FC2ブログ

 

「ニタイ ピリカ」はBL漫画・小説(たまに非BL)の感想を好きなように書いたブログです。ネタバレしてますのでご注意ください…
 

 

 
左近の桜 (角川文庫 な 52-1)左近の桜 (角川文庫 な 52-1)
(2011/07/23)
長野 まゆみ

商品詳細を見る



う、わーー! キレーー!
表紙に一目惚れです。こんなに綺麗だったのね、桜蔵(さくら)君てば…。

長野まゆみさんは昔から読んでます。
ジャンルはBLじゃないけど、同性愛を扱った話が多いので。
初期の物は少年愛って言った方がいいのかな。
リアルな描写はなく、漢字の使い方が特徴的でこの方独特の世界があります。
何て言ったらいいのか、匂い、があります。男同士の道ならぬ恋の匂い。

私は一番好きなのは『よろず春夏冬中』。いつか感想書きたい…。
男同士以外の話も書かれてるし、舞台が中世や近未来だったり架空の外国だったりと、
本当に引き出しの多い方だと思います。

この話はハードカバーで読みました。すごく抽象的な表紙だし当然イラストもないので、
文面から登場人物を想像するしかないです。そう思うとイラストの存在って大きいなぁ。
だからこの表紙のイラストには、驚きました。綺麗すぎだよ!
まぁこの桜蔵君、周囲の男達から『女』呼ばわりされてるから…。

続きます。 

more

男達が逢瀬を重ねる宿、『左近』の長男である桜蔵。

この桜蔵をめぐる人間関係がちょっと複雑です。
父の柾は医師で本妻がいるのだけど、『左近』の女将との間に桜蔵と弟の千菊(ちあき)の
二人の息子がいる。
認知はされているけど、籍には入っていない。本妻も息子達の存在は知っているし、
桜蔵を誘ったりもしている。

桜蔵は体質なのか生まれつきなのか、この世に形を成さないあやういものを
拾ってくる。
彼のタマシイには色があって、それは『女』の色だという。
あやかしの男達は桜蔵を欲しがり、彼が油断したおりに『女』の桜蔵と交じあう。
具体的な描写はキスか抱擁ぐらいだけど、妄想力の発達した私はそれでも十分です(笑)。
もう十分に、官能的。

そして父の柾と『左近』の常連の浜尾という二人の男が、いい男ぶりです。
彼らは学生からの付き合いがあるようだけど、詳しくは分からず
ただ二人とも、男女問わずの色恋の相当な手錬れのようです。
要所要所でこの大人な二人の男の存在が発揮されて、また良いんですよ。

桜蔵が拾ってくあやかしの男達は、彼の好みなのか見目のよい男ばかりで。
年上のサラリーマン風が好みのよう…。
最後の話の『海市』には、高校生ぐらいの男が出てきます。
個人的に一番好きな話でした。

男なのに女と言われ、現実のようで幻想的でもある。
その間を漂うように読んでいく。私が長く長野作品を読んでいるせいか、そういう
境界が曖昧でも気になりません。
むしろ、それを楽しめばいいんだと思います。

枠をきっちり嵌めないで、そのあやうい男達との一度きりの逢瀬を楽しめばいい。
桜蔵は迷惑そうだけど(笑)。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ * 感想 ジャンル * 小説・文学

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 nitay pirka , all rights reserved.

立夏

Author:立夏
BL大好きで感想・思ったことなどを、好きなように書いてます。
好きな本ばかりなので、独りよがりなってる自覚はあります。

ほとんどネタバレしてますので、ご注意下さい…。

記事に拍手や拍手コメを、いつもありがとうございます。
拍手コメのお返事は、該当の記事に書かせていただいています。お時間ある時に見ていただけたら嬉しいです☆

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

マンガ (414)
会川フゥ (3)
青井秋 (2)
朝田ねむい (2)
阿部あかね (2)
雨隠ギド (5)
ARUKU (3)
池玲文 (4)
イシノアヤ (3)
市川けい (7)
糸井のぞ (3)
伊東七つ生 (3)
井上佐藤 (3)
今市子 (6)
梅松町江 (3)
内田カヲル (3)
えすとえむ (10)
おげれつたなか (2)
カシオ (2)
梶ヶ谷ミチル (2)
かつらぎ (2)
雁須磨子 (2)
神楽坂はん子 (3)
かわかみじゅんこ (2)
木下けい子 (4)
草間さかえ (6)
九条AOI (2)
黒乃奈々絵 (2)
腰乃 (1)
恋煩シビト (1)
寿たらこ (2)
桜城やや (2)
里つばめ (2)
清水玲子 (2)
蛇龍どくろ (2)
SHOOWA (2)
鈴木ツタ (2)
たうみまゆ (3)
宝井理人 (4)
田倉トヲル (2)
千葉リョウコ (2)
トウテムポール (2)
トジツキハジメ (13)
永井三郎 (3)
中村明日美子 (5)
七海 (3)
ナナメグリ (2)
西炯子 (2)
西田東 (2)
羽生山へび子 (4)
のばらあいこ (2)
ハヤカワノジコ (2)
はらだ (2)
日高ショーコ (3)
秀良子 (6)
ひなこ (2)
歩田川和果 (2)
真柄うしろ (3)
斑目ヒロ (5)
松尾マアタ (2)
三崎汐 (3)
三島一彦 (4)
三田織 (2)
ミナヅキアキラ (2)
モチメ子 (2)
桃山なおこ (2)
ヤマシタトモコ (7)
山田ユギ (1)
山中ヒコ (2)
山本小鉄子 (3)
ヤマヲミ (4)
ゆくえ萌葱 (2)
吉池マスコ (6)
吉田ゆうこ (3)
よしながふみ (6)
ヨネダコウ (1)
ルネッサンス吉田 (1)
RENA (1)
~あ行~ (22)
~か行~ (21)
~さ行~ (15)
~た行~ (15)
~な行~ (10)
~は行~ (8)
~ま行~ (16)
~や行~ (9)
~わ行~ (2)
まとめて。【コミック】 (55)
小説 (83)
英田サキ (1)
いおかいつき (1)
一穂ミチ (2)
いつき朔夜 (2)
岩本薫 (1)
海野幸 (3)
榎田尤利 (2)
江森 備 (1)
尾上与一 (1)
華藤えれな (3)
可南さらさ (3)
かわい有美子 (7)
綺月陣 (3)
久我有加 (2)
木原音瀬 (5)
小林典雅 (4)
西条公威 (3)
早乙女彩乃 (1)
佐田三季 (1)
沙野風結子 (1)
愁堂れな (1)
ジョシュ・ラニヨン (1)
砂原糖子 (2)
千地イチ (2)
谷崎泉 (3)
月村奎 (1)
中原一也 (2)
凪良ゆう (1)
夏目怜央 (1)
西江彩夏 (1)
鳩村衣杏 (2)
ひのもとうみ (2)
松田美優 (1)
松雪奈々 (5)
水原とほる (2)
夜光花 (6)
まとめて。【小説】 (3)
雑誌 (20)
アンソロ (24)
BLCD (3)
私の好きな本のこと (41)
あさのあつこ (2)
池辺葵 (8)
遠藤淑子 (1)
小島てるみ (1)
川上弘美 (1)
京極夏彦 (1)
五條瑛 (2)
杉本苑子 (1)
鈴木志保 (2)
高村薫 (2)
塚本邦雄 (4)
長野まゆみ (3)
橋本紡 (1)
鳩山郁子 (3)
福永武彦 (1)
吉野朔実 (1)
純文学 (1)
詩 (2)
マンガ (3)
【〇〇もの、いろいろ】 (8)
雑記 (138)
拍手のお返事 (24)
購入予定メモ (19)
未分類 (8)
自作BL (31)
~自作BL はじめに~ (1)
投稿にまつわる独り言 (25)
『グリーンスリーヴズ』 (5)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる