FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
宝物はぜんぶここにある (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)宝物はぜんぶここにある (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)
(2012/11/01)
糸井のぞ

商品詳細を見る

もっと早くに読んでいればよかったー。糸井さんの既刊の中で、一番好きな本になりました。

主人公の小説家・シンタローと高校からの友人で担当編集の橘高。シンタローの恋人で劇団員のチャコ。
シンタローの書生をやってる中学生の旬之介と、友人の春威。シンタローのファンで、セフレのような橘と娘の鳩子(むっちむちな鳩子が可愛い~)。
結構な人数ですが、うまくまとまっていてごちゃごちゃしていません。

小説家の受けが、あまり読んだことのないタイプだった。
表紙裏に書いてありますが、「最愛の人」「彼氏」「セフレ」「大切な友人」と、細かく分けられる人だそうです。普通だったら持て余しそうだけど、受けだから出来るんですね。「ダメな大人担当」ともあったけど、そんなことないと思う。

橘高とシンタローの関係が、すごく良いです。
第5話の『私の娘』、タイトルだけで何だか泣きそうになる自分…。

以前に見たテレビ番組の話ですが。相方が好きでその相方の子供になりたい、だったかな? 生まれ変わったらその相方の子供になりたいだったかな?? 細かいニュアンス、忘れてます。すみません! そのようなこと言っていた芸人さんがいました。
恋人でなく結婚したいでなく、その人と親子になりたい。好きが過ぎると、血の繋がりを求めるものなんでしょうか? ちょっと感動したのを覚えています。

シンタローが「あいつを友達と呼ぶには愛が過ぎたんだ」と思いながら、榊に抱かれるシーン。とてもエロくて好きです。
シンタロー自身も分からないまま、実家に帰って、でも迎えにきた橘高本人を前にして、「おまえの娘になりてえな」と吐露するシーンが、読んでて胸がいっぱいになりました。

『私の娘』のラストの次ページに、橘高がシンタローの額にキスしているイラストがあります。優しくてきれいな雰囲気でとても好きです。まるで父と娘のように見える…。

最終回の『みんなたからもの』。「きれい」と言うシンタローの気持ちが伝わるような、素敵な話だったなぁ。
旬之介の“宝物”は春威なのか、これから見つかるものなのか。個人的に春威であってほしいなー。
読後感がとても良かったです。


春威が今は美少年だけど、描き下ろしで二年後にいい男になってるのが萌えました。
既刊『コイノヒ』を探したけど、見つからず…。またかよ、と自分にがっかり。



関連記事
スポンサーサイト



 
テーマ * 感想 ジャンル * アニメ・コミック

 

 

Comment

 

c 様

1/10 拍手コメ下さったc 様へ

ご挨拶遅くなってすみませんm(__)m
こちらこそよろしくお願いいたします!

昭和の雰囲気、するかもしれません~。シンタローは和服だし、木造家屋に住んでいるし。文豪好きな橘高の趣味だそうです^^
一冊まるごとなので、物足りなさは無かったです!ゼヒ読んで下さい~☆

相方大好きなのは、博〇華〇・大〇の華〇さんでした。「相方大好き芸人」のくくりだったので、他にも芸人さん沢山いて、番組自体が面白かった記憶あります。
本当に好きじゃないと言えないですよね。そんな風に思える人に出会えたことがすごいと、ちょっと感動して見ていました。
つい伏せ字にしてしまいましたが、もしも分からなければお邪魔する時にお知らせしますので!
コメントありがとうございました~!

NAME:立夏 | 2014.01.11(土) 19:14 | URL | [Edit]

 

y 様

1/12 拍手コメ下さったy 様へ

こんばんはー!
このお話、すごく良かったよ~! もっと早く読んでれば…、とよまたも後悔しました(笑)
結構特殊な環境で育った受けだからか、好きな人が細分化されてる設定も納得出来たんだ~。でも苦手な方は苦手かもしんないね…。ちゃんと恋人いるしね(汗)。
受けが色気あって独特な魅力あったよね。そのせいもあるかな~。橘高との親子のような関係に萌えた!
イタリアが舞台のBLはどのアンソロだったっけ…、『Cannna』かな?違うかな?(汗)
非BLも読んでみたいね! 色んなお話描ける方だよね~。
腐バレは今んとこ小休止みたいな感じで(笑)。家ん中ではカバーかけて隠してるけど、BL売り場で思い切り見られたから、何読んでるのかは分かってるかも(笑)。
でも訊かれるまでは自分からは言わないでおく~。

原因分かったんだねー、とりあえず安心だね!心労、お察しします…。でもまだ出入りはあるのね~(>_<)
早く落ち着きますように…。
コメントありがとうございました! 

NAME:立夏 | 2014.01.13(月) 19:10 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる