FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
つみびとの花 (ショコラノベルス)つみびとの花 (ショコラノベルス)
(2010/06/11)
佐田 三季

商品詳細を見る

ここんとこずーっと真冬日で、頭痛がヒドイです。
家ん中でも場所によって寒気するし、寒さで頭の血管が縮んでいるのだろうか。
ま、私の健康状態は置いといて。

結構なシリアスでした。

妻を亡くした攻は幼稚園児の娘と、二人で暮らしていました。
しかし送迎バスに乗っていて事故に遭い、娘は亡くなってしまいます。
そのバスを運転していた保育士の受は、責任を感じて攻の家へお見舞いに行く。
喪失感や悲しみから逃れたい攻は、「何でもします」と言う受を
無理矢理抱きます。
つらくて淋しくて、一緒に泥の中に沈んで欲しいと、嫌がるのを強引に求める攻。
早々にこんな展開で驚きましたが、これからが大変なんですよね、二人にとって…。

以下に畳んでいます…。
今年は短くまとめようと思ったけど、無理みたい(笑)。 

more

週末に家に来るように命令して、それに受は従って体を差し出す。
攻はノンケのはずだったけど、同じ男の体のぬくもりにほっとして、
求め方も最初の様に乱暴でなく、優しくなっていく。

基本、父親なんですよね。面倒見よいし、受のやつれ具合を気にしたりして。
受は喘息の持病があります。亡くなった娘もそうだったので、夜中に発作を起こした受を
子供のように優しくいたわってあげる。
この発作のせいで実父から虐待を受けていた受には、驚きであり嬉しくもあった。
治まる朝方まで背中をさすって、優しくしてくれる。

娘にも同じようにしていたと思うと、受はやっぱり罪悪感に苛まれます。
受自身も攻に惹かれているのに、それを押し殺してしまう。
さらに受には結婚を約束している、里親の娘がいて。
彼女が留学から帰ってくる来年までの期間限定で、攻の部屋を訪ねています。

本当は来年になっても一緒にいてほしい。
でもその気持ちを隠して、諦めようとする姿は切ないです。
娘の事故の理由だとか、進められた再婚相手からの酷い言葉の礫とか、
攻にはつらいことが続いて、歩道橋の上で佇む。

「生きていくのは避けられない」って台詞、『新・三大チャップリン』で聞いたんだったか…。
川上さんの言葉も思い出す。「この生を放りだすことはしたくない」だったか。
そうだよ、自分でやめることは出来ないんだよ……って話が逸れた。
フィクションでも死を考えるのは、読んでて悲しいです。

そんな攻を引き止めたのは、受の「あなたがすき」という言葉でした。

同時収録でその後の、二人の話が続きます。
受が結婚の約束をしていた娘は実はレズで、「ずっとまともになりたかった」
て言葉がつらかったです…。
偽の結婚までしようとして、淡々と進んで読みやすいんだけど、やっぱりつらい。
感情移入しにくかったのは、このせいなのかな…。

何でだろうと考えてみたら、木原さんの本の読後感とちょっと似てる気がしました。
あ、個人的な読後感です。何か痛々しいんです…、幸せになったのに。
受の過去やトラウマみたいな古傷を、攻の優しさで少しずつ癒されていく。
行為の意味も受は体感していく。大切にされて、愛されていることを実感していく。

受の飼ってる九官鳥が、「すき、すき」って話すんです。
攻本人に言えない間、鳥が覚えてしまう程話しかけたんだろうなぁ…。
切なすぎます。

スポンサーサイト



テーマ * BL小説感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる