FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
嗤う伊右衛門嗤う伊右衛門
(1997/06)
京極 夏彦

商品詳細を見る


「お気に入り」に入れた、BLのビーもない小説…^ ^;。
でもね、好きなんですよ~。
「泣く」って言う雰囲気ないんです。むしろ重くて昏くて、ページからも闇が感じられる。
映画にもなってDVD観たんですけど、あんなに画面真っ暗でいいの? って言うぐらい暗かった。
画面も話も。

京極さんの作品の中でもこれは好きで、友達に勧めたら
「う~ん」て言われた。ごめんねって謝りましたが…。

初読みの衝撃って、どうしてこんなに記憶にあるんだろう。
この作品もそうでした。
ほんとにラストの1行、あんな短い1行で涙腺は決壊。まんまと泣いた。

こんな恋の話は、そうないんじゃないでしょうか。
有名な『四谷怪談』をベースにした悲恋の物語です。
一般的には、婿に入った伊右衛門が岩を疎んで殺して、その恨みを買って死ぬ……。
って筋書きだったと思うけど。
この作品は、泉鏡花賞を受賞してます。

また長くなったので続きます。 

more

岩は武士の田宮家の娘として、とても誇りを持っています。
だから顔半分の醜い傷も隠さずに、堂々と街を歩く。笑いたい者は笑え、と。
その岩の揺るがない強さが怖くて、世間は岩を嗤う。

漫画・嗤う伊右衛門 (単行本コミックス―怪BOOKS)漫画・嗤う伊右衛門 (単行本コミックス―怪BOOKS)
(2006/02/01)
京極 夏彦、しかくの 他

商品詳細を見る


このマンガも読んだけど、正直、しんどいです。
絵になったら分かりやすくて余計に、悪役の非道さがイヤになってしまった。

どうして、こんなことになってしまったのか。
誰が悪かったのか。
誰かのせいで歯車が狂って、こんな結末になってしまったのか。
その“誰か”を犯人にして、罪を負わせれば話は早いし分かりやすいです。

でもこれは違いました。
皆が皆、何らかの罪だったり、間違った判断だったりしてしまう。
それらが連鎖して絡んで、繋がっていった結果のラストなんですね、きっと。
避けようがなかった。でももしかしたら…と、考えても詮無いことを、
私はぐるぐる考えてしまいました。

娘を嫁に出したくなくて、毒薬を盛ってしまった父。
商家の娘を手篭めにして、生ませた子供と娘を部下に囲わせ夜な夜な通い、
娘とよく似た実母の面影を求める上役。
妹をいとしく思う気持ちが強くて、その結果死に追いやってしまった兄。
そして、
妻を愛していたから、彼女の誇りを守ろうと家のため酷い上役に仕える婿。
夫を愛していたから、彼の幸せのためにと家を出た妻。

自分がいなくても伊右衛門が幸せでいればいい。それが岩の幸せでした。
でも現実は、伊右衛門は不幸になっていた。
それを知って激高し放った言葉、「恨めしや、伊右衛門殿」。
愛情が憎しみに変わった瞬間だと思いました。

何が正しくて何が誤りなのか、その線引きってとても難しい。
人の心は単純でないから、なおさらです。

あー、私なんかの支離滅裂な文章で、感想書くなんておこがましいなぁ…。
おこがましいながらも、今の自分の感想は書ききった気がする。

しばらく経って読み返して、違う感想持ったらまた書いてみます。




スポンサーサイト



テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

Comment

 

はじめまして。
『嗤う伊右衛門』は私も大好きでしたので、思わずコメントを入れてしまいました。
読んだのはずいぶん前なので記憶はおぼろげなのですが、
伊右衛門さまの強い思いに涙しました。
お友だちにすすめたくなる気持ち、よくわかりますよ。
いつかあんな恋愛を描けるようになりたいものです。

ところで立夏さんは北海道にお住まいなのですね。
先日、上の娘が北海道に旅行して、ロイズのチョコとじゃがポックルを買ってきてくれました。
おいしかったです~。

NAME:はれるやん | 2011.09.21(水) 17:46 | URL | [Edit]

 

はれるやんさん、はじめまして!

うわー、すっごい嬉しいです~(*^^*)。
私の周りではこの本が好きな人いなかったので…。
本当にすごい恋愛の物語です。
好きすぎて感想書けなくて、やっと書いたのに何が言いたいのやら(えー!)。
さっき若干直しました^^;。

ロイズのチョコ、帰省する時必ず頼まれます。
じゃがポックルも美味しいですよね、止まらないです♪

コメントありがとうございましたe-420

NAME:立夏 | 2011.09.21(水) 19:34 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる