FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
またまた、タイトル通りのどうでもいい話。
BL読書のとりとめのない独り言です。


以下に続いています。
長いです、スミマセン! 

6/25 『エロとろ』『秋の嘆き』  6/26 『エロとろ』  6/27 『ひみつのセフレちゃん~恋人編~』6/28 『心乱される』 『ひみつのセフレちゃん~恋人編~』
6/29 『スメルズライクグリーンスピリット』 『きみにあげる。』 『ひみつのセフレちゃん~恋人編~』 
6/30 『きみにあげる。』 7/1 『真音 1』 『ロマンスの箱庭』
7/2 『ロマンスの箱庭』 『エロとろ』 『きみにあげる。』

に拍手とコメをいつもありがとうございます!
古い記事にも頂いて…、本当にありがとうございます! 

more

前に『ダメBL』読んだ時、梅松町江さんがあとがきで「グランパラブ」と書かれていました。

梅松さんの作品『夏のさいごに寄せて』は、戦時下で恋をして二人共年を取り、
病に臥してしまい、そして看取っていくという、
それこそ「死が二人を別つまで」な、お話で。

メインが老人の「グランパラブ」で、しかも死にオチ、自らボツになさったそうです。
私は良かったけどなぁ。究極な気がします。
でも好き嫌いが分かれるんだろうな…。

「若かりし日の思い出」、「戻れない故の切なさ」、「思い出を懐かしむ」、「老人」…。
思いつくまま書き連ねてしまいましたが、自分の萌えというか、きゅんとなるツボに
こんな感じのものも加わってきました。

物語のキャラ(老人)がそんな思いをして、しかも涙流してたりしたら、もう鷲掴みされてしまう。

二人の思い出を一緒に辿って、それから現在に至って、
仮に相手が亡くなっていたとしても「ああ、幸せだったなぁ」とキャラが思ったら、
読んだ私もそう思う。そんな作品読みたいなぁ。
間違いなく私が年取ったから、そんな気持ちが強くなったんだな…。と自己分析したところで。

前置き長すぎました。以下に萌えさせてもらった作品を載せています。

ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS)ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS)
(2006/08)
えすとえむ

商品詳細を見る

これに収録の『ひぐらし、油照りの路地』
42年振りに好きだった人に会いに行くともう亡くなって、彼にそっくりな目元の美しい孫と出会います。
すっとした目元の、浴衣の似合う美しい青年だった彼。
きっと両思いだったろうけど、昔の二人には「好き」なんて言葉はなくて、
友情で終わった雰囲気です。

祇園祭の賑わい(行ったことないけど)と暑さの中で、時間を超えた想いに決着が付きます。短いから、余計に余韻があるのかも。
えすとさんの描く老人って、色気あるなぁ。


エイジ・コールド・ブルー (MARBLE COMICS)エイジ・コールド・ブルー (MARBLE COMICS)
(2008/01)
えすとえむ

商品詳細を見る

これの感想書いてないや。収録作の『ニ・プーカ ニ・ペーラ』。
年老いた元パイロット・ユーリが、昔の思い出を回顧する。

ロシアの軍のパイロットで、幼馴染でもあるイワンとユーリ。
彼らは子供の時から一緒で、いつか一緒に宇宙に行こうと約束します。
親友なんだけど、イワンの方は恋心を自覚してます。
想うユーリの青い目を地球に例えて、自分は地球のそばを回るだけの衛星だと言う。
切なかったです。友情なら一緒にいれるから、そっちを選んだんだと思う。

イワンはソユーズに乗船することが決まりますが、ユーリは怪我で入院中。
子供の時の、一緒に宇宙へ行く約束は果たせません。
そしてイワンは、宇宙から帰ってきませんでした。でも二人の思い出は、ユーリの心にいつまでも残っている。
そう思えた読後は、切ないけどあたたかくもなりました。


八月の杜 (MARBLE COMICS)八月の杜 (MARBLE COMICS)
(2010/05/20)
TATSUKI

商品詳細を見る

この本以降、TATSUKI さんの新刊見てないと思う…。
表題作も良かったです。ボウズのこの子、攻なのかなー…。
このボウズの子のお祖父ちゃんの話、『ホリゾン・ブルー』が収録されてます。

お祖父ちゃん・たけしが若い時の、戦後まもなくの頃。
義兄が復員してきますが、失明していました。彼は好きな相手を戦地で亡くして、
自分だけ生きてることにひどく罪悪感を感じている。
さらに妹夫婦の生活の負担になってることも、気にしています。
生きる希望もない義兄は、戦友や好きだった相手の霊に呼ばれて海に入っていく…。

シリアスなんですが、たけしの明るいキャラに救われてます。
そしてすごく懐が深いというか。
「男を愛する事は、罪だろうか…」と呟く義兄に同情するんでなく、
誰もが罪を持っていると自分もそうであるかのように言って、義兄にキスする場面がとても印象的でした。

こういう過去があったから、表題作で孫の恋を認めてるんだな、って思いました。


俺と上司の恋の話 (ニチブンコミックス KAREN COMICS)俺と上司の恋の話 (ニチブンコミックス KAREN COMICS)
(2012/04/28)
ナナメグリ

商品詳細を見る

「老人」と言うにはまだ早い、とても性格の良い社長が出てます。
社長が大学時代を思い出すエピソード、好きなんです。

さっきのたけしもそうだけど、差別や偏見なく、まるごとその人を認めて受け入れてくれる、
器の大きい人です。
でも社長の思い出は、悲しい方が強いかも。友人は亡くなってしまったので。
それが長い時間をかけて、懐かしむようになれたんだと思いました。


金持ち君と貧乏君 (IDコミックス gateauコミックス)金持ち君と貧乏君 (IDコミックス gateauコミックス)
(2012/02/15)
秀 良子

商品詳細を見る

「老人」で真っ先に思い出したのが、秀良子さんのこの作品。
「老人」つーか、おじいちゃんって書いた方がいいかな? 今さらか?(笑)

ちっちゃくて可愛い校長先生だけど、内に秘めてる想いは結構激しい。
好きな相手の孫にその面影を求めて、ちょっと本気もあった気がします。
このおじいちゃんのモノローグ、「あなたは私の輝ける太陽」で始まる一節は、泣いてしまった。
今んとこ今年のベスト5に入るくらい好きです。

BLT48 (POE BACKS)BLT48 (POE BACKS)
(2012/06/23)
アンソロジー

商品詳細を見る

コンプしちゃいました(笑)。
ちっとも知らなかったんですが、名前がいちいち風流なんですね。
体位メインだから、やっぱしエロいしすぐに挿入してます。
神楽坂はん子さんの実は異母兄弟の話、面白かった!
木村ヒデサトさんのお話、眠らせた相手に跨ってます。良い意味でバカバカしくて面白かったです。

んで、こん中の老人が出てくる恋煩シビトさんのお話。タイトルが『everyday おじいちゃん』(笑)。いいね!
若い時美少年だったおじいちゃんとの妄想が良いです、笑った~。
碁盤や炬燵でもあんな風に使えるんですね。知りませんでした…。


他にもある気はするんだけど、すぐに浮かんだのが以上の作品です。
最後のシビトさんのお話は、もうギャグみたいだったけど…(笑)。
えすとさんの作品がすぐに浮かんだので、自分の中では印象強かったんだな、きっと。

書いてる私は楽しかったけど、読んで下さった方はどうかな…。「老人」とか書いてるしね(汗)。
長文にもかかわらず、読んで下さってありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ * 腐女子の日記 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

Comment

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2012.07.03(火) 20:50 | | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2012.07.04(水) 01:21 | | [Edit]

 

A 様

こんばんは。

えすとさんの作品、読まれたんですね!!
このブログん中で、2番目に記事書くぐらい好きなんです。
(そんな威張るほどの数じゃないんですが…)
『はたらけ、ケンタウロス』や『equus』も、素晴らしいです。あー、大好きだ~。

「八月の杜」のボウズの子、すごく性格良いです。これで受だったら最高なんですが、
多分攻だろうな…。
まぁ、お話が良ければ、どっちでもいいんですが!
コメントありがとうございましたe-420

NAME:立夏 | 2012.07.04(水) 17:31 | URL | [Edit]

 

Z 様

こんばんは。

そうですねー。
私も『金持ち君~』は、おじいちゃんが一番インパクト大でした。

『俺と上司~』の社長は、おじいちゃんと言うには
まだまだ若いですが…(汗)。
コメントありがとうございましたe-420

NAME:立夏 | 2012.07.04(水) 17:35 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる