FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
≠ノットイコール 2 (スーパービーボーイコミックス)≠ノットイコール 2 (スーパービーボーイコミックス)
(2012/01/10)
池 玲文

商品詳細を見る


終わっちゃった…。
こうだったらいいな、と思ったラストでした。
単純にそれで嬉しい気持ちと、ハッピーエンドなのにとても苦しい気持ちと
ごちゃまぜになりました。

やっぱり親子だから葛藤も苦悩も十分にしていて、それでも好きだと言い切る勇気、
いや違うな、自分の心に正直になった勇気と言うのかな…。

1巻の感想はコチラ → 『≠ ノットイコール1』

1巻のラストで現代に戻った息子の涼(にすいの漢字が出ないのでこの字でいきます…)。
家に戻っても元気がないし、父の果(このみ)を想って涙してます。
この巻通して、結構な割合で涼も果も泣くのですが、読んでるこっちもつらくなる…。

大事に読んでいきたい本です。
長くなったので以下に畳んでます…。いや、長くなったわ。

1/10 『真音 1』 1/11 『嘘つきは紳士のはじまり』
1/12 『嘘つきは紳士のはじまり』 『ビューティフルデイズ』
1/13 『BLCD 薔薇色の人生』  1/14 『どうでもい話。』

に拍手とコメントをいつもありがとうございます! 

more

母親に育てられて父親の愛情を知らない涼の、
それを欲する気持ちが根底にあった気がする。
過去にタイムスリップして、15才の果に「好き」と言ってもらえて嬉しいって、
父親が息子を「可愛い」と言うのと同じだったのかな…、涼にとっては。

果は両親に愛されず、1人で生きて行こうと思ったのに、涼と出会ってしまった。
その孤独を埋めようと留学した先で、涼の母親を好きになります。
それも涼に目が似ていたから、ってそれはそうなんだけど、複雑……。

銅版画家の果が東京に来たのを調べて、会場に涼は向かいます。
「恋人としても愛してくれないの?」って責める涼に、拒絶しながらも
嬉しさを噛み締めている果が切ないです。
倒れた果を見て、自分のせいで体調を壊すほど悩んでいたことを知り、
涼は“真理”に気付く。誰よりも果が好きだから、幸せに笑っていてほしい。苦しめたくないと。

果のことを諦めてから数年経って、涼は就職先の九州支社へ。
週末に一緒にご飯を食べるようになって、過去に過ごしたような雰囲気になりますが、
息子の人生を狂わせたのは自分だと、果はよく分かっています。
22年ずっと忘れられないほどに、涼が好きな果。
呼び出された父親から、果は住んでる家を出るように言われます。
居場所を肉親に奪われる悲しみと孤独は、もう涼の存在でしか埋められないんです。

雨の中涼のマンションを訪ねて、まだ好きか? と果は訊きます。
「愛してる」と告げた涼の、なんて頼もしいこと…。
そのまま抱き合う二人は、とても綺麗でした。そして悲しい。
思い出の精霊流しを見に行って、咄嗟に崖から落ちて死のうとするぐらい自責の念がある。
この時、読んでてびっくりしたー…。

そこで涼は、自分と果の幸せはイコールだと言います。
一番大切なそこが成立していれば、もうそれでいいと納得する果。
その後、祖母の親戚に「僕の恋人です」と涼を紹介します。
“呪い”って言葉が、いつまでも残りました…。

描き下ろしの『= イコール』。
東京で暮らす二人の様子なんですが、抱き合って幸せなはずなのに、
涙を流しています。
父子の真実を知らない母親への罪悪感と、申し訳なさがありますよね…。
それでも幸せだと言い切ってしまえるのは、お互いが唯一の好きな男からなんだろうな。
でも罪悪感や真実は、彼らの手枷足枷になっているけれど…。

苦しかったです。それは人の道に外れてるから、と言えば簡単ですが。
二人がお互いを好きで、お互いしかいないのが、読んでいてすごく伝わるので。
幸せなのに、淋しく見える二人。

池さん、本当にすごいです。
他の本も早く感想書かなくては!

関連記事
スポンサーサイト



テーマ * ボーイズラブ ジャンル * アニメ・コミック

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる