FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
号外onBLUE vol.2 (Feelコミックス オンブルー)号外onBLUE vol.2 (Feelコミックス オンブルー)
(2014/11/25)
雲田はるこ、たなと 他

商品詳細を見る


vol.3は5月発売だそうです。5月って……、と一瞬遠い目しちゃったけど買います!
いくつかの感想、メモ程度ですが書いてます~。


○「モンテカルロの雨」 雲田はるこ
もう、すっごい良かったー! 映画を撮る作品なんですが、この読み切り自体が映画のように、本当に素敵なお話です。ざっくり書くと、21才クオーター美形俳優×オッサン日本人俳優。(ほんと、ざっくりすぎる…)
異国のリゾート地での思い出の恋でなく、ちゃんと続いていたのも良かったし、エロがね、ほんと素敵で…。
オッサンなのに廉さん、可愛い過ぎだよ。最後までやってないのに何このエロさ。ジャンのイケメンっぷりも。
素敵な短編映画を観たような読後感でした。(素敵、しか言ってない…)


○「うぬぼれオーバードライブ」 カシオ
これも面白かったな~。
ほんと、朝比奈って見てて飽きない(笑)。自分大好きなナルシストが、菅原に好かれたくて筋トレしたり、2丁目まで探しに来たり、やること可愛いです。
菅原が綺麗な顔してバリタチって、なんか萌えます。


○「レトルトカレー」 阿弥陀しずく
正直、何となしに読んだのですが、すごく良かったです。
教習所の教官×元生徒。年の差いいよなぁ。若い受けの出会いの可能性を、自分が狭めてるんじゃないかと考える攻めは、本当に受けのことが大切だし好きなんだと感じました。
でも受けだって、攻めのことが好きで。ラストはニヤニヤして読んでました。


○「トリガー」 イシノアヤ
後編はどうなるのかと、前号で気になってました。
「ゲイなんて、だから生きる資格ねーんだって」と曽根に言ってるけど、まるで自分に言ってるような三井が悲しいです。ゲイである自分、本当の自分を隠し続けて破綻してしまった三井。
仕事も家庭も失って、最後に残ったのが痛めつけていた曽根だけなんて…。
二人はこれで幸せなのか、今後二人はどうなっていくのか、ラスト1Pの余韻に浸りながらも考えてしまいました。
こういう雰囲気の作品、大好き。


『ナンバーコール』   『傾く滝 杉本苑子』  『エバーアフター』 
に拍手をいただきました。いつもありがとうございます!
古い記事も読んで下さって嬉しいです~!!


スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
エバーアフター (ボーイズDuOセレクション)エバーアフター (ボーイズDuOセレクション)
(2014/11/25)
えすとえむ

商品詳細を見る

帯の「全てのおとぎ話は1%の真実と99%のボーイズラブからできている」。
その通りな、おとぎ話がベースの短編集です。
「シンデレラ」「赤ずきん」「人魚姫」「かぐや姫」「カルメン」「美女と野獣」の6編が収録されてます。

「シンデレラ」は王子とサラリーマンが、ゲイの集まる仮装パーティで出会います。そこで黒いハイヒールを落とし、王子は運命の相手を探します。ナニにしたピアスって「プリンス・アルバート」って言うんですね。
短いけど濃くて、個人的にこのお話が一番好き。

「人魚姫」はハッピーエンドです。実業家と自称人魚。
でも特典のイラストに書いてあったような、重い雰囲気の人魚ものも読んでみたいです。私もどっちか言うと人魚ものは暗いのが好き。人魚じゃないけど、『龍宮』が大好きなので。

「カルメン」はどんな話なのか、実はよく知らないのです。
知った上で読めば良かったなと後悔しました。なぜカルメンは殺されたのか。
そしたらラストの重さをもっと感じられたかもしれない。


 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
ナンバーコール (IDコミックス gateauコミックス)ナンバーコール (IDコミックス gateauコミックス)
(2014/10/15)
古矢 渚

商品詳細を見る

雰囲気のある表紙だなぁと思い、以前に読んだレビューで良さげだったのを思い出して購入しました。作者さんの初コミックスだそうです。

絵柄は線が細めで見やすいです。
描き下ろしでチューしてるだけの、初々しい高校生もの。市川さんの『ブルースカイコンプレックス』に通じるような、たまにはこんなピュアなお話も読みたくなるよと改めて思いました。
どっちが攻めとか受けとか、そういうのはいいよ! 
恋してる二人が読みたいんだ! と思いましたが、私が言ってもどの口が言ってるんだよ、という感じですね(汗)。


高校生だからこそエロに興味あるんじゃないか、高校生だから恋と友情の区別がつかないんじゃないかという、真逆な気持ちになる時あります(その時の気分にも寄るんですが)。こういう作品を読むと、後者の気分になるという…。
受験生で、友達とわちゃわちゃしてんのが楽しい男子高校生。そんな二人が偶然出会って、名前にある数字が縁で知り合う。学科もクラスも違うので、偶然すれ違った時に、他愛ない言葉を交わす程度です。
放課後の図書室で偶然隣に座り、一緒に帰ります。この辺り、心の動きというのかな、すごく丁寧です。


両思いになっても、もうすぐ卒業。一緒に過ごす時間は少ないけど、その後は二人で歩いていく、そんな想像が出来るさわやかな読後感でした。また読んでみたい作家さんです。

それぞれの友人が、結構大事な役目(大げさかな)を担っていて。友人らとの会話が多いのも、余計に“普通の高校生”って感じ受けました。
特にハチの友人・きっしー。黒髪できつめな目が好みです。

ブレザーも好きですが学ランもいいなぁ。


『過剰妄想少年』  『やたもも』  『グッモーニングッナイ』
に拍手とコメントをいただきました。いつもありがとうございます~☆


 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
過剰妄想少年 (POE BACKS/BABYコミックス)過剰妄想少年 (POE BACKS/BABYコミックス)
(2014/10/24)
ぴい

商品詳細を見る

連載中ずっと読んでいて、その度に続きがすごく気になってました。

明るく顔も良くて女子から人気のある暮島(攻め)と、地味で大人しい大野(受け)。こういう組み合わせって好きです。モテる攻めが女子でなく、どうして男の受けを選んだのかが説得力がある気がします。

妄想でオ○ニーできちゃう大野に気付いた暮島は、最初は単純な興味しか無かったのかな? 最後まで暮島は「好き」って言ってないんですよね。言葉じゃなく態度で、大野から言わせるように仕向ける。
これは私だけかもしれませんが、独り言でもいいから暮島からの「好き」が聞きたかったなぁと思うのは贅沢なのかな? 

描き下ろしは、もう付き合ってる二人だから甘々なのは分かるんだけど、何か大野は変わったなぁとしみじみ感じてしまった。あ、良い意味です。暮島のことが好きなのが分かって、すごく可愛く見えました。

佐々木さんのめげない感じ、可愛いです。BLの女子キャラって結構な割合で私は苦手なんですが、彼女は好感持ちました。



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
グッモーニン グッナイ (Canna Comics)グッモーニン グッナイ (Canna Comics)
(2014/09/26)
糸井 のぞ

商品詳細を見る


糸井さんの絵柄、海外ものが似合うなぁ。
最初、「アヤ」って名前だけで日本人かと思ってた…。

突然去った恋人を忘れられないアヤの元に、人探しをしている美しい青年が現れる。
車にぶつかりそうになったアヤを庇った青年は、記憶障害になってしまい、アヤは記憶が戻るまで彼と同居することにします。
ミステリアスな青年・リネアの過去や、突然いなくなった元恋人のことが話が進むにつれて分かってきます。
幼いリネアの姉がすごく可愛らしく描かれているので、余計に切なかったです。

あとがき読んで、個人的に「ええっ」と思ったのですが。
「アヤはリネアを許すことはないでしょうけど」の言葉。私は、許したから一緒に暮らしてると思ったんですよね。
甘さは要所要所にあるんだけど、根っこのところにある「大切な人を失う悲しさ」みたいのが感じる作品でした。



全然話が変わります。
美術手帖 2014年 12月号美術手帖 2014年 12月号
(2014/11/17)
美術手帖編集部

商品詳細を見る


予約済みです。TLで流れてた明日美子さんの下書きの画像、とても綺麗だったなぁ。
描き下ろし漫画、すごく楽しみです。どっちが受けなのかな…。黒髪と見せかけての茶髪だったら泣いて喜びます(笑)
作家さんへのインタビュー、ヨネダさんばかり目がいってましたが、はらださんもなんですね!
まだ届いていませんが、楽しみに待ってます。


『やたもも』  『雑談。』  『ヴァセリンの記憶/山田詠美』
に拍手とコメントをいただきました。いつもありがとうございます!!
ヴァセリンの記事は二年以上前のものなのに、拍手をいただけて嬉しいです。読み返したくなりました。

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
やたもも (バンブーコミックス Qpaコレクション)やたもも (バンブーコミックス Qpaコレクション)
(2014/08/16)
はらだ

商品詳細を見る

結構前に読んでいたのに、記事にすんのが遅くなりました。
前にも書いた気がするけど、読んだ直後の勢いで書かないと私はダメだな…。

さて。
既刊の『変愛』がとてもエロいんだけどそれだけじゃない、的な感想書いたのを覚えています。やっぱりこちらの新刊もそうでした。ビッチ受け、でもそうなってしまったのが切ない。

連れて行かれたモモを助けに、元愛人の須田んとこへ八田が行く話が好きです。
へらへらしてるモモの、そうせざるを得ない気持ちが悲しい。泣いたら、本当に可哀想なやつみたいだからって。泣けないモモの代わりのように八田が泣きます。そんな八田を慰めるのがすごく良かった。何かじんとしました。

最初は同情だったけど、次第にモモへの愛情が育ってきた八田。そこからのエロへの流れが、今までのとは違った雰囲気ですごく良かったです。心から恋人同士になった感じした。はらださん、これからも買います。

こっちも気になってるー。原作もアニメも見たことないのに…。
同人誌セレクション はらだ2 (The best best)同人誌セレクション はらだ2 (The best best)
(2014/10/24)
はらだ

商品詳細を見る



『ブルースカイコンプレックス』  『BLCD 薔薇色の人生』  『雑談。』
に拍手をいただきました。いつもありがとうございます!!
古い記事にもいただけて嬉しいですー。薔薇色の人生は原作も素晴らしいけど、ドラマCDなるともっといいです!
貴重な前野さん受け作品だと思うからかな…。





 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
ブルースカイコンプレックス (マーブルコミックス)ブルースカイコンプレックス (マーブルコミックス)
(2014/10/17)
市川けい

商品詳細を見る


良かったー! エロなくてチューしかしていない、この初々しい感じがたまりません。キスシーンだけでも十分です、いい子いい子してあげて、更にでこチューなんて、もうキュンキュンしました。

図書室の受付を一緒にやることになって、一見ヤンキーっぽいのに読んでる本が、古典だったり宇宙ものだったりで、本好きの楢崎が興味持つのも当然です。私だって、そんなギャップ大好物さ!
そこでまっすぐ友情でなく、恋心になっていくのがいいです。たまらん。いや、BLだからそうならないと困るけど、お互いの視点で進むのでそれぞれがどう変化していったのかが分かります。葛藤しつつも自然に。
特に寺島視点は、元々ゲイの彼が楢崎に惹かれていって、イライラしたりもだもだしたり、なんかもういいんです!

「好き」って言う以前にキスしちゃうのって無自覚? 寺島は相当楢崎のことが好きだったのね。
寺島が受けっぽいかな。黒髪眼鏡な楢崎が受けるのもいいなという気持ちが拭いきれないので、いつかリバってくれたら…とも妄想しました。

タイトルのように青空を連想させる、爽やかな作品でした。


『2冊まとめて。』  『ラブアンドベースボール』
に拍手をいただきました。いつもありがとうございます!!




 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
大したこと呟いてないし殆どROM専ですが、ツイッターのアカ持ってます。
(もしよろしかったら……  @rikka_no です)

ある日のTLで流れていた、「# 商業BL本勝手に10選」。
自分では何だろうなぁと真剣に考えていました。

思いのほか長くなったのでたたみました。
よろしかったら、どうぞ~。


 

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
シュガーダーク (IDコミックス gateauコミックス)シュガーダーク (IDコミックス gateauコミックス)
(2014/07/15)
恋煩 シビト

商品詳細を見る


三人での話かと思ったら、ハルと亜希生がほぼメイン。ハルが夏彦から離れた感じでしたが、この二人の絆?因縁?にただ入り込めなかっただけな気がしました。
亜希生の兄はこっち側に引きずり込んだ癖に見捨てたけど、ハルはそれが出来なかった。そこに愛情の差があったのかな。
全体的にうす暗い雰囲気で、ラストは救いがありつつもやっぱり暗さは拭いきれず。私は好きでした。



ばら色の研究と花喰らふきみ (Dariaコミックス)ばら色の研究と花喰らふきみ (Dariaコミックス)
(2014/10/22)
ビリー・バリバリー

商品詳細を見る


一度見ると覚えてしまうPNですね、ビリー・バリバリーさん。これが初コミックだそうです。
表題作の他、3組のCPのお話が収録されています。
線が細くてきれいで、Hシーンはエロさがありました。『先天性WILD!』のバスケ部員の攻めの身体も、逞しくてきれいだった。

『朝とミーシャ』が好みでした。ドMなロシアンハーフ×ドSな地味エロ。
真性ゲイの受けが色っぽくてよいです。短編ですが、高校時代に出会ってからずっと一緒にいる二人の供依存みたいなのが、閉塞さと少しの切なさみたいのも感じられて好きです。


 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
ラブアンドベースボール (はなまるコミックス・プレミアム)ラブアンドベースボール (はなまるコミックス・プレミアム)
(2014/10/24)
山本 小鉄子

商品詳細を見る


小鉄子さんのプロ野球選手もの、好きなんです。
以前に読んだ『ふくろうくんと彼』も好き~。

怪我の為キャンプ初日で二軍落ちした坂郷。落ち込みますが、二軍キャンプ地で用具メーカー営業の宮田と出会います。営業マンなのにキャンプを手伝っている宮田と話していると和むし、何故か可愛いとも思ってしまう。

やがて、一緒にいるとほんわかするのに、宮田が他の男と話しているのを見てもやもやしたり、イライラするようになる。二人きりで飲みに行った時携帯を見てしまい、メール相手がプロ野球選手からでした。

宮田にはプロ野球選手の恋人がいて、浮気の多い相手に愛想が尽きていた時でした。確かに浮気は良くないけど、そんなに悪い人でもなかった。ただ不器用なだけというか。泣き黒子のあるイケメンって好みなので、どうにも擁護しがちだな、私(笑)。

怪我が治って一軍に戻り、野球で結果を出そうと坂郷は頑張ります。割とあっさりとお付き合いするようになったので、ほんの少しの物足りなさは否めなかったなぁ。
まぁ、ほんの少しです。宮田は可愛いし、年下の坂郷はかっこいいし、安心して読めました。



『2冊まとめて。【コミック】』   『YONUG BAD EDUCATION』
に拍手をいただきました。続ける励みにさせて頂いています。ありがとうございますっ!!

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
イナズマクリティカル 上 (gateauコミックス)イナズマクリティカル 上 (gateauコミックス)
(2014/09/16)
楢山 とおる

商品詳細を見る

支部で偶然見かけて、この作品途中まで読みました。無料で読んじゃっていいの?ってレベルで、すごいなぁって。そしたら単行本になるってあったので購入しました。

高校生同士、かたや一人でいる真面目なタイプの渡。かたや明るく人気のあるお調子者なタイプの三珠。二人は文化祭で男同士のカップルになって、ダンスを踊る羽目になります。

妙な催眠術にかかってしまい、触れる度に電流が走り、ダンスの練習もままならない二人。でも触れたい欲求の方がずっと強くて解けた時の、三珠が渡の頬に触れて間近で唇を見るシーンが好きです。無防備な渡と、自覚した三珠の表情が対照的で。

渡と三珠のそれぞれの気持ちが、きちんと描かれています。独白がシンプルだからかな、すっと入ってきます。
人の目を気にする適当な人間だと三珠は自身を卑下してます。でも渡は、友人の為に授業のノートを書き直す優しい面を知っていました。渡の家庭環境や一人を選んだ理由とか段々分かってきて、この作者さん、物語の作り方みたいのが上手いなぁって思いました。(もっとマシな感想書けないのか…)

友人になれたのに恋を自覚して、でも自分達は「せかいいちのともだち」だと隠す三珠だけど。思わず心情を吐露する三珠と渡の痴呆症気味の祖母の会話は、ちょっと泣きそうになってしまった。
確か下巻が出てるはずなので、二人がどうなるのか確かめたいです。


飴とキス (H&C Comics/CRAFTシリーズ)飴とキス (H&C Comics/CRAFTシリーズ)
(2014/10/01)
秋平 しろ

商品詳細を見る


何これ、可愛いーー!
一話だけアンソロで読んでいた記憶はあって、でもその時は特に印象に残っていなくて…。一冊まるごと読んで、この作品の良さを味わったような。
ファッションビルの本部社員☓ショップの店員。
自分に自信のない受けだけど、片思いしてた攻めと両思いになります。それでもまだ受けは自信の無くて、そんな時攻めは異動なって三ヶ月遠距離に。

攻めはカッコいいけど完璧じゃなくて、それがリアルな感じで、2人が信じ合ってちゃんと伝えるのって大切だよなぁ。
可愛いくて、ほっこりした恋愛もいいなと思った作品でした。



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
久しぶりな感想です。 
どうやって書いてたのか分からなくなるくらい、自分の中では久しぶり。駄文でも数行でもいいから、何かは書いていたいとしみじみ思いました。
久しぶりなせいにしてますが、相変わらずな内容です(汗)。秀良子さんの新刊も届いたし、これからまめに記事にあげたいです!

YOUNG BAD EDUCATION (onBLUEコミックス)YOUNG BAD EDUCATION (onBLUEコミックス)
(2014/10/25)
ダヨオ

商品詳細を見る

表紙が印象的なダヨオさんの初単行本。アンソロで読んだり読まなかったりしてました。
まるまる読んで、やっぱり好き!って思った。こんな感じの絵柄好きで、何より2作とも年上受け! しかも表題作は、18才×37才の先生受けでした~。あー、大好きっ!

○「YOUNG BAD EDUCATION」 前・中・後編
酔っぱらった担任の高津からキスをされ、片思いを愚痴られた水沢。水沢に許しを乞い離れようとする高津のことが水沢は気になって、私物を漁ったり高津のデート現場に行ってみたり。
水沢は頭の良い美少年で、高津はちょっとくたびれたいいオッサンです。でもすごくいじらしい。生徒に手を出しちゃいけないと言う葛藤もあったと思う。音漏れを頼りに水沢の聴いている曲を探して、こっそりとでもとても苦しく水沢を恋してたんだろうな…。

高津が受けだったら…と一縷の望みを抱いて読み続けました(大げさ)。その通りだった時の私の喜びと言ったら(以下略)。
描き下ろしは数年後。水沢は医大生になってます。すごく素敵な話だった。意地悪なとこあるかと思ったけど、水沢は本当に高津が好きなんだと伝わって、何だか嬉しくなったなぁ。ラストの高津の涙も本当に素敵な話でした。

アマのレビュー読んで気付いたのですが、ヤンデレだったんですね。(カバーすぐにかけたから、帯をよく見てなかった…)
私はヤンデレの定義がイマイチ分かってないので、何も気にせず読んでましたが、確かにそれ目当てだと物足りないのかも?
むしろ私には年の差、生徒と教師という壁を越える純愛のように感じたし…。

○「君はいたずらな火種」♯1~4
宅配のお兄さん×作家。こちらも年上受け~!たまらん。女の人も好き、って言ってたから攻めはバイなのか?受けの作家はゲイみたい。荷物届けているうちに、触りたいと思うほど気になって。
受けが色気あっていいです。


『雑談。』  に拍手とコメントをありがとうございます!!
楽しく拝見いたしました。私も木工、好きです☆ これもお高いですよね~(汗)。でも一つ持って長く使うなら、却って安いのかもしれませんね~。


 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2014 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる