FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
暴走W王子 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)暴走W王子 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)
(2013/12/26)
わかちこ

商品詳細を見る


表題作が3ぴー、つーことで購入です。色んなCPの短編集でした。
さすがジュネットさん、というかすぐにエロに突入してますが、そういうのも好きです! 明るいエロで、楽しく読みました。

表題作は、アイドルユニット☓マネージャーで3ぴー。
タイプの違うイケメン二人に同じくらい愛される、地味で真面目な焦ると方言が出るマネージャーが可愛いかったー。

二輪挿しは受けが痛そうなので、別にやらなくても…と思ってましたが。こちらの受けは時間かけて慣らしたのが良かったのか(?)、大丈夫そうでした。エロがいやらしく、かつ可愛くかけてるなぁ。面白かったです!

高校生同士、産婦人科医☓患者(男です 笑)、医者☓ヤクザの若頭などなど色んなタイプあって、おじさんや学生のかき分けが上手い作家さんだと思いました。
特に産婦人科医☓患者の話は、長めでもっと読みたかったです。真面目な顔で、母乳を出したいって(笑)。攻めだけでなくそんなギャップに私もやられました。



昨日、一昨日と出かけていました。すごい雪にもかかわらず、北海道の人はめったに傘を差さないですね~。
合間に大きな書店行ったり、アニメイト行ったりと回ったんですが、たくさんのBL本を見たら数秒頭が真っ白になりました(笑)。何買うのか分からなくなった(笑)。メモ見たくせに、買い忘れたのも幾つか…。あーあ。

それでも欲しかった小説をメインに買ってきたので、読むのが楽しみ~。


『「革命」シリーズの自分メモ』  『新庄くんと笹原くん(1)』  『拍手コメのお返事』
に拍手とコメントをありがとうございます!!

読んで下さる方、拍手、コメント下さる方がいらして、続ける励みにさせていただいています。一年間ありがとうございました!
個人的に気が滅入ることがあった一年でしたが、ここで好きなBLの話をしてどれだけ息抜きになったか…。
最近は家人が「腐女子」の言葉を覚えて、私がその類だとうっすら気付いたようです(笑)。
ブログやってるのは知りません。これはまだ秘密…(笑)。

来年もどうぞ宜しくお願いいたします。それでは、よいお年を~☆


スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
新庄くんと笹原くん(1) (MARBLE COMICS)新庄くんと笹原くん(1) (MARBLE COMICS)
(2013/12/25)
腰乃

商品詳細を見る


ポチっとした時、これが続き物だと思ってなかった私です(気付けよ)。ぶ厚くて読みごたえありました。

笹原兄と鮫島くんも出てきていて、『鮫島くんと笹原くん』を読み返そうと探したけど見つからず断念。本棚が欲しいな…作家順に並べたい。これ、来年の目標にしようかな。


二次元大好きなオタクの真希(男で女の子名前なのが好きです)と、生物教師に片思いしている新庄。
新庄は女の子にモテそうなのに、ゲイなのかな……違う? 見た目真希のような、年上が好みだそうです。
新庄の恋の相談を受けるうちに、真希が変わっていきます。最初は鮫島を見て、恋愛でこんなテンション上げ下げして疲れないか?くだらねえ、とバカにしていたのに。
いつしか自分が新庄のことで、ものすごくぐるぐるしてます。

新庄はモテそうなので私もちょっとチャラいのかと感じたけど、本人言ってるように一途です。それに真希から借りた辞書に付箋貼って、お礼だったりメアド訊いたりしてます。
それに気付くのはだいぶ経ってからだった(笑)。

二人とも高校生らしい勢いというか、初々しいというか、こんなお話もいいな~。
すごくそう感じたのは、ごく最近まで「革命」シリーズ読んでたせいだな(笑)。

真希が可愛いです。ぐるぐるして感情高ぶると泣いちゃって可愛いよ~。

二人とも背高くて痩せててカッコいいです。ほっそい体に学ランが似合う~。しかも黒、紺でなくて黒。見た目で既に萌える。
頭良さそうな真希がおバカなのも、ギャップで可愛いし。
好き好き言ってる真希が攻めかと思ったけど、いざそうなると経験なくて「怖い」と泣いちゃって。
真希が受けなのかな?? 私はリバ好きだけど、このお話では真希が攻めでいってほしいなぁ、なんて思ってます。いや、新庄でもいいんだけど! あのシーンで豹変する新庄の表情、エロかったなぁ。結局どっちでもいいのか、節操なしな自分は……(笑) 

とにかく早く2巻が読みたいですー!


 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
書影出てるんですね~。美しい…。

【Amazon.co.jp限定】憂鬱な朝(5) 描きおろしペーパー付き (Charaコミックス)【Amazon.co.jp限定】憂鬱な朝(5) 描きおろしペーパー付き (Charaコミックス)
(2014/01/25)
日高ショーコ

商品詳細を見る

一月は楽しみな新刊多いですが、こちらが一番楽しみです。気軽に「楽しみ」と言っちゃったけど、正座して待っております、みたいな心持ちでいます。
1巻から読み返しておさらいをしとかないと。


さて、本題。
ここんとこ、五條さんの「革命シリーズ」から目が離せませんでした。
以下はメモ程度な、自分用の箇条書きです。
『恋刃』まではじっくり読んでたけど、気になって最後の『喪国』まで駆け足で読んでしまいました。ラストを知った上でもう一回読みます。
変な読み方ですが、結末を知った安心感で読むと落ち着いて読めるので(笑)
全て読み終えて印象的だったのは、『心洞』(特にエナ)と『恋刃』だった。

未読の方には訳分からないと思います、すみません。ほんと自分用です…。書かないと忘れちゃうので。


『2冊まとめて。【コミック】』  『まばたきを三回』
に拍手をいただきました。どうもありがとうございました!!
いらして下さった方もありがとうございます。

年内はあと2つぐらい記事に出来るかな? 
 
 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
しあわせは何色ですか? (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)しあわせは何色ですか? (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)
(2013/01/04)
峰島なわこ

商品詳細を見る

アンソロ掲載時は、読んでたり読んでなかったりでした。おっさん受けという、私の好きな設定なのにね…。
『海とヘビースモーカー』を読んでから、こっちも購入です。
美大の院生・24才×同じ美大の准教授・40代手前。同居というか攻めが押し掛けてきて居候してます。最初から攻めは受けのことが大好きで、それにほだされるつーか、攻めの見せた表情が印象に残って、それから受けも自覚していきます。最終的に気持ちが通じあってからのHで良かったです。

峰島さんの描かれるおっさんは、色気あって好みです。
受けのキャラデザイン、ヒゲがあってとっても良いのに、ボツになったそうです。うーん、ヒゲのおっさん受けってそんなにダメなのか…。


泣いたカラスがもう笑う (花音コミックス)泣いたカラスがもう笑う (花音コミックス)
(2013/01/29)
糸井のぞ

商品詳細を見る

表題作も良かったけど、同時収録の『君の喜ぶ顔が見たい』もすごく良かったー! ラストちょっと泣きそうになってしまった。こちらの方が、三話プラス描き下ろしとボリュームありました。

没落貴族の家柄で、祖母と祖母の使用人と三人暮らしの白泉。
ある時、大切にしているメダルをドブに落としてしまう。一緒に探してくれたヒタキと知り合います。祖母からは「貴方の好きなように」とも「白泉家の当主として」とも言われ、重苦しい気持ちを慰めてくれたのは、幼い時に父から貰ったメダルだった。

ヒタキは美味しい紅茶を入れてくれたり、メダルを貰ったタワーに行こうと誘ってみたり、既に白泉のことが好きだったのかな? 大きな黒い犬みたいに甘えたりして。でも白泉を支えてる感じもする。
頑なになってしまってヒタキを拒否したのに、すごく自分が傷ついてしまう。ヒタキを忘れようとしても忘れられない、白泉の心情がすごく丁寧です。


私の下手くそな感想じゃ伝わらないのが申し訳ないです…、ラストのメダルを握り締めて泣く白泉にもらい泣きしそうだった。ヒタキはちょっとぶっきらぼうな印象だったけど、とても愛情深い人なんだと思いました。
ヒタキは白泉の祖母とも仲良くなったし、ずっと二人は幸せに暮らしていくんだろうなぁ。

「親友以上恋人未満なじれったい恋」というあらすじの表題作に惹かれて買ったのに、予想外に同時収録に持ってかれてしまいました。

『雪よ林檎の香のごとく』  『断鎖 “Escape”』
に拍手とコメントをいただきました。 いつもありがとうございます!!
古い記事にもどうもありがとうございました~(*^_^*)

   
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
今借りたら返却は正月明けなので、ゆっくり読もうと思って借りました。こちらの2冊。
ご覧のとおりの一般小説です。

神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)
(2010/07/22)
須賀 しのぶ

商品詳細を見る


断鎖断鎖"Escape"
(2001/05)
五條 瑛

商品詳細を見る

でもでも一気読みしちゃったよー、『断鎖』!
そして何回か読み返しました。BL小説はなかなか読めないのにね…(小声)。

面白かった! 萌えました。エピローグだけ何度も読んで、もう目に浮かぶほど。
赤い薔薇が空を舞って、亮司の耳元にサーシャの冷たい唇が囁く。
「革命を起こさないか、この国に」

……うわー、もうダメだー。キュンキュンする。濃いラブシーンより萌えました。
上手く隠して書けないので、以下にたたみました。

 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
「リーガルハイ」の最終回を見ました。羽生君がそうだったとはー……!
最初から古美門狙いだったのでしょうか。あの法廷で、再起不能、完膚なきまでにやられたショックで目覚めたのでしょうか? 驚いたのですが独りじゃなかったので、平静を装ってた(笑)

ではさくといきます~。

きのう何食べた?(8)限定版 (プレミアムKC)きのう何食べた?(8)限定版 (プレミアムKC)
(2013/12/03)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

どっちでも良かったのだけど、いづれにしろ予約はするので限定版を買いました。
ゲイカップルの日常も8巻目ですねー。その日常の中に、富永さんちのミチルに赤ちゃんが生まれたり、ケンジの父親が亡くなったりと “生”と“死” が自然にあります。
そんな大げさに考えなくてもいいんだろうけど、なんか印象に残りました。

京都旅行での史朗さんの男前さと真逆な、ケンジの乙女みたいな思考というか…、もう女の子でしょ(笑)
ブラウニー作った時もカッコ良かったな~。
これで史朗さん受けか…、男前な受けも好きだよ、と思いながらも逆もありなんじゃないかと感じた私です。


めぐまれない大人達 (EDGE COMIX)めぐまれない大人達 (EDGE COMIX)
(2013/07/26)
宮沢 草雨

商品詳細を見る


帯の「ヤンデレVSキチデレ」の言葉通り、確かに強烈すぎる二人でした。(あの虫を食べちゃったり…)
でもラブがありました。「BLのLは、LOVEのL」と教えてくれた、ムチムチなプリンの精が可愛いかったです。

自分は死ぬと思った時の三路のモノローグ、三路にキスしてあげる矢島、『プリズナー32』の後編のラストは感動的だった。ちょっと泣きそうになりました。
三路の友人のマルは良いこと言うなぁ。

同時収録の『海辺にてもの思ふ』も良かったです。これがデビュー作なのかな? 短いけれど濃厚だった。
50を過ぎたゲイカップル。突然これから先のことが怖くなって、別れを切り出します。
実家近くの海岸は埋め立てられることが決まり、周りには孫が生まれたり。「何も世界は変わっていない」と言うけど、変わることを恐れているのかな。変わらないことを恐れているのか…。
我が身に置き換えて、色々考えてしまいました。

二等身までいかないけどキャラがゆるい線で描かれていて、それがどシリアスさを和ませてるような気さえしました。
夕暮れの砂浜を歩く二人が切なかったです。


 『全サ本が届いた。』  『2冊まとめて。【コミック】』 に拍手とコメントをいただきました。
いらして下さった方も、どうもありがとうございます!!



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
来週発売の新刊を予約し、入金も済ませ、それが届くまでは積み本・感想待ち積み本を崩すぞー。
この勢い、すぐに息切れして最初だけかもしれませんが、とりあえず2冊いきます。

おとこのことおんなのこおとこのことおんなのこ
(2013/11/28)
米代恭

商品詳細を見る

非BLです。志村貴子さんが帯で推薦されていました。体と心の不一致というか、性の問題って難しい…というのが率直な感想です。軽い気分で読んだから余計にそう思ったのかもしれない。

女装してパブで働く壮と、ピザ配達のバイトをしている菊名。偶然再会した二人には秘密がありました。
壮は実はふたなりで、ボーイッシュな女の子って感じですが男として生きてる。というか、男になりたがってるのか。幼い時から母親に、「どうして男の子なの?」と言われ続けてトラウマなってます。

菊名はかわいい女の子になりたかった。化粧をしてカツラを被るとよく似合って、「俺」から「私」にすぐ変わるんです。ちょっと驚いた。でも壮は、何事もなかったように受け入れてます。

女装が親にばれますが、菊名はやめませんでした。泣きながら買った服を破ってるのは悲しかったな…。
家を出るのを決めた菊名と妹のやりとりは、菊名の決意が固い分妹の混乱ぶりも伝わって、すごく悲しくなりました。置いていかれる妹の気持ちになってしまった。

胸を手術して、男になった壮が町を歩いている。隣には女装した菊名がいます。
一緒にいるのが当然な二人、みたいな(うまく言えない…)、これから二人で歩いていくって思わせる、明るいラストでした。でもちょっと切なさも感じるのは、今までの二人の葛藤とか悲しい経験を見たからかな…。
つらかった分、やり直して幸せになってほしい二人です。


くらやみにストロボ (マーブルコミックス) (MARBLE COMICS)くらやみにストロボ (マーブルコミックス) (MARBLE COMICS)
(2013/11/30)
ハヤカワノジコ

商品詳細を見る


高校生の幼なじみ同士。独特のコマ割りだなぁ。

バスケ部の正太朗が体格的に攻めに思えたけど、この二人はリバもありなんじゃないかなー、私だけ?
そっちの方が私は萌えます。二人とも相手を好きすぎるから、相手が気持ち良くなれるなら自分は上下どっちでもいいって思ってたらいいな、と妄想しました。

好きだと言って、触りたいと思って、それから先を考えてぐるぐるしています。いいから、どーんとやってしまえ!と思うのは、私が汚れているからかもしれん(笑)

“ずっと”が永遠に続かないと分かっていながらも、新は前向きです。読後感良かったです。

同時収録の『空せ視に灯り』は、二人の友人・澤山と長谷のお話。
澤山が正太朗を無視したのは、男同士への嫌悪じゃなくて、新に正太朗を取られてしまった嫉妬だったのね。続きが読んでみたいな。
長谷のキャラが好きでした。



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
奴隷猫 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)奴隷猫 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)
(2013/11/30)
おたぴょん

商品詳細を見る

本屋で気になったものの、帯とこの表紙にビビってやめてしまったヘタレです。
その後でブロ友さんの記事を拝見して、「買えば良かったー」と思い、再び本屋さんへ…。普通の本屋さんのレジに出すには、若干の照れがあったので自分はまだまだでした。
帯の 『24時間全裸待機』 の言葉、すごいなー。本当に全裸待機だった(笑)

表題作は近未来設定で、女性の少ない世界。国の持ち物で“猫”という身分があります。高校で飼われてるそのペットの“猫”は、生徒のストレスのはけ口になって代わる代わるやられちゃっています。

生徒の暁はそのネコが、小学生の時いじめて泣かしていた翔だと気付く。
でも翔は覚えてなくて、借金の方に売られて今の身分になりました。過去のことをさらっと話す翔が可哀想…。
二人は屋上で会話するようになって、パンやチョコ上げたりして、野良猫を手なずけるような状況。相手は全裸なネコだけどさ…。

奴隷の扱いされてる時、暁に見られてると気付いたら恥ずかしくなって、本気で嫌がるのがちょっと可哀想でした。大人になった暁は、翔を迎えに行きます。ほんと良かったー。
エロエロなだけでなく、純愛なお話でした。

“猫”がいるなら“犬”もいて、描き下ろしの『奴隷犬』も収録されてます。こちらは攻め専用。こっちも面白かった。
文句言いながらも心配して、飼い主の帰りを外で待っていました。さすが、犬(笑)。

『愛して愛して愛して』は、好き同士なのにセフレで始まってしまった二人。
「なりふり構わず突っ込んで来い!」の意味を履き違えて、リバってた(笑)。これはこれで全然有りです、面白かった~。


ぼくらの不思議な恋事情 (POE BACKS/Babyコミックス) (POE BACKS Babyコミックス)ぼくらの不思議な恋事情 (POE BACKS/Babyコミックス) (POE BACKS Babyコミックス)
(2013/11/22)
かつらぎ

商品詳細を見る

表題作はオカルトっぽいなので、それを意識された表紙なのかな? 好きな雰囲気です。
と言っても、マジで怖くはありません。
大学の「超自然科学研究会」というサークル四人のうち、二つのカプが出来ています。
一話は、黒髪短髪、しっかりものの後輩☓怖がりなヒゲの部長。二話はむっつりなメガネ☓可愛い霊媒体質で、こちらは同じ年。
ヒゲ受けのカプの方が好みでした。大層な名前だけどオカルト研究会みたいで、部長やってるけどすんごい怖がりなのが可愛いかったー。

表題作をもっと読みたっかなー。同時収録のバンカラ攻めの時代ものの方が、ボリュームあったので。
バンカラが結構人の話を聞かず、受けは何だか流されていて(笑)
「好き」とお互い言わないけど、最後にやっと通じあった感じです。


『全サ本が届いた。』  『素敵な入れ替わり』  『匂い系小説、いろいろ。➃』
に拍手とコメントをいただきました。いつもありがとうございますー!!

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
つい昨日届きました。トジツキハジメさんの単行本未収録作品集です。
タイトルがそのまんま。そんな素っ気なさも好きです。
このまま書店にあってもいいようなクオリティ。さすが900円(送料込)。

全サ



一番古いのは2005年。それから2010年までの『麗人』 『baby』 に掲載された6作が収録されてます。

長くなったのでたたみました。
自分的メモな記事なってます。暑苦しく書き連ねてますので、ご注意下さいませ。

 

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
素敵な入れ替わり (ディアプラス文庫)素敵な入れ替わり (ディアプラス文庫)
(2013/12/07)
小林 典雅

商品詳細を見る

小林さん作品は面白いな~。ミスドで途中まで読んでたけど、ニヤけてしまって不審者に思われそうなので家に帰って続きを読みました。最初から家で読むべきだよ、私。

高校生・17才×総菜店の若主人・38才。
年の差設定、最近よく読んでます。もっと色んな年の差BLを読みたいと、欲が出てきました。


以下にたたんでいます。


 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

 

 
この頃おじさん受けを読む機会が多いので、これもそうだったはず!と思い出して読み返しました。
そしたら、おじさん受けかすら分からない、すごいプラトニックだった。なぜおじさん受けだと思ったんだろ…。自分でも分かりません(汗)。主人公は、ネコだったと言ってるのにね…。

それだけでなく、最近サンキュータツオさんの動画を知りました。その中で「ポラリスベル、いいよ!」的なこと仰っていたので、それで思い出したせいもあります。
タツオさん、腐りっぷりがすごいです(笑)。すばらしいです(笑)。『ヤンキーは総じて受けである』、名言です(笑)。あと『Free!』について語っていたり…。
あ、話がそれた…。


ポラリスベル (MARBLE COMICS)ポラリスベル (MARBLE COMICS)
(2007/03/30)
テラシマ

商品詳細を見る

秀吾は電車内で落とし物をして、見つけてくれた駅員さんに一目惚れに近い感情を持ちます。
その駅員とは年の差(二回り)あるし、しかも元カノの父親です。いくらバイと言ってもおかしいと、秀吾は悩んで迷って避け続ける。
軽くてチャラチャラしてるけど、車内アナウンスで駅員の声を聴いて自覚する、これは恋だと。

タイトルだけでなく、中表紙がまるで銀河鉄道に乗ってるようなロマンチックさがありました。最初は秀吾、次は幼なじみ、その次は元カノ、最後は駅員さん。四人それぞれの立場で見た話になっていて。
妻を亡くし娘と二人暮らし、日々の仕事の繰り返しの中に現れた秀吾。最後の駅員さんの話は、こんな風に思ってたんだなぁと分かりました。


ポラリスまでの距離 (MARBLE COMICS)ポラリスまでの距離 (MARBLE COMICS)
(2008/10/20)
テラシマ

商品詳細を見る

続編です。こちらもそれぞれのタイトルがロマンチックだった。
このロマンチックさを引っ張ったせいか、引き続き四人の関係はさっぱりと読めました。実際はドロドロしそうだけど。偶然とは言え、元カノ(現・友達)の父親を好きになるんだもんな…。

秀吾が誘って、二人で星を見に行きます。思わず告白してしまう秀吾。好きですと言った後に「嫌わないで下さい」って謝って、何だか可哀想だった。すっごく後悔してるし。

もしも自分が女だったら。同じ歳だったら。もしも告白しなければ、変わらずにいられただろうか。
そう仮定してもやっぱり駅員のことが好きで。貰った最後の駅員からの手紙は、年長者としてそう書くだろうという断りの文章。
誰かを好きになることは悪くないことなのに、相手によってそう思ってしまうのって切ないです。

そんで10年以上経って、秀吾の元カノと幼なじみが結婚します。秀吾は駅員さんの影響で星を勉強して、その道に就職していました。娘が結婚して一人になった駅員と、母が亡くなって一人だった秀吾。
時間と共に状況は変わり、やっと二人は始まった。そんな感じです。手を繋いでいるだけでも幸せな感じで良かったです。


前作からの私の謎、どっちが受けなんだろうか?、ですが。
エロないので何とも言えませんが、秀吾が攻めな気がします。秀吾の一途な想いに、駅員さんが追い付いた感じがしたので。想いが強い方が攻め、という勝手な自分の法則です(笑)。

終始、ロマンチックな雰囲気でした。何度もこの単語書いたので、恥ずかしくなくなったなー。ロマンチック、好きです!

『2冊まとめて。【コミック】』  『11月読んだものメモ』  『匂い系小説いろいろ。➃』
に拍手とコメントをいただきました。
どうもありがとうございました~!!

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
以前に書いた、【匂い系小説、いろいろ】の続きになります。
図書館で読めるBL臭のする一般小説、というまとめをこの間また見ました。その中で気になって、読んだ2冊の感想です。
下書きにしっぱなしだったのを、急いで読んでまとめたので、乱文長文なってます。


もう端的に的確にまとめる気がなくなってます、というか、まとめられません(えー)。すみません。

臭うのでなく、そのまんまのBL小説を読めばいいんですけどね…(小声)。



以下にたたんでいます、よろしかったらどうぞ~。


 

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
今月で一年も終わりですね。今年は本当に早かったなー。
個人的には、怪我をしてから一年経つのかと感慨深いです。あんな面倒で痛い思いはもうしたくない!、という思いが既に重いです。シャレにあらず…。
雪に対する過剰反応、過剰防衛? 冬の厳しい土地に住んでいながら、ここまで…と自分でも思います(笑)
でも、まぁしょうがないとこもあるんですよね。車だって四駆だろうが、冬タイヤだろうが滑る時は滑るしさ…。
早く春にならないかな~。

前置き長くてすみません。
記事にしたものは除いています。他にも買った小説あるんですが、またもや積んでる…。


以下に畳みました。よろしかったら、どうぞ~。  

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
寒くなりましたね~。「今朝は今シーズン一番の寒さでした」って既に2、3回聞いた気がします。古傷が痛みます…。湯治に行きたい。

さて、さくっといきます~。

愛しのネコ耳リーマン (POE BACKS/Babyコミックス) (POE BACKS Babyコミックス)愛しのネコ耳リーマン (POE BACKS/Babyコミックス) (POE BACKS Babyコミックス)
(2013/11/22)
ぴい

商品詳細を見る

ぴいさんは、アンソロで初めて知りました。
25才のレンタル店副店長☓45才食品メーカーの部長。受けは痩せてるし、年齢よりも若く見えます。
飼い猫にそっくりな受け(似てないけど 汗)にネコ耳や尻尾をつけたいと、攻めは相当しつこいです。んで、一度だけならと流されるおじさん受け…、可愛いです(笑)。勃〇して嬉しくて泣いちゃうのも可愛かったー。

受けの同期が面白いヤツでした。節操ないけど、なんだか憎めない。
もっと受けにちょっかい出してほしかったな~。



花とうさぎ (GUSH COMICS)花とうさぎ (GUSH COMICS)
(2013/08/10)
嘉島 ちあき

商品詳細を見る

可愛いお話でした。ここんとこ読む初めての作家さんは、どの本も面白くて嬉しいです。
人見知りのウサギのかぶりものしてる男☓宅配便男子。
かぶりものが普通に可愛いです。素顔を受けに見られてもかぶってます。さすがに遊園地行く時は止めたけど、マスクにサングラスで怪しかったです(笑)
付き合うようになると、攻めの臆病さに拍車かかって受けは不安になる。家でもまだかぶってるし(笑)。
不安なのは受けも同じでした。自分から迫って上になる受けって好きです。
本編のエロさは薄いんですが、描き下ろしがあったので満足。ウサギをかぶって(しかも逆)咥えられてる絵は、ギャグだけどエロさもありました。

同時収録の『僕らの最大公約数』。
どっちが攻めるかでもめて、ナニの大きさで決めます。受けからしたらアレが小さい方が楽なはずなので、小さい方が攻めることにしますが「ポークビッ〇」ってさー(笑)
不本意ながら受けになり、次は攻めると言うけれど、やっぱり受けになってて。攻め☓攻めの攻防も可愛いかったです。


『海とヘビースモーカー』  『それを言ったらおしまいよ』  『雑談』  『2冊まとめて。』
に拍手とコメントをいただきました。いつもありがとうございます!
古い記事にもどうもありがとうございました!


 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2013 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる