FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
天球儀の海 (Holly NOVELS)天球儀の海 (Holly NOVELS)
(2012/10/25)
尾上 与一

商品詳細を見る

眼と脳みそが文字を拒絶してしまって、最初の方で止まっていましたが、やっと読み終りました。
やばかった、泣きそうになった、ごったかえした待合室で。異様に瞬きするアヤシイ私でした。

表紙の青がとても綺麗です。これがイメージカラーなのかな、作中の小物の色がまんま瑠璃色のイメージだった。
とんぼ玉、ジャノヒゲの実の色、ルリビタキの羽の色、夜空だったり海だったり…。

終戦の頃の時代です。
この設定が余計に、受と攻の気持ちを切なくしてると思いました。やっぱり現代ものとは違いますよね。
これを思い出します…。
↓↓↓
きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)
(1995/12/18)
日本戦没学生記念会

商品詳細を見る




18才の希(ゆき)は、ずっと好きだった町の名家の長男・資紀(もとのり)の身代わりに特攻に行くことになります。
5才だった希は、偶然資紀に助けてもらったんですね。それがなければ死んでいたかもしれない。
それからは資紀のことを忘れずに、予科練で飛行士の訓練を受ける。
身代わりの話は喜んで引き受けました。養子になるので同じ苗字になれること、お国の為に死ぬこと、資紀のために死ねること。
それが18才の希の総てだった。

希の右手の甲には変わったホクロがあって、オリオン座のような形をしている。
でも裏返しになってるから、お前の手は天球儀のようだねと父が言いました。
5才と9才(ぐらい?)で出会った二人の会話は、このホクロから星の名前へとなるんですが。
なんか読んでて泣きそうになってしまった…。何でだ?
異国の呪文のような星の名前とか、希にあげたトンボ玉の青に手の甲の星座が映るだろうかとか、いちいちがちょっとやばかったです、私…。

この時に二人は初恋だったんです。でも、特攻の身代わりなんて悲しい再会をしました。
資紀は自分が特攻に行きたいのに、家を守るために希を身代わりにさせてしまうことを拒みます。
でも父の命令は絶対。本人の希自身が喜んで行こうと思ってる。

9才でも凛とした資紀だったけど、海軍の将校になった大人の資紀がかっこいいです。
頑固で融通きかない、でも優しい資紀。
その優しさを5才の時に知っていたはずなのに、冷たくされた希は嫌われていると思い込んでしまう。

やっと二人通じあって抱き合ったのに、その後の惨事…。
それも希のためでした。でもそれにしても切ないよ…。

何でもかんでも言葉にしたり、態度で示したりって分かりやすくていいけど。
でも資紀の優しさ、希への想いは、海に映った星のように裏返しだった。


昼間は星が見えない、と資紀が紙にオリオン座を書く場面があります。
「坊ちゃんは、俺に星をくださいます」
「……星はおまえの方だ」って、やりとりがあって。(ちょっと、はしょりましたが)
これが現代だったら、んん?と思うかもしれない。
でも時代と二人の置かれた状況とか思うと、切実すぎる告白だと感じました。


シリウスまでは8光年だそうです。
8年かかって、希は資紀に再び会えました。絶対泣きそうにない資紀が震えるくらい泣いていて、そこも読んでて泣きそうになった…。

ハピエンが本当に嬉しいと思った作品でした。
スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
前に読んだ小説です~。

彼岸の赤 (ドルチェノベルズ)彼岸の赤 (ドルチェノベルズ)
(2012/03/15)
尾上 与一

商品詳細を見る

タイトルから勝手に「彼岸に咲く花→曼珠沙華」と思っていたのですが、違っていました。
また思い込みの激しい自分が露呈…。

受が心中未遂の過去があって結構なシリアスなんですが、攻が良い人でそれに救われた気がします。
元ヤクザの攻ですが、望んだ訳でなく巻き込まれ流された感じで、
それも誰もがそうならないとは言い切れない状況だったり。

おひとよしで、目の前のことを真面目に取り組んだ結果が服役。
そして出所したものの、投身自殺と間違えられて引き留められながらまさかの転落。
怪我を負って更に入院。攻をそんな目に遭わせたのが、僧侶の受でした。

そんな攻は受の寺に世話になり、一緒に暮らします。
心臓が弱く薄幸な受ですが、攻に対しては一途だと思いました。それが受を強くさせてるというか…。

心中未遂で死んでしまった相手の親との関わりとか、結構な重さの内容でしたが嫌いじゃないです。
やっぱり私は、重い話が好きみたい…。
受の友人がいい人だった。全てを分かって、見守ってるような。
こういう脇キャラ好きです。


リフレイン~君の心を眠らせないで~ (ガッシュ文庫)リフレイン~君の心を眠らせないで~ (ガッシュ文庫)
(2012/09/28)
鳩村 衣杏

商品詳細を見る

ゲイ(攻)とノンケ(受)の話は結構あると思うし、私も読んできたはずなんですが…。
これを読んだらその設定の切なさというか、難しい故に攻がとても受を大事に思っていたのが、読んでて伝わってきて。

一人で自分の中に閉じこもらないように、この世界と繋がっててほしいと願う
受の思いがタイトルの意味になるのかな。
自分的解釈ですが…。

受の気持ちを汲み取って最後までHするのを待ったり、ほんとに優しいし、大切にしてます。
だからそんな攻があんな目に遭うなんて…、って驚いた。
いや、ほんとに。
今度は受が攻にしてもらったように、攻の気持ちを考えて大切にします。

ムクさんのイラストもぴったりです。
しみじみと良かった作品でした。

うっかり、つーかすっかり忘れてしまった…。
鳩村さんの全サ小冊子の申込み…。
私のバカーー!


『12月、コレ買います。』 『猿喰山疑獄事件』 に拍手とコメントを、いつもありがとうございます!!

 
テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)
(2009/07/10)
遙々 アルク

商品詳細を見る

かなり久しぶりです。急に読みたくなって読み返しました。
初めて読んだのは3年くらい前かな? ラストに茫然として、そのあと泣きました。

こんなハッピーエンドがあるんだ、って読んだ当時思いました。
以前のような容姿を失ったけど、約束もしたけど、それ以上に今を一緒にいたいと思ったんだと思う。
きっと受はその攻の気持ちを受け入れてくれると、信じられるんです。
他の作品で、この後どうなるんだろうと妄想すること多いけど、この作品は妄想せずとも思えました。


長くなったので、以下にたたみました。
よろしかったら、どうぞ…。

 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
新規で小説が読めないなら、前に読んだものなら読めるだろう、という安直な発想で
よく分からないリハビリを始めてます。

どうせならと、しばらく読んでないものをパラパラ見て選んでたんですが、
内容分かってるから斜め読みでも、読めてしまうんですよね…。

ちっともリハビリじゃないけど、せっかく読んだのでちらっと書いてみました。

ジャンルは非BLですが、私の手持ちなので十分匂っている作品です(笑)


よろしかったらどうぞ…。

『クシュラル』 『坂の上の魔法使い・無二の王』 『3冊まとめて。』 『どうでもいい話』
『繕い裁つ人 3』 
 に拍手とコメントをいただきました。
拍手コメのお返事は、いただいた記事にさせていただいています~。
ありがとうございました!!


 

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
ほんっっとにどうでもいい、思い出したことを書いてます。

前に「on BLUE」の記事で、四宮さんの人魚が出てくる作品が良かったと書きました。
そんで思い出した本のことなどを、ちょこっと書いてます。


非BL本の話です。

ほんとにどうでもいい話です(しつこいー)。

 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
クシュラル (Feelコミックス オンブルー)クシュラル (Feelコミックス オンブルー)
(2012/10/25)
えすとえむ

商品詳細を見る

えすとさん、やっぱりいいなぁ。

6編の短編集で、表題作は描き下ろし。
ターコイズブルー、つーの?? 青が印象的です。あと柄も。

去勢された踊り子と兵士の話、高校生と男娼の話が特に好きでした。

『クシュ』
タイトルどういう意味なのかな…。もしかして、踊り子の名前なのかな?とも思ったけど。
踊り子と兵士はきっと同じ故郷出身だと、私は信じたいのですが。

兵士は戦があれば戦地に赴くし、踊り子は芸と体を売らなければならないし、
しがらみのある二人がほんの束の間愛し合う。
その思い出があれば生きていけるかもしれないけど、この話の二人はそうではない気もして、読んでいて悲しかったです。
兵士から贈られた小鳥を、やっかんだ同僚が逃がしてしまいます。
ラストにその小鳥が番いになってるから余計に、もう二度と会えないんだろうなと思ってしまいました。(いつもの妄想…)

『ファーレ』
金を払えばやらせてくれると噂の男を見かけた高校生は、
荷物を落としてしまい拾ってもらう。
この男娼はとてもきれいです。それからその通りを通るたびに、いるかどうか気になって仕方ない。
男娼の方も、名前を聞かれたり頬に触れられたりされて、そんなことは初めてだったのかな~。

高校生はお金持ちのお坊ちゃんみたいだし、住む世界は違うかもしれないけど
一途な高校生なら大丈夫な気がします。
泣いてしまった男娼が可愛いかったー。


『花のみぞ知る 3』 『In These Words 』 『MAGAZINE BE×BOY 2012年10月号』 『ルールの染みた身体』 『12月、コレ買います。』 
『3冊まとめて。』『夏揺らぐキミをおう』 『片思いの環状線』 『狼は魔法を』 『パラレルライン』 『erotica』 『拍手コメのお返事。』 『キミがいる深夜2時20分』 『9月、コレ買います。』

拍手とコメントをありがとうございました!
16日にもたくさん拍手いただいて…(涙)。いつもありがとうございます~!!
 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
DEADLOCK 1(キャラコミックス)DEADLOCK 1(キャラコミックス)
(2012/10/25)
英田 サキ、高階 佑 他

商品詳細を見る

初めて小説を読んだ時、挿絵のディックのカッコ良さに目を奪われました。
目の色が違うけど、故リバー・フェニックスを思い出しました。
学校で彼の下敷き使ってたら、よく「これ、誰?」と聞かれていたな…(笑)

DEADLOCK (キャラ文庫)DEADLOCK (キャラ文庫)
(2006/09/27)
英田 サキ

商品詳細を見る

ディック、カッコ良すぎ…。

この小説で初めて「刑務所もの」(と言っていいのかな?)を読みました。
どうなんだろう?と思ったのは杞憂で、すぐにこの物語の世界に入ってしまいました。

小説の中で、ディックがユウトのシャワーの介助をしてあげるシーンが好きです!
この場面をどう描いてくれるのか楽しみ~。

帯に「全サ小冊子」の言葉を見つけてしまった! もう送るしかないよね…。


純愛えろ期 ((ジュネットコミックス ピアスシリーズ))純愛えろ期 ((ジュネットコミックス ピアスシリーズ))
(2010/10/30)
彩景 でりこ

商品詳細を見る

『エロまん』が面白かったので、未読だったこちらも読みました。
3組のカップルの話。小学校から高校まで一緒につるんでいる4人に、転入生とダブりが加わっての3組です。
表紙のこの二人も面白かったし、一話目のカプは結局リバってたし、全体的にかなりエロかったし。
さすがジュネットさん、でしょうか(笑)。

一番子供っぽい子(攻)と、ダブりの美人不良(受)のカプが一番好みかな~。
逆でも全然良いぐらいで。受がちょっと残念な感じしたのも良かったです。



今夜も眠れない (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)今夜も眠れない (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)
(2012/08/24)
山本 小鉄子

商品詳細を見る

見かけるとつい読んでしまう小鉄子さん。
可愛い受は苦手だけど、面白いんですよね。

出会い系で知り合った男にラブホテルに連れ込まれ、ビデオを撮られそうになる力也。
密室で助けを求めると、そこには悪魔がいました。
すごいよ、そんな展開(笑)。部屋の壁に描かれていた魔法陣に、力也の〇液かかって召喚されてました…(笑)

魔界を家出してきたエンドと鳥の姿をしてマルクは、力也のアパートに住みつきます。

まだ始まったばかりなので、これからこの二人がくっつくのか、どうなるのか。
力也はゲイですが、エンドはどうなんだ? 悪魔は性別に拘らないのかも?
多分エンドが攻だと思うけど、力也よりも子供っぽく見えました。


『密室の密かな星』 『ルールの染みた体』 『12月、コレ買います。』 
『on BLUE vol.7』 『拍手コメのお返事。』 『3冊まとめて』 『初恋食物レンサ』 
『禁断の甘い鎖』 『最後の三月』 『同人誌、いろいろ』 『3冊、まとめて。』 
『そしてすべてが動き出す』 『ちょこっと…』 『牛泥棒』 『ミルク(1)』 
『In These Words 』
 に拍手とコメントをありがとうございました!!
昨日一日で頂いた拍手数、過去最高でした。どなたか存じませんが…(涙)。
励みにさせていただきます!  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
あー、もう12月の購入予定ですか…。
こわいなぁ。あっという間ですね。


〇3日    『金木犀にさようなら』    KUJIRA

〇10日   『ストロボスコープ』     ヤマシタトモコ
       『隣りにいる人』       ひのもとうみ

〇13日   『きのこいぬ 3』      蒼星きまま

〇22日   『シャイニースター 1』   七海
       『聖夜 榎田尤利作品集』  榎田尤利

〇24日   『こいしい悪魔』      斑目ヒロ

〇25日   『アンバランスなネオンサイン』    京山あつき

〇27日   『新装版 NON Tea Room』   SHOOWA



こんなもんかな…。
雪が降ったら極力出かけなくなるので、ネットで買うことになると思うけど。
そうなると表紙買いできなくなるのも、ちとつまらないんですよね~。

『きのこいぬ』の3巻は私だけでなく、母がえらい楽しみにしています(笑)。
送った1、2巻は読後、職場の20代の人に貸したらしいです。
置いてある私の少女マンガを、母は勝手に貸しています…。


と・こ・ろ・で!
全く知らなかったので、嬉しすぎる! 『隣りにいる人』!!
ひのもとさんの他の既刊読みましたが、どうにも『遠くにいるひと』が好きで好きで(エンドレス)。
小田島がもっと治樹にメロメロになって、そして冷たくされればいいのに(えー)。
そして治樹から別れるとか言われて、ショック受ければいいのに(えー)。
ひと波乱あるのを期待しています!

このシリーズの小田島と、いつきさんの『溺れる人魚』の攻に関しては、
読むたびにほくそ笑んでしまう。
↓↓↓
溺れる人魚 (ディアプラス文庫)溺れる人魚 (ディアプラス文庫)
(2010/08/10)
いつき 朔夜

商品詳細を見る

決して攻が嫌いなのではなくて、もっと受を大事にしろよー!という私なりの叱咤激励です。
歪んで見えますが(笑)、むしろ私は彼らがとても好きです。

 
テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
ルールの染みた身体 (F-BOOK comics)ルールの染みた身体 (F-BOOK comics)
(2011/09/21)
吉田 ゆうこ

商品詳細を見る

ここんとこずっと、マンガの感想ばっかです。
自覚大ありなんですが、小説読んでも文字が頭に入らなくて…(涙)。ここまでひどいのは初めてかも…。
読みたいから買ったのに、溜まっていくばかり…。マンガ頭になってます(汗)。


線の細い、華奢な雰囲気だと思います。可愛いんだけど暗さもあるというか。

5編の短編集です。
特に最後に収録されている、描き下ろしの『少女・35歳』。
すごい話だった…。これを読めただけでも良かったし、正直その前に読んでいた作品が霞んでしまうような…。
最後の1ページで、ばっさり切られました、私。

「悲しい」とは言ってないし、純一郎は少し笑ってもいる。
健三につられたけど、自嘲的な笑みかもしれない。35にもなって…、みたいな。
それが悲しかったです。
自分を否定してほしくないんです。友人に十数年も片思いしていても、誰も馬鹿にしたりしないのに。言えないのは仕方ないのに。……はい、妄想です。

35才の純一郎は、友人の健三に長い間片思いしている。
その健三がいきなり、17才の高校生と入籍したと報告してきた。その妻は純一郎の若く繊細な容姿を気に入るようだけど、純一郎は彼女に嫉妬する。

いつまでも変わらないと思っていた、自分に呆れる純一郎。
決して自分を悪く言わない健三は「俺の自慢なんだ」と言う。そんな健三に純一郎は心の中で呟きます。
愛しているよ、そしてとても憎いよ、と。

もっとどろどろしそうだけど、絵柄のせいかさらっとしていて。そのせいなのか、余計に可哀想になってしまいます。
これから純一郎は、どうするんだろう。
ずっと隠したまま、幸せな夫婦を見ていくのだろうか。それとも、もうきれいに諦めるのかな…。
読解力ないし妄想たくましい点を差し引いても、私はこんな風に幾通りも想像してしまいました。あのラストなら仕方ない、とも思えてしまうのです。

これだけ暑苦しく書いて、ひかれてないかしら…(汗)。いつものことですね(開き直りか?)

友情と恋のはざまのような『パートナーシップ』、同じタイトルでもこちらは甘酸っぱい雰囲気だった『秘密』など、独特な雰囲気の短編集でした。

新刊のこちらも買います!!
悪玉悪玉
(2012/11/26)
吉田 ゆうこ

商品詳細を見る


あと作品のいくつかに、宇〇宮線沿線の駅名がキャラの名前になってました。
馴染みがある私は、一人でニヤニヤ…。  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
密室の密かな星 (ディアプラス・コミックス)密室の密かな星 (ディアプラス・コミックス)
(2012/10/30)
雨隠 ギド

商品詳細を見る

もともとギドさんの作品は好き(非BLは未読ですが)なので、あらすじ読まずに購入しました。
なんか、すごく良かったです。「なんか」って、ひどいな(笑)。
いや、ほんとに良かったです。


描き下ろしの話で、攻がすーっと涙を流して「好きだ…」って言うところなんて、
うとうとしている時の無防備さで漏れた攻の本心だと思うと、
その一言が何にも変え難いものに思えて、こっちも釣られそうになりました。

本編はハピエンだし、描き下ろしも優しい雰囲気。
なのに読後感は、ちょっと淋しい感じしました。
読んでる私がちと弱ってるから、余計にそう思うのかもな…。
『犬とつばめ』でも思ったけど、心情の描写が良いです。


探偵業を営む受の事務所の隣に、引っ越してきた同業者は高校の同級生。
同じグループにいたけど、特別仲が良いというわけじゃなかった。
それに受は当時、避けられてるとも思っていた。

子供の頃誘拐された受は、暗闇が怖いトラウマがあります。それでも探偵を始めたのは、
監禁されていた時足の虫刺されに、薬を塗ってくれた人を探すため。
暗闇の中その細く冷たい指は、女神のように思えた。
犯人は捕まったけどその女神の正体は分からず、自分で探すことに決めた。

攻は「昔は好きだったけど、今は好きじゃない」だの、「向いてないから探偵やめろ」だの言ったり、受に冗談みたいにキスしたり、そんな攻にいちいち感情揺さぶられて傷つく受がちょっと可哀想…。

でも攻にも事情があって、それを言わずに友人の振りをしてました。
でも時々本音が漏れてしまう。受もそうだったけど、攻にもトラウマになっていたのかな…。
本当のことを告白した時の攻の表情が、何とも言えなかったです。
観念して諦めたような、でも焦がれてるような、淋しいような。印象的な表情でした。



『3冊まとめて。』 『on BLUE vol.7』 『日陰蝶、つないだ両手がはなれたら』
『白のころ』 『狼は魔法を』 
に拍手をありがとうございました!!  
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
日陰蝶 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)日陰蝶 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)
(2012/11/01)
名取いさと

商品詳細を見る

どちらも発売日近かったので、まとめちゃいました。
好みでいったら、こちらが好きでした。一冊で読むと、確かに先生の印象が変わってる。
最初はちょっと野暮ったいような先生だったけど、段々若々しくなってますね~。

それはさておき。この二人は、これからうまくいくのだろうか…。
なんて思ってしまうその不安定な感じや、松浦の牧への想いが痛々しいほどで、私は好きでした。

高校の剣道部員の松浦は、顧問で数学教師の牧に惹かれている。
凛とした松浦は学ランが似合うし、剣道着も似合っています。
そして色気ある。色気というか、…危なっかしさかな?
堅いイメージだから、そこがいいのかも。

道場に通うのを嫌がるのは、そこであの男に会ったから?
この永田って、牧が可愛がっていたという後輩本人なんでしょうか…?

松浦を盲目的に慕う同級生の浜部、浜部の無自覚な恋(だと思う…)に気付く、幼馴染の真澄。
この頃脇に目が行ってしまうので、この二人の話とか浜部→松浦みたいな話とか、
(カバー下で爽やかイケメンなっててびっくり)あったらいいなぁ。


つないだ両手がはなれたら (ショコラコミックス)つないだ両手がはなれたら (ショコラコミックス)
(2012/10/30)
名取いさと

商品詳細を見る

大学のゼミの後輩×先輩。攻はゲイですが、受はノンケです。

攻の高校ん時の先輩が、ヒゲの似合うカッコ良い男で。
高校ん時に体だけの関係がありました。
そん時には攻は、受だったようです。うわー!と萌えました(笑)
メインの二人の関係よりも、こっちの関係が気になってしまった…。

当時に攻は片思いの相手がいたので、本当に体だけのようですが、
先輩の方はそんなことなかったみたいだし。
高校時代の二人の話を、別で読んでみたいと思いました。
口ではそんなことないと装いながら、受のことが本当は好きな先輩の話がいいなぁ。

2冊通してメインの二人よりも、脇に目が行ってるのが自分でもよく分かります…。

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
新旧混ざってます。また苦肉の策…(笑)

先輩 (EDGE COMIX)先輩 (EDGE COMIX)
(2012/04/27)
びっけ

商品詳細を見る

表紙買いしました。初めての作家さんです。
私はどうも、こんなセンシティブ系(?)みたいな10代の話が基本的に好きみたい。
きらきらして眩しくて好きなんですが、最近はその眩しさがつらくもなる…。年のせいかな。

具合の悪い先輩に付き合って遅刻した後輩。
その後輩が、以前に付き合っていた人に似ていて驚きます。

受攻ははっきり分からないしキス止まりですが、多分先輩受かな…。
「多分」と書いたのは最後までいたしてないのと、可愛い感じだった後輩が一年後、
結構成長していたので。でも私の希望が入ってるかも…(笑)

BL以外でも色々描かれてますね。これも読みました。
ほの暗い感じが嫌いじゃないです。
王国の子(1) (KCx(ITAN))王国の子(1) (KCx(ITAN))
(2012/08/07)
びっけ

商品詳細を見る



見つけて、懐かしくてつい買いました。人生で2冊目です。
処分しても読みたくなって、また買うという(笑)
地平線の星 (あすかコミックスCL-DX)地平線の星 (あすかコミックスCL-DX)
(1998/01)
こなみ 詔子

商品詳細を見る

古くて画像出ないけど、当時雑誌から切り抜いて取っておいたのを覚えてます。

田舎で一人で陶芸をやっている市依(いちい)。長髪の似合う美人で、彼は口がきけません。
子供の頃母親から刺されて、そのショックで声を失っていました。
市依は川で少年院から逃げてきた、空雄と出会います。
事情を知らない市依は親切で家に置いてあげて、空雄に陶芸の手伝いをさせます。

二人とも子供の頃に深く傷ついています。彼らは似た者同士でした。
それを癒すかのように寄り添って暮らすけど、その穏やかな日々は壊れてしまう。
ラストでタイトル通りに星が瞬いているのも、二人の約束が果たされる予感あって、
好きなラストです。
こういう淋しい人達は、絶対幸せにならなきゃだめだよ。

エロはないんですが中表紙がいちいち素敵で、これだけでも満足してしまいます。



チョークの橋 (HUG COMICS)チョークの橋 (HUG COMICS)
(2012/10/06)
歩田川 和果

商品詳細を見る

気になって読みました。
変わったタイトルだけど意味が分かると、あぁ…と納得です。そして切なくなった。
黒板にチョークで書いた、二本の線だけの絶対渡れない橋。
だけど想いが届くだけでいい。

高校からの付き合いの恋人同士だけど、受は人目を気にしている。
中学ん時の同級生に偶然会って、当時の悲しい思い出が甦り、受は考えてしまう。
攻に愛されている実感はあるし、自分も攻のこと好きだけど、別れようと思っている。

攻が外見もだけど、ほんとにいい男だった。揺るがないです、受に対して。
それが受には不安となって、その幸せを恐れる受の心情、分からなくもないかな…。
軽い気持ちで読んだけど、繊細な物語だと思う。
私は好きなタイプのお話でした。

そしてやっぱり、吹き出しが独特でした。


『拍手コメのお返事。』 『BE×BOY GOLD 2012年12月号』 『秘密 11、12』
『神隠し寮奇譚』 『願いごとはひだまりで』 
 に拍手とコメントをありがとうございます!
楽しく読ませていただいています。
コメ頂いた記事に、お返事させていただいております~。
 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2012年 12月号 [雑誌]BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2012年 12月号 [雑誌]
(2012/10/27)
不明

商品詳細を見る

多分初めて買った気がします。
お目当ては、中村明日美子さんと池玲文さん。
以前だったらコミックスになるまで我慢、とか思ってましたが、今この瞬間、読むことを選びます(笑)。
雑誌がたまってゴミ出しにものすごく気を遣っても、買うことをためらわなくなりました。
良いのかな…、とりあえず、良いことにしとこう…。

最近兄弟ものが続けて読めて、個人的に嬉しいです。
明日美子さんと池さんの作品の感想、書いています。

よかったらどうぞ…。


『11月、コレ買います。』 『3冊まとめて。』 『いつか友達じゃなくなるとしても』
『拍手コメのお返事』 『on BLUE vol.7』 『秘密 11,12』

に拍手とコメントを、どうもありがとうございます!

お返事は頂いた記事に返信させております。
お時間ある時に見ていただけたら、嬉しいです(*^_^*)

 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
秘密 -トップ・シークレット- 11 (ジェッツコミックス)秘密 -トップ・シークレット- 11 (ジェッツコミックス)
(2012/10/29)
清水玲子

商品詳細を見る

秘密 -トップ・シークレット- 12 (ジェッツコミックス)秘密 -トップ・シークレット- 12 (ジェッツコミックス)
(2012/10/29)
清水玲子

商品詳細を見る

2巻同時発売で、これで完結です。
あー、終わっちゃったー…。読後、震えてしまいました。

これで終わったんだ…と、多分青木の記憶だろう薪さんの顔を、しみじみ眺めてしまいました。
この記憶は、いつ思い出したのか。
ひょっとしたら、青木が遠い未来の死ぬ間際に浮かんだ記憶なのかも? と思ったら
もう胸がいっぱいになってしまった。
ほんの少し口角を上げた、少年のような素の薪さんの表情。
「いそがなくていい 待っているから」という薪さんの言葉。
青木にとっては、一生忘れられないものなんだろうなって。
…はい、妄想です。

1巻から12巻通じて思うのは、すごい、どえらい物語だったということ。
あいかわらずの言葉足らずが情けない…。

一読後の茫然とした頭プラス勢いで書いてます。非BLです。
100%自己満足ですが、もしよろしかったらどうぞ…。

 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる