FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
遠くにいる人 (ショコラ文庫)遠くにいる人 (ショコラ文庫)
(2011/04/09)
ひのもと うみ

商品詳細を見る


表紙買いした、初めての作家さんです。この表紙、すごくいいです。
オレンジ色に滲む夕陽を見つめる主人公の、後ろを通り過ぎる背の高い男。
その男へと切ない視線を送る様子が、二人の関係そのままを表しているようで。

タイトルも好きです。
自分にとって遠い、手の届かない存在。
だから好きになったのか、好きになった人が遠い存在の人だったのか。

イラストの松尾マアタさんのマンガ、読んでみたくなりました。
この話にすごく合ってると思う。

この本きっかけで、その後ショコラ文庫を結構買いました。
その感想も書きたい…。いつ書けるかな…。
ほんとにいっぱい書きたい本があるのに、いざPCの前に座ると中々進まないんだよね。
書くからには伝わるように言葉を使って書きたいけど、
文章下手なんで結構書き直してるんです、これでも(失笑)。

まぁでも、ゆっくりなるかもしれないけど、少しずつ更新していきます!

 

more

日本海側の地方都市の家具会社の工場で働く佐倉治樹。
地味で小柄で貧相な体型、お世辞にもカッコイイとは言えない。
治樹はゲイで、本社から異動してきた副工場長の小田島に憧れている。
社長の一族で仕事も出来て、容姿も優れて華やかな雰囲気の小田島。
治樹の幼馴染の三津は、遊び人の小田島はやめろと忠告するが、
治樹の心はどんどん小田島に惹かれていきます。

もうこれだけで、自分を卑下する治樹が自分に無いものを持っている小田島に、
恋心を抱くのも仕方ないって思ってしまう。
典型的な、片思いの構図で私は大好きです。
あとがきで作者さんが、王子様みたいな人とアヒルの子的な話を書きたかった…、
と書かれていてまんま私の好きなパターン。
アヒルの子が美しい白鳥に成長して、逆にメロメロに翻弄されてしまえ!って思いました(笑)。

この小田島は実は三津が本命で、彼を落とすために治樹に近づくんですね。
三津は惚れ惚れするような美しい容貌で、
治樹にとっては大事な幼馴染だけど羨ましい存在。
隣にいると自分のみっともなさを嫌でも認めてしまう。
そういう感情って、ありますよね。恋をしたら尚更、自分なんか釣り合わないとかって思う。
それでも小田島から何かと話かけられたり、食事に誘われたりすると
普段卑下しているから余計に舞い上がってしまう。
どんどん好きになってしまう。それは仕方ないことだよ。

治樹は男を見る目がなくて、騙されたりお金取られたりした経験をしている。
そういうつらい経験していたから、小田島が三津と付き合い為に治樹を利用したことを
知った時のショックと言ったら…。
もう可哀想だった…。
小田島を忘れなきゃ、と出会い系で男を捜して体だけの関係になるけど、
この男も相当ダメで治樹の寮の部屋に居座ってしまう。
別れを切り出すとキレて殴って、治樹は会社を無断欠勤。
もう心も体もボロボロなんです。

小田島は治樹に避けられるようになって、
ようやく三津のこととは違って治樹が気になりだす。やっとだよ、もう!
この人は自信家で傲慢(あ、同どっちも同じ意味?)だから、治樹の好意を当然のように受付てて。
その自分本位な性格は続編の、『そばにいる人』でも遺憾なく発揮されてます。

外見はタイプじゃないけど、治樹の素直の気質は好感を持っていた。笑顔も良いと思っていた。
その治樹がやつれて細くなって、あげくに無断欠勤。
寮を訪れると治樹の体は傷だらけ。小田島は男を追い出すけど、
治樹はボロボロの姿を見られてひどく混乱する。
もう泣きながら訴えるんです、小田島が好きだと。でも小田島は治樹には興味が無い。

それを淋しいと思って、他の男に縋ることがいけないことなのか、と…。
あ~、ほんとに可哀想だ。小田島から傷つけられて、それでもまだ好き。
こんなに一途なんだもん、幸せになってほしいよ…。
その後小田島は治樹を抱きます。まだこの時点では、小田島はちゃんと好きではないんですよね。
その兆しはあるんだけどなー。

続編の『そばにいる人』で、次第に小田島の中で三津よりも治樹の存在が大きくなっていく。
でも自分本位は変わらないから、散々治樹を振り回す。
治樹はほんとに健気です。なのに小田島の傲慢っぷりは…。
ようやくやっと小田島から、「君が好きなんだよ」という言葉を聞けて嬉しかったー。
三津に嫉妬するようになったのは、「よし!」って思ったよ。
小田島、もっと治樹に翻弄されろー!! 
いや、小田島のこと嫌いじゃないですよ、私。結構素直なとこもあったし。
気持ちが通じた後のエロシーンは、治樹がとても幸せそうでした。

とても良かったです。次の本が出たら、絶対買います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ * BL小説感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる