は長くなるし、中々更新が追い付かないという状況です、はは。

書くのって、ストレス発散になります。楽しいです。
でも思ったように書けないと、それはそれでストレスも溜まるという…。
でも、何でもそうですよね、楽しいばっかじゃないし。

そんな私の記事を見にきて下さって、更に書いた記事に反応して頂けて、本当に嬉しいです。
いつも拍手やコメをありがとうございます!!

今後も細々ながら、マイペースで続けていきたいです。

以下に拍手コメのお返事させて頂いています。
 

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
秘めごとあそび 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)秘めごとあそび 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)
(2012/05/31)
桜城 やや

商品詳細を見る

本屋で見かけて買ってしまいました。全くのノーマーク。
ずっと前に『ねぇ、先生?』(タイトル合ってるかな)を読んだことあって。それは先生受でした。
でも成宮ゆりさんの小説のイラストのイメージが強い私です。

バツイチで元妻の連れ子と暮らして、夢だった駄菓子屋を経営してる受。
金髪で軽そうな雰囲気なんですが、お金貯めて店を買ったようで
彼の過去はまだ分からないんですが、何か水商売っぽいのやってたのかな?
たとえばホストとか…。

まぁ、それは私の想像なんですが、恋愛は遊びでいいと割り切ってます。
祖父の代わりに医院で働く医師の攻は、受の駄菓子屋で買い物して出会いました。
実はゲイの攻はこの時から、受が気になっていたようで。
一見インテリヤクザ風の攻の、子供相手の診察のギャップに受は気になっていきます。

最初に抱いた第一印象が、親しくなっていくうちに変わっていくのを、受は結構楽しんでます。
ほぼ受目線なので、エリート医師然とした攻のさくっとしたカムアウトとか、
真面目だけでなくいい人だったり、一緒んなって気付いていけて面白かったです。

表情あまり変わらないんですが、受に一途なのは伝わってきました。
受に敬語で攻めるのって元々好きなので、Hシーンは萌えた!
結構エロいっすよ、先生ー。

遊びの関係でいいと思ってる受が、ラストには攻のことを意識し出してきました。
飄々として遊びなれてる感じの受なのに、攻の言葉に真っ赤になったり慌てたりして。

2巻でどう変わってくのかな~。攻にはまってく受が見てみたいです。

6/2 『BavaLus』 6/3 『どうでもいい話。』 『スメルズライクグリーンスピリット』  6/6 『どうでもいい話。』
6/7 『爪先から光路図』  『可南さん、2冊まとめて』 『スメルズライクグリーンスピリット』 『真音 1』  『純情ポルノ』  『谷崎さん、2冊まとめて』 『透過性恋愛装置』 
 『月一滴』  『金のフォークに銀の匙』

に拍手とコメをありがとうございました!
古い記事にも多くいただいて…。本当に嬉しい~! ありがとうございます。
今頃『真音』2、3巻の感想書いてもいいかな、…とお伺い立てたいくらいに全く書けてないです。うう。  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
爪先に光路図 (ミリオンコミックス  Hertz Series 122)爪先に光路図 (ミリオンコミックス Hertz Series 122)
(2012/05/26)
青井 秋

商品詳細を見る

初めての作家さんです。

何て言ったらいいんだろう。
白黒なのに色が見えるようで、静謐でとても綺麗。
絵から目がそらせないまま、しっとりと物語は進んでいって。
(相変わらず語彙少ないなー…)

キス止まりだったり、全くエロない話もありますが、その方がいいです。
なんか言い方変だな。この絵柄、この雰囲気でエロかったら、違うものになってしまう
と言ってもいいかもしれない。

細い線で描き込まれていて、ボタニカルアートだったかな? 細密画?
植物に限らず静物とかもそんなのに近い。私の印象なんですが。
カラーの表紙も素敵だけど、私は中表紙が大好き。
白黒で表現された森の中、水の中。キノコ類と人物が、全く違和感ないなんてすごいです…。

三つのお話に、それぞれの短い後日談が収録されてます。
初めての単行本だそうです。次のコミックスも出たら買おう。

以下にたたんでいます。  

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
タイトル通りのどうでもいい、なんてことないBL読書にまつわる独り言です。

よろしかったらどうぞ…。  

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
スメルズライクグリーンスピリット (POE BACKS) (ポーバックス Be comics)スメルズライクグリーンスピリット (POE BACKS) (ポーバックス Be comics)
(2012/05/24)
永井三郎

商品詳細を見る

初めての作家さんです。気になっていて読みました。
すごく面白かったです。
読んだばっかなのに、続きが気になって気になって(笑)。
早く2巻が読みたいよ~!

どシリアスになってもいいのに、適度にギャグもあって。
ギャグん時、吹き出した。昔読んだホラー漫画のようだった(笑)。
そのギャップがあるからか、シリアスが際立つように思いました。

でも、十分シリアスになる題材だよね…。
田舎の中学校、ホモだといじめられる美少年。
セクハラの言葉で済ませちゃいけないような教師。
誰にも言えなかった本当の自分と、母親を想う自分。

個人的印象ですが、絵が上手だし目が綺麗なんです。
この表紙もそうだし、構図と言ったら良いのかな? 印象に残るコマが多いっていうか。
ほんと、目が印象的だ…。
絵に関して無知な私が言うのも、おこがましいんですが。

長くなったのでたたんでいます。  

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
月刊コミックアヴァルスの、4月号応募者全員サービスの本が届きました。
写りイマイチだな、ちょっと暗いですね。
ババルス
紙質が良いのか結構重くて、立派な本でした。
ちょこっと感想書きます~。

『カゼトナミ』 青桐ナツ
『flat』のようなのんびりした雰囲気な中、違うのはちゃんと恋してました。
それも初恋のようで、感情が揺れて自分でどうにもなんない主人公を、
見守りたい気にさせられました。可愛いかったなー、慌てたり真っ赤になったり。

大学生・京一郎の隣に住む会社員(なのかな?)の支倉。
一人暮らしで親しみやすい支倉は、京一郎一家と家族ぐるみの付き合いで、世話を焼く京一郎は近所から嫁呼ばわりされてます。
そこに支倉を慕う女子高校生が、家に押しかけて嫁気取りし出して…。
それを見て同じことしていたのかと自覚すると、京一郎は支倉を避けるようになる。

支倉を思って心が揺れる京一郎はゲイってわけじゃなくて、支倉だから好きになったという
オンリーワンっぽさがありました。ほんと可愛いかったー。

脇キャラもすごく良いです。女子高生も京一郎の友人も祖父母も、いい存在。
『flat』も主人公の友達とかが、面白かった気がする…。最近読んでないけど。
お話自体は全くエロのないんだけど、支倉はきっと積極的にエロいはず。と妄想しました(笑)。

『BUSINESSLIKE』 十月士也
8Pでこんな短いのに、すんごいラブラブ(…死語?)で面白かったー。
中学生の同級生同士で片方は次期社長、片方は一社員。
社内では顔合わさないのに休日に押し掛ける、ジャージ姿のよれっとしてもカッコいい若社長。
「なんだ、付き合ってるんだ」と分かった時の、私のニヤケっぷりと言ったら…。
どっちが受攻か分からないけど、どっちでもいい、どっちでも萌えれる話でした。

『マスコットのゆううつ』 壱村仁
これも短いんですが、ほのぼのつーか、ヒゲの38才が可愛くてニヤニヤしてた、
そんな自分が気持ち悪かったです。
遊園地のマスコット、ラビ美とラビ男の中には38才と25才の男が入っていて。
ラビ美に入ってる38才が、自分はおっさんだからとラビ美の可愛さを
追及するんですが…。可愛いかった!

『オスカーさんの男と男と妻と男』 黒乃奈々絵
オスカー・ワイルドと妻、恋人(男)と初めての男の話。よく知らないのでググってみました。ロスもダグラスも実在の人物で、不幸な晩年を送ったんですね、ワイルドって。
ワイルドの同性愛のきっかけを作ったロスは、「贖罪」と言うけどワイルドへの愛なんだろうなぁ。
そういう形もあるんだと思って、ラストは切なかったです。

もっと色んな漫画家さんが、BL描けばいいのにな~。

5/27 『空と原』 5/28 『きのう、何食べた?(6)』5/29 『まばたきを三回』『きのう、何食べた?(6)』
5/30 『まばたきを三回』 『萌えの死角 2』 『拍手コメのお礼。』
5/31 『拍手コメのお礼。』 『可南さん、まとめて2冊』 『B×P Anx (1)』

に拍手とコメをいただきました。いつもありがとうございます!!  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる