FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
Vassalord. 7 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)Vassalord. 7 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)
(2013/03/15)
黒乃 奈々絵

商品詳細を見る

あー、終わっちゃったー…。
帯の「またすぐに、会える。」って言葉は、6巻のマスターの言葉だと思うんだけど、初見の私は「(完)と言いながらも続編あるんだ、そうに違いない」と、得意の思い込みを発揮してしまいましたww。
でも最後のページでENDの文字みたら…。あーあ、ってなった。
あーあ、終わっちゃった…です(しつこい)。来年の3月にひょっこり出ないかしらね…、出ないよね…うう。
まだ謎の部分があるんだけど…(私がよく読み込んでないせいか?)。
ただ、どんな状況になろうとも二人なら、あとレイフェルとチェリルやミネアや色々…と乗り越えていくんだろうと思います。

帯の下のイラストのマスターとチェリーが幸せそうで嬉しくなります。
大人の男が泣くのって個人的に萌えるんですが、この二人が泣くと萌えるどころか悲しくなります。この違いが自分でもよく分からないけど、もう泣かないでーって慰めたくなる。うん、変だよな、私ww

以下にたたんでいます。
一読後の勢いで書いてますので、普段に増して乱れきってます…(汗)。

 

more

アニメイトの限定版を購入しました。『幽宮のヘリオガバロス』のOVA、小冊子(イラストとその後の短編)が付いてました。
画像撮ったけど、なんでだかアップ出来ないー。まぁ、しょうがないか…。前はできたんだけどな。

OVA は30分弱ですが、よくまとまってるなぁという印象。二人が出会った場面(ちっさいチェリー可愛い!)に「トゥーランドット」が流れてかっこいいし。音楽がぴったりでした。
マスターがコウモリになってしまった時の、チェリーの吼えるような悲しい叫びがすごい。
ほんとに声優さんてすごいなぁと思います。藤原さんが、マスターそのまんまでかっこいい~!

そんでもって、7巻です。
囚われたチェリーを救出するため、アルフォードの施設に突入します。小型飛行機で突っ込んだり、軍隊を連れたりと物々しいです。
86ってさー、天使かな? とちらっと思ったけど…。『火』?。
神の御使いって言われてることは、バチカン側? うー、読み込み足りないね…。『硫黄』もよく分かってません…。

爆弾が仕掛けられているチェリーはアルフォードと離れられず、マスターの元に走らずに行ってしまう。
その前にマスターに「にげて」と告げる。涙浮かべて唇噛みしめるチェリーに、泣きそうになってしまった。

この言葉にチェリーだけでない人達の「にげて」が甦り、マスターが正気を失います。
ぶち切れる。触手の気持ち悪い怪物をやっつけたけど、レイフェルからアルフォードの出生の秘密を聞かされる。

これがまた驚きです。そうまでしたベリアルってほんとに悪魔なんだな…。
「ソドムとゴモラ」をここで再現したのか?ってふと感じたけど、どうなんだろう。考えすぎか…。
レイフェルが可哀想です。レイフェルとチェリルの絆も、マスター達同様切なくて。
どっちも年下組が守ろうと必死ですが、チェリルが少女だからかより切なく感じます。


銀の釘で打たれ身動きとれないチェリー。彼を抱きしめて、泣きながらマスターが吐露する場面が良かったです。
だからかな、残されたアルフォードの悲しみが際立ったような。グレッグがいてくれて良かったー。
この作品の良いのは、悪役だった人も味方になる所だと思う。
悪いことやったけど、それを受け入れるんですよね。だからベリアルって、本当にひどいヤツなんだって思う。べリアルと戦う二人が見たかったと思うのはワガママかな…。

食事のシーンが、最終巻だから? エロ増してたよね?!
マスターが差し出されたチェリーの指をかじり、血を啜るんですが、チェリーだけでなく読んでるこっちも「ぶわっ」となりました。マスター、可愛い! 
「食事」だけど、この行為は愛を確かめあってる。としか私は思えません。お互いの血を飲む行為が、何だか一つになったような…。


過去の記憶を夢に見て、涙をこぼすマスター。三つの『対価』が重いです。
「最愛の者」であるチェリーをいつか失う。失うことの恐怖はチェリーだけかと思ったら、マスターにもあって。
マスターはチェリーに自分の本当の名前を教えます。もう隠し事は何もないってことだよね。
二人共いずれ訪れる喪失を覚悟している。
だからって決して後ろ向きになるんでなくて、その瞬間まできっと二人は一緒に、懸命に生きていくんだと思えました。
……でもでも、終わっちゃったー。
「チョロチョロ描くかもしれません」なんて仰らず、ガンガン描いて下さい、黒乃せんせー!

関連記事
スポンサーサイト



テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる