FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
こどもの瞳 (幻冬舎ルチル文庫)こどもの瞳 (幻冬舎ルチル文庫)
(2005/09/15)
木原 音瀬

商品詳細を見る

ここで「兄弟ものが好きだ」と言っちゃってますが、
こんな自分でもBLにはまったばっかりの時は苦手でした。
でも色々読むうちに目覚めて、こうして萌えツボになってます。人間って変われますね(笑)。

実の兄弟で仁・30才、岬・25才の弟受です。
長い間会っていなかった岬と息子の元に、記憶喪失になった兄がやってきます。

仕方なく面倒を見ることになりますが、姿は大人でも中身は6才の記憶しかない。
「お兄ちゃん」と岬を呼んで、泣くしわめくし、同じ布団で寝て甘えてきます。
岬にとっては大きな会社の社長の兄は、死んだ妻の手術費を断られた恨みもあるし、
縁を切ったつもりだった。

子供の仁は素直で可愛くて、「お兄ちゃん、好き」と何度も言われて
ぎこちない愛情表現を向けられる。
自慰行為を仁に教えながら、二人は最後までいたしてしまう。
でもやっぱり子供っぽい、というか。

Hシーンは仁が子供だからか、私は罪悪感みたいなのはあまり感じなかったです。
個人差があるとは思いますが…。
記憶が戻ってからの方が、ずーーっとエロかった。

二人きりの兄弟で長い間離れざるをえなくて、仁は弟の幸せをずっと願っていた。
本当は岬の妻の入院費も、亡くなった時は香典も人を介して送っていました。
弟に謝りたいと言っていたと祖母から聞かされて、岬の仁への怒りは無くなって、
仁へのいとおしさが残った気がします。

性別と血の繋がり関係なく、岬を愛したいと思ってる。
迷いなくそう言い切ってしまう兄が、かっこよく見えました。


同時収録の書き下ろしは、岬の10才の息子と25才の教師の話でした。
こっちの話が、感想長くなってしまった…。
またまた長くなったので、畳んでます。
 

more

今は落ち着いたけど、一読後のあの気持ちは何て言ったらいいのか…。

『春の嵐』以来の、ばっさり切られた感。突き放された感。相変わらず語彙ないね、私。
でもこっちは、甘さはなかったです。
あってはいけないことだと重い気持ちになって、いやいやこれはフィクションだよ、と思い直して。

教師の双子の姉がいるんですが。
姉がね、教師を抱き締めて「かわいそう」と言うんですよ。
子供を本気に好きになって、嫉妬もして、優しくされたいって願って、
その子の表情や仕草を思い出して涙を流す弟を慰めてる。
なんか、いたたまれなかった。

誰かを好きになるのに年齢関係ないって、そんなことないですね。
関係あるよね、小学生だもん。須磨子さんの『猫が箱の中』も小学生だけど、
こっちの小説の方がずっとつらかった。

でも、年齢関係ないって思いたいのも私ん中にはあるんですよね。
誰かを好きになるのって、素晴らしいことだと思うし…。
そんな根っこの部分が揺さぶられた感じ。
揺さぶられたまま、結論は出てません…。

子供の「好き」が大人の「好き」とすごく違うことを分かって、
教師は嘘を吐きます。「好きな人ができた」って。
子供の怒りはすごくて、それこそ子供なんですよね。
時間が経った時子供は、「先生の二番目でもいいから恋人にして」とまで言ってくる。
これを純粋と言っていいのか…。

ラストは7年後になっていて、子供だった彼も17才。夢を叶えていました。
偶然、ほんとに偶然にその姿を見て、
教師は自分の判断は間違ってなかったと思えた…、って私は思いたいです。

人生変わるほど、真剣に必死に好きになった。
本当なら誇りにしてもいい、たった一度の恋かもしれない。
でも相手が子供だから、そう言い切っていいかどうか。私は分かりませんでした。

「かわいそう」な恋の話でした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ * BL小説感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる