FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 



やっと二巻です。
三回読んでやっと把握した感じ…。群像劇(?)って言っていいかな。キャラめっちゃ多い、話を追うのでいっぱいいっぱいな悲しい自分でした。
どっちが受け攻めかぼんやりと見えてきたかな? きれいなゴッキーが受けのようです。
欲を言えばラブっぽさがもっと欲しいな~~。長森部長☓各務ヶ原もありです、私の中で。
二人がちゃんとラブな関係になるのか見届けたいと思ってます。


おげれつさんの作品はエロシーンがエロい…(語彙なし)描きおろしで見たことないアングルのシーンがあって、おおお…てなりました。
でも綺麗です。元彼と大学でばったり会いますが偶然でなく、攻めは受けの為にわざわざ文系に変更までした。そんで友達から再び始めます。でもだんだん友達でいられなくなっていく。
水族館の不意に手を握るシーンから、攻めの部屋へ向かってエロまで至る展開は引き込まれました。
女友達のふみちゃんがいい子でしたね。
そしてこの作品もドラマCDなるそうで…。すごい勢いあるな~。
 

【SPN感想】
は~~、涙目になって弟の命を守ろうとするディーン、かわいい……。
シーズン4のサムは変わってしまって、そのせいでボビーや特にディーンを見てるのがつらいです。


 
スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
そう言えば観たいと思いつつ、まだだったな…と思い出して、やっと借りて観ました。こちら。
おもしろいです。最近出たのが、シーズン12、だっけ? すごいな~。ゆっくり観ていきたいと思ってます。







サードシーズンからプロの声優さんに代わってます。
最初は棒読みさに驚きましたが、回を重ねて慣れてきたのか?サムは上手くなってる気がしたし、ディーンも最初ほど気にならなくなってました。慣れなのかな(笑)。なのでサードシーズンで、当たり前ですがすごーく上手くて、感じなくてもいい違和感があった…。こっちのディーンの方がすごく性的な感じします(笑)。甘い顔立ちなのに、声は低めで。

腐った目線での感じた事を乱文のまま書き殴っています。たたみました…。

『雷神とリーマン』   『日報群雲浪漫』
に拍手とコメントをいただきました。いつもありがとうございます!!  

>>>Read more

テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
 

読んでたら、もう涙と鼻水が……。泣きながら読んでました。ピクシブでも読んでいたけれど、読んでないのもあったのでコミック買ってよかった。
 
営業職の大村の部屋に、ある日突然雷神がやって来ました。そして、自分は人間になりたいと言ってのける。
大村はゲイです。ノンケの友人に叶わぬ恋をしていました。告げることもなく恋は終わり、仕事に追われ、自棄になっているような生活を送っていました。そこに現れた雷神と同居することになって、大げさかもだけど彼も人間らしい生活を送るようになるんですよね。ご飯を作って一緒に食べて、買い物行ったり、同じベッドで眠ったり。
 
私は特に、お総菜を買いに行くシーンがとても好きです。店員さんのやりとりから始まってご飯炊いて、両手を合わせていただきますをして。行儀悪いから作法を教えた大村だったけど、雷神は気付きます。手を合わせて命を口にするお礼をして、一口一口噛みしめて、向かい合っての食事は生を共有する美しい慣習だと。神様だけど人間になろうとする雷神が、おにぎりの美味しさを知り、それが大村と一緒に食べるから美味しいのだと知る。そして大村も。ラストもすごく良かったー…。うまく言えないのですが、大事なことってすごくシンプルなのかなってふと思いました。
 
ピクシブで読んで号泣したエピソードがあるんですが。気の遠くなるほどの時間を生きてきた神様と、時間の限られている人間だからこその別れのエピなんだけど本当に悲しくって…。
人外ものの避けて通れない、片や先に逝ってしまい片や永遠に生き続けるという……。昔、こういう話を読んだせいなのかな、トラウマ的に印象にあって必ず泣いてしまうんだよな…。
でも私は二人はハピエンなると信じているし、それ以外のラストは見たくないのが正直なところです。次の二章も待ってます。
 

 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 

お久しぶりな真生さんの新刊です。

何年か前にこれを読んで、真生さんを知りました。↓↓↓

極めて珍しい相撲関係者BL。呼び出しと後援会の関係者だったかな?? すみません、うろ覚え…。
下巻を切実に待ってます…!!

ネタバレなりそうなので、たたみました。

『10月気になる本メモ。』
に拍手をいただきました。いつもありがとうございます!!



 

>>>Read more

テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
いやいや、十月ですか…。
先日放映されていた『ハウルの動く城』を見ました。もう何度も見たし、内容分かってるのに見てしまいます。
倍賞千恵子さん演技力がすごいなぁと、毎回感心します。老婆から10代まで完璧ですよね…。そしてハウルのかっこよさ。理想的なNLだなと思います。原作読んでみようかな。
ふと思ったのですが、最終的に家族の形になりますよね。祖母(荒地の魔女)と夫婦(ハウルとソフィー)、子供(マルクル)とペットの犬。三世代の家族で、祖母というか姑に近いよな、姑と嫁は言いたいことの言える仲だし、理想的だな…とラストを見ながらふと思いました。
個人的には最初の方の、髪が伸びてる髪型が好きですね。おかっぱも似合うけどさ~。あと、出会いのシーンで伏線が回収されてるのを初めて知って、おおおっ!となりました。何度も見てるとか言っときながら…(汗)。



以下に今月買おうと思ってる気になる本をあげています~。



碗さん、好きです。何でだか、コミックスよりもJ庭で買った薄い本のイメージあります。


おげれつさんの作品はとりあえず読んでおきたい派。



書影出ませんが、これも気になってる。
京極夏彦先生公認の、「京極堂シリーズ」のあの三人の出会いと最初の事件だそうです。
TLに流れてきた画像の表紙がとても美しくて。榎木津は言うまでもなく、関口くんの目が泣きそうに見えてかわいい…。


『優男とサデイスティック』 『9月読んだ本メモ。』
に拍手をいただきました。いつもありがとうございます!!
覗いてくださった方もありがとうございました!!




 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 
メモ程度な感想でまとめました。ジャンルごっちゃです。


〇終らない不幸にいての話 / 緒川千世


さくっと読めました。一見攻めに見える主人公が受けでした。


〇ほうせんか・ぱん / 大島弓子

絵柄見ても結構古い作品ばかりでした。
「男色」という言葉が出てくる作品があって、その禁忌さっぷりが現在とはまるで違うのにちょっと驚きでした。
当時はこの言葉すら、あまり使えないものだったのかな…。気軽にBLが読める現在は幸せだなと、本の内容関係ないところで印象に残りました。


〇つるばらつるばら / 大島弓子


独特な世界の表題作は、私は難解でした。今だったら、性同一性障害の主人公、と言っていいのかな…?。この作品は昭和63年に掲載とあります。こういう作品があったのね、すごいな…。
中学でバスケ部員に恋をして、こっぴどく振られて(言葉の暴力は、力まかせに殴るよりも深い傷をつけるよね…、)そして自殺未遂。この辺はほんの序盤で色々あるんだけど、ラストが私には切なかったです。



〇海賊王の死 / ジョシュ・ラニヨン

良かった~! ほっとしたけど、次の5巻で終っちゃうんですね…。残念。
悲しかったのは分かるけれど、も少し話を聞いてあげる余裕なかったのかな、アドリアン…。ジェイクが少し不憫になった時もありましたが、アドリアンも可哀想だったしね…。すごくバランスが良かったです
ミステリー部分は自分の予想と外れました。そういうのもあって読後は満足感に浸りました。




 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

 

 


元々、イケメン×地味男の組み合わせが大好きです。それプラス、吉野(攻め)にはストーカー要素という変態成分まで…。好きです。

二年間もストーカーされて迷惑なだけなのに、そうでなくなっていく様が何て言うかじわじわきます。
タイトルの「シーソーゲーム」の通り、下がったり上がったりな、帯にある「SとMの攻防?!」ってことなんだと思います。

ラスト、ふっと笑った高瀬の笑みが意味するのは何なんだろう。
「忘れないでほしい 永遠の 誓いみたいに。」というモノローグが、最初は吉野のものだと思って。何度か読むうちに、高瀬なのかな?と思ってきました。吉野にいじめられた記憶を忘れられない高瀬は、同じように、いやそれ以上に、吉野に俺を忘れないでほしいと願っていたのかな…。読後、色々考えてしまいました。
あー、良かった~!的な萌えとは、ちょっと違う萌えを感じた作品です。

エピローグあって良かった~。やっぱり地味で黒髪短髪メガネくんは受けでないとね~。
せっせしながら吉野の首に両手を回すんだけど、熱に浮かされてるから本心が出たのでしょうか。その吉野の昏い目とか印象的な場面でした。

本番は吉野×高瀬だけど、精神的に支配してるのは高瀬なんだろうな。この二人はいつか一回ぐらいリバるんじゃないだろうか…。
やれば何でも出来る吉野を束縛して、自分から離れないようにいつでも出来てしまう高瀬の、一瞬見せた眼差しが印象的でした。


『雑談。』 に拍手をいただきました。どうもありがとうございます!!



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2015 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる