FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
連休に風邪引いてそのせいでちょっと痩せたんですが、それから治って好きなように食べてるにもかかわらず、体重が元に戻りません。3キロ程度なんだけど、お菓子いっぱい食べてるし運動もしてないのに何で??
と、若干ビビり気味です。ちっとも嬉しくないよー。若い頃ならラッキー!って思うけどさ、色々ガタ来てる年齢なると不安になりますよ。どっか消化器系でも悪いのか…、と余計な心配している今日この頃です。

前置き長くなりました。
あふれてしまう (Feelコミックス オンブルー)あふれてしまう (Feelコミックス オンブルー)
(2014/04/25)
荒井よしみ

商品詳細を見る

気になってたんですが、やっと読みました。
受けが女の子っぽいというより、ショタっぽい?? 私は全然大丈夫でしたが。

「高校生の裕一は“彼氏が欲しい”男の子。カッコいい男の人に、手ひどく抱かれたり、かわいがられたりしちゃう妄想で頭がいっぱい。そんな毎日の中で出会ったのは、物腰柔らかなメガネも大学生・若菜さん。あふれる妄想を持て余している裕一に、優しく話しかけてきてーー?」

あらすじ引用しました。これ読んでどんな妄想してるんだ?!ってこっちが妄想しちゃったけど、帯の言葉通り「現実は妄想よりスゴい。」でした。
店で触っちゃったり、事務室みたいなトコで最後までいたしちゃったりと、ええ??と思うところもあったけど、臆病な受けが若菜を好きになっていく過程が丁寧で良かったです。

花言葉が使われていたり、絵柄が可愛らしくて、少女マンガのような印象持ちました(私は好きです)。
でもエロはしっかりあって、しかもエロい。可愛い絵柄だとそう思えるのかなぁ。
受けが恥じらったり泣いたりしてるのが何ていうか、もっと泣かしてみたくなるなような……。

受けの友人・友美ちゃん視点の、小学生ん時のエピソードは切なかったです。友美ちゃん、本当にいい子だ。

そして最後の最後でビックリ……!!
私はリバ好きなんですが、このカプはちょっと意外でした。

スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
パレードはどこへ行くの?パレードはどこへ行くの?
(2014/05/16)
鈴木 志保

商品詳細を見る

一読後、何だか分からないんですが泣いてました。声に出して泣きたくなったほど。
でもいい年して嗚咽はどんなもんかと我に返ったので落ち着きました。

一生手放すつもりのない作品である『船を建てる』以降は、この作品が好き過ぎて、多分これ以上のものを無意識に期待していたんだと思います。鈴木さんの他作品を読むのが怖くなったというか…。
なので個人的に久しぶりな、鈴木さんの作品でした。『船を建てる』と根っこの部分は、同じな気がしました。

独特なコマ割りは変わりないですが、絵柄はいっそう丸みを帯びた感じだし、台詞も『船を建てる』よりも簡素化? 簡略されたような気がします。
でもさっきも書いたように、根底にあるものは変わってない。それは私が勝手に思ってることなんですが…。

長くなったのでたたみました。感想でも何でもない、ただのメモです(汗)。
非BL作品です(見ればわかるよね)、よろしかったらどうぞ…。

『サウダーデ(1)』   『2冊まとめて。【コミック】』    『雑談。』   『BABY 04r 、Canna vol.35』  『月光坂の花屋敷 春』   『SEX PISTOLS (7) 』 『SEX PISTOLS (8) 』
に拍手をいただきました。どうもありがとうございます!!




 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
月光坂の花屋敷春 (H&C Comics  CRAFT SERIES 61)月光坂の花屋敷春 (H&C Comics CRAFT SERIES 61)
(2014/05/01)
木下 けい子

商品詳細を見る


全く知らない作品だったのですが、今後が楽しみです。
次巻は一年後とかになるのかな……。いや、待つけど!

月光坂にある立派な家に住む、柏木幸哉と結人の親子。そこに下宿している官僚の小鳥遊(たかなし)。
幸哉が若々しく子持ちに見えません。そんでゲイだし政治家と体の関係持ってたりして、この辺りのギャップが良いです。
それを知っていて、俺にしとけばいいのにぐらいに言ってしまう小鳥遊。5才下の彼はずっと幸哉が好き。でも幸哉はそうじゃない。
矢印が片方からしか出てないのに、体の関係あるなんて萌える! 
それに幸哉の心情は何となく淡々としてる気っがします。諦めているっていうのかな…。

結人は小鳥遊に片思いしてて、結人の友人は結人が好きみたいで、それぞれの気持ちは一方通行っぽい。
こういう気持ちがすれ違っている話は好きなので、どう展開してどう収まるのかが楽しみです。死んでしまった友人と幸哉との関係とか、1巻目だからだろうけど伏線張ってあります。

最後近くに、幸哉の気持ちに変化があるように見えました。
どうしたらいいのか判らないっていう幸哉の気持ちが、静かなのに迫ってくるような感じで好きです。
続きを待ちますー。

『2冊まとめて 【コミック】』  『地下鉄の犬 【ドラマCD】』 
に拍手をいただきました。 いつもありがとうございます!!

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
地下鉄の犬 ドラマCD地下鉄の犬 ドラマCD
(2011/06/15)
イメージ・アルバム

商品詳細を見る

「 あれ? 感想ってどうやって書くんだっけ?? 病」 になりそうなのでちょっと切り替えて、とっても久しぶりなドラマCDのこと書きます。
ドラマCD大好きなんですが、高価なので簡単に手が出ず、在庫もそれほどないです(汗)。
好きな原作で、好きな声優さんの出演だったら尚良くて、wikiの感想が良いものが多ければ買う、といった感じかな~。
原作の感想記事上げていたと思ったら無かった! でも書きますww

原作の雰囲気そのまんま、職場の後輩達のやりとりもいい。お弁当のはしっこのことも可愛かったです。
聴いていて場面が目に浮かびます。たまに聴いていて分かりにくいCDもあるけど……。

羽多野さんの攻めは声が低い印象だったけど、この朝倉はそんなことなくて、思ったより低くなかった。理想的な年下ワンコ攻めでした。
なんか私、前野さんと羽多野さんがごっちゃになってたみたいです。反省。

千葉一伸さんは、攻め役で一度聴いことあります。今市子さんの『グルメ倶楽部』の鬼塚先輩だった。
こちらの篠田役、すごく合ってました。あの篠田、そのまんま。カッコ良くて穏やかで。
耳に心地良くて、大人な受け役がぴったりだと思う。普段の時も濡れ場ん時も色気ありました。

羽多野さんも朝倉そのまんま。電車で旅行行く時の話も、目に浮かびます。次々と朝倉の知人に会っていって、篠田の胸の内とか。
濡れ場での羽多野さんの息遣いや、千葉さんの色気が良かった~。

全体的に静かな雰囲気で、聴きやすかったです。
ただ「文箱」は「ふばこ」と言ってほしかったな……。細かいかな、私。
フリト入ってたけど、短すぎじゃないのー。もっと聞きたかったなぁ。


 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
連休に引いた風邪の治りが悪いです。年のせいか時間かかる気がする…(汗)。
さて、気を取り直してさくっといきます~。

シニア ハイスクール スチューデント (アクアコミックス)シニア ハイスクール スチューデント (アクアコミックス)
(2014/03/12)
吉池マスコ

商品詳細を見る

マスコさん作品の可愛い系なお話。エロなかったです。
でも可愛いし、読んでてほんわかしました。
45才にして定時制に通うヤクザの伊佐はいい人だし、臨時担任の森山(25才)は健気で可愛いです。
クラスメイトの植木職人と若い男の子のカプも絡んでます。
ヤクザの坊ちゃんが森山と高校の同級生で、彼が二人の仲を取りもった感じです。
描き下ろしのおまけは森山の天然っぷりが、こっちが恥ずかしくなるほど可愛い!
坊ちゃんがぼやきたくなるのもよく分かります(笑)。


いつものふたりで。 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 154)いつものふたりで。 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 154)
(2014/04/24)
鶏尾

商品詳細を見る

初めての作家さま。表紙買いです。
表紙のイメージと違って中身が、白黒はっきりしている絵柄でした。私は好きなんですが。
同時収録の「やさしい悪夢を。」が好きな雰囲気でした。バッドエンドっぽいしエロシーンは綺麗だし。
台詞が少な目で、絵で見せるような感じです。読んでいて受け攻めどっちの台詞か、どっちの視点か分からなかったりして……。私が読解力ないと言ったらそれまでですが(汗)。だから余計に惜しかったなー…。



話が変わります。
いただいた拍手コメのお返事でも書かせていただきました。もうすぐ発売ですね~。

ウサギの国のキュウリ (幻冬舎ルチル文庫)ウサギの国のキュウリ (幻冬舎ルチル文庫)
(2014/05/19)
松雪 奈々

商品詳細を見る

書影出てませんが…。
紙媒体で縦書きの小説が(支部は読めるのに…)読めなくなってますが、こちらは読みたい!
どんなキュウリ君なのか楽しみです~。


『2冊まとめて。【コミック】』  『10DANCE 1』   『10DANCE 2』
に拍手とコメントをいただきました。いつもありがとうございますーー!
ゆるゆる更新にも関わらず、見に来て下さってどうもありがとうございました!!



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
めくるめくハイライト (バーズコミックス リンクスコレクション)めくるめくハイライト (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2014/02/24)
ミナヅキ アキラ

商品詳細を見る

3組のカプのお話。どれも年下攻めでした! 良かったです~。
ミナヅキさんの本の中で、一番こちらが好みかも。
一番好きなお話の感想書いてます。


〇「まよってあいして。」  「まよわずあいして。」
19才×36才っていう年の差がたまりません。
妻に逃げられ育児休暇を消化すべく傷心の旅に出た受けは、現地で困っていた時に攻めと出会います。翌日お礼を言うべくランチを奢ると言った受けですが、買春と勘違いされます。
妙な出会い方、言葉の壁を面白く感じて、攻めは受けと過ごすようになる。家出をして悪友らとつるんでいた攻めには、大人な受けとの時間は新鮮で穏やかで、段々と惹かれていきます。
攻め視点で見る受けが年齢の割にかわいらしくて、でも口元のホクロが色っぽく感じました。(最近ホクロに萌えるんだよな…)
戸惑っていたけど、攻めをかわいいと思う受けの心情もすごく分かる。攻めが若くてきれいでしかも外国人って、なんか、すごくいい……。萌えました。

日本で再会する約束が果たされそうなラストで、読後感も良かったです。


恋の占い横丁 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)恋の占い横丁 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)
(2014/04/10)
阿部 あかね

商品詳細を見る


偶然次に読んだこちらも、22才(勉強中の占い師なのかな?)×28才(警察官)の年下攻めでした。
阿部さんが描く長髪男はカッコいいですね。ダメな所もあるけど憎めないです。
警察官の受けの女性の好みが、母親のようにどっしりとしてる人って、なんか面白かったww

そんなノンケだった受けが、ゲイの攻めに気持ちいいことされてそれに慣れていきます。あんなに受けの部屋に入り浸っていたのに、急に跡形もなくいなくなって。
占い横丁の詐欺事件と絡んで、「ええ?もしかして??」と思わせられて、ラブコメなのに一瞬ドキドキしちゃった。
攻めを探す受けは警察官なのに、占いを頼るのも面白かったです。



『雑談。』  『SEX PISTOLS (8)』   『月影』   『Baby 04r、Canna vol.35』   『花のみぞ知る 1』   『花のみぞ知る 2』  『花のみぞ知る 3』   
『花のみやこで』    『2冊まとめて。【コミック】』   

拍手とコメントをいただきました。古い記事にもいただいて……(涙)
いつもありがとうございます!!

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
GW後半になりましたね。
桜は咲きましたが、あっという間にもう散ってます。私は明日、明後日仕事ですー(雨降らないかな~)。

今日、衝動買いしたマンガです。

4番の卓球(1) (ビーツコミックス)4番の卓球(1) (ビーツコミックス)
(2014/04/14)
土田 悠史

商品詳細を見る


元野球部の四番打者が、三人しかいない弱小な卓球部に入ります。
この、わけありな元野球部員が美形です。それだけで買ったようなもの……

いやいや、スポ根好きだし! 弱ペダもダイヤもハイキューも熱くて好きだ!
絵柄が柳沢さんっぽいんだけどな……。PN、変えてるのかな??
続きも読もうと思います。


2日発売の、月刊プリンセス6月号。
表紙の左側にある「放課後ペダル」が読みたくて、昨日本屋さん行ったらありませんでした。

月刊 プリンセス 2014年 06月号 [雑誌]月刊 プリンセス 2014年 06月号 [雑誌]
(2014/05/02)
不明

商品詳細を見る


以下にこの「プリンセス」にまつわるどうでもいい話、プラス私の旬、大好きなマンガのことをちょっとばかし書いてます。たたみました。字ばっかです、ごめんなさい。
興味ない方はどうぞスルーしちゃって下さい~。


『月影』  『BABY 04r 、 Cannna vol.35』 
に拍手をいただきました。どうもありがとうございました!!



 

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
アンソロ2冊、まとめてます。

BABY Vol.4r (POE BACKS)BABY Vol.4r (POE BACKS)
(2014/04/24)
永井三郎、真名子 他

商品詳細を見る

〇「過剰妄想少年」ぴい
大野じゃないけど、暮島の態度が信じられないというか、ちょっとひどいなぁ。
睨みつけて「意味わかれや」って言っても…。優しくできないのか? 最初は軽い雰囲気だった気がするので、こっちが本当の暮島なのか…。大野のことを本気で好き、ってことなのか?
このお話、コミックスでまるまる1冊で早く読みたい。

〇「星みたいに遠い」クロオ千尋
三角関係が好きです。皆片方だけの矢印で、すれ違いが面白い!と思ってたのですが…。
三人の中で勇己が好きなせいか、贔屓目に見ちゃいます、。勇己の恋が実ってくれたないかと思ってしまった。それか「諦めるから一度だけ」とか言って、一真とやっちゃってくれないかな…。

特集は『痛いBL』です。精神的、肉体的に痛いSS漫画と萌え語り。
面白かったです。どんどんこうやって商業誌でも載るといいなぁ。「痛い」って、作家さんそれぞれの感性あるから、同じものはないんですよね。
サガミワカさんの双子の話は切なかったし、ユムコさんの話は可哀想な受けが幸福になれて良かった。
赤星ジェイクさんの話は、受け攻めが思ってたのと逆で良い意味で裏切られました。


オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.35 (オリジナルボーイズラブアンソロジー Canna)オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.35 (オリジナルボーイズラブアンソロジー Canna)
(2014/04/21)
朝田 ねむい、小松 他

商品詳細を見る

朝田ねむいさんの連載が始まるというので、今回は購入しました。
買ったり買わなかったりという、中途半端な読者です(汗)。いくつかの感想書いています~。

〇「Loved Circus」朝田ねむい
面白かった! 続きが楽しみ~。
キャバ嬢に貢いで借金を抱えたサラリーマンのケイが、スカウトされたのは性風俗店「サーカス」のオーナー・シロ。
一話目なので人物紹介的な内容でした。ホクロの印象的な美形のシロとごく普通なケイの関係が、雇い主と従業員から変わっていくのかな~。と、もう深読みしてます(笑)。地味な受けとイケメンな攻めのカプも好き。

〇「それから、君を考える」小松
すっごい良かったです、切ない。切ないとしか言えない自分がもどかしい…。
幼なじみの二人、生まれ育った町を進学を期に出ていく人と残って家業を継ぐ人と。
残る方が片思いをしていて、合格を応援しながらもこの町に残って欲しいとも思う。すごく心情が丁寧でした。何故だか感傷的にもなったりして。
 
この二人はこれからどうなるんだろう。どうもならないのか…。仕方ないと思いながらも、やるせなさがありました。たまにこういう作品を読むと、改めてBLっていいなぁと思います。


〇『片喰み』雪路凹子
睫バサバサな病弱な少年が美しいです。すごくこの時代の雰囲気に似合ってます。四つ葉を探しながら、叶ってはいけない望みを抱えている。少年が好きな相手が誰なのかは読んでいて分かりますが、絶対叶わないのが分かるので切ないです。

この少年が出てくる別の話、『1一』は連載なのかな?弟は父にそっくりで、兄のことが大好きで。『片喰み』の印象とは違って、がっつり近親ものな匂いがします。(私だけ?)楽しみです!




 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2014 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる